Tweet

雑記

【アニメ考察】 「ハイスクール・フリート」の視聴者を横須賀市に誘致する策とは?

ここにはない。


出オチというか、たった一行で終了する記事なんかえって画期的で注目を集められるかもしれませんが、そんなことをしたら一発芸人とのレッテルを貼られて見捨てられるのが関の山なので、ハッタリでしかないとしても、表題に見合った内容を書いていこうと思います。

さて、同じTVアニメ作品に関する記事を2連続、しかも第1話が放映された後に1つ目の記事を掲載し、第2話がまだ放映されてもいないタイミングで2つ目を掲載するとか、ステマの一端を担っているのではと疑われても仕方ありませんが、そんな事をするほどのコネを持っていないのでむしろコネください。

では、以下おさらいです。コピペとも言いますが。
「はいふり」改め「ハイスクール・フリート」とは、放映直前まで日常系の皮を被っていたため日常系作品ファンからの熱い期待を集めていたら、いざ始まってみると艦隊戦闘モノでした、って流れで賛否両論が巻き起こり、結果として盛り上がったから成功じゃないのって流れになりつつある、2016年春の新アニメです。
その後、番組表の作品名も変更されるとのことで、録画機などで番組予約をしている場合に、方式によっては録画が失敗してしまうため予約のし直しを推奨されるなど、珍しい形での話題を攫っているのが目立っていますが、作品のジャンルがまだ不明瞭なため視聴者が困惑しているのが現状でしょう。

そんな中、4月14日に第2話の予告動画が公開されました。
▼ 続きを読む

【アニメ考察】 「ハイスクール・フリート」はどこに向かうのか?

ごきげんよう。
艦これおじさん兼ガルパンおじさんです。

今回も話題の新作に乗っかってみるだけの記事ですよ。

「はいふり」改め「ハイスクール・フリート」とは、放映直前まで日常系の皮を被っていたため日常系作品ファンからの熱い期待を集めていたら、いざ始まってみると艦隊戦闘モノでした、って流れで賛否両論が巻き起こり、結果として盛り上がったから成功じゃないのって流れになりつつある、2016年春の新アニメです。
キャラクター原案に日常系作品の「のんのんびより」の作者である「あっと」氏を迎え、タイトルも「はいふり」と逸りどころの平仮名四文字にすることで、狙い澄ました日常系作品っぷりを演出していましたが、それ「魔法少女まどか☆マギカ」のキャラ原案・蒼樹うめてんてーで学んだよねみんな、って事で意外と冷静に事の成り行きを見守っている人も多かったように思います。直近では同様に第一話の放映開始で表立っていた作風が豹変した「がっこうぐらし!」とかもありましたし。だから耐性は付いていたのでしょう。
いや、そんなの「喰霊-零-」の時にもう耐性MAX値に行ってますし。

識者の皆様は、制作スタッフに「鈴木貴昭」氏がいる時点で察していたようですね。美少女と軍事ネタの融合作品として高い人気を得て、今なお続く「ストライクウィッチーズ」シリーズの仕掛け人であり、昨今の「萌えミリ」ブームを牽引する人気作品のほとんどに関わっているガチでミリタリーな畑の人です。
この人が関わっていて、単なる日常系になるはずがない! はい、正解でした。

そんなわけで、ミリタリーの素養は全く無いのに、艦これおじさんとガルパンおじさんを兼任している、単なる萌豚なワタクシが、ハイスクール・フリートなる作品について見当違い上等の考察をするのがこの記事になります。
今回もお付き合いいただきありがとうございます。
▼ 続きを読む

ウマ娘は騎乗位する夢を見るか?

最近はグラブルとかいうガチャゲーで話題沸騰のCygamesさんがナニやら面白そうなゲームを出すとのことなので、乗っかってみることにします。
乗っかりたいような気がしつつも、どちらかと言えば乗っかられたいようなキャラクターの出てくるゲームのようですが。

ウマ娘 プリティーダービー←公式サイト

サイゲームスの新作『ウマ娘』が発表。性別関係なく競走馬を女性擬人化 - 電撃App

「プリティーダービー」って何だよ。女ばかりなら「プリティーオークス」だろ。ダービー卿の顔が引き攣ってるぞ。
いや、それよか「プリテイキャスト」のが合ってないか? (※イは大文字)

▼ 続きを読む

「あまたのひかり」は周波数を下げて「あまたのおと」になります

テラヘルツ帯からキロヘルツ帯へ――

ごぶさたしております。宣伝報人あまたのひかり唯一人のハルカミチです。
いつもご覧頂いている皆さまにはお察し頂けていることと思われますが、4年ほど「フィギュアレビューブログ」と銘打ち、新作美少女フィギュアのレビューを中心に更新してきた当ブログですが、最近ではパッタリと更新が止まってしまっています。

理由はありきたりでつまらないものですが、敢えて列挙しますと・・・

  • 基本的に売却しない&パッケージは残しておく人なので溜まりに溜まって新作の追加が非常に厳しい状況。
  • 撮影方法のステップアップやブレイクスルーが行えずにマンネリ化し、意欲が湧かなくなった。
  • 優れた写真を提供するレビュアーが一段と増え、バリエーションも増したため、存在意義が無くなったと感じる。
  • メーカー自らが多彩なアングルからのサンプル写真およびレビューを発売前や直前から提供するようになって、個人の立場でのレビューの存在意義が薄れたと感じる。
  • 単純に販売価格が高くなって萎えてきた。
  • 美少女フィギュアの肉体美を見ても勃起できない事が増えた。
  • 提督業が忙しい。他のことをやっていても、風が語りかけてくる。 \しれぇ!!!/ ……かわいい、かわいすぎる。
  • ベイスターズが投手王国になったんだ!(*^◯^*) ポジハメッ

と何だかんだで多岐に渡る言い訳が出てきました。

他にも、イベントレポートやら、フィギュア撮影に直結するためカメラ機材関係のレビューもやっていましたが、ワタクシのセンスとフィールドワークじゃこのくらいで頭打ちかなと感じ始めたので、買い増しする意欲も現状では無く、レビューのネタがまるで無くなってしまって、現在のこの長期間更新無しの開店休業状態を招いてしまったのです。

毎回のように参加しているフィギュアの主要イベントのレポートは引き続き行っていくつもりですが、レビュー記事は更新の可能性が今後もだいぶ低くなってしまうでしょう。

で、ブログとして続けるにはネタ不足すぎるので、直近で環境を増強してきた「オーディオ」関連に舵を切ろうと思った次第です。
沼が増えるよ! やったねたえちゃん!

表題にしたようにタイトルを変えるほどではないでしょうが、色々と情報を仕入れて知識の礎が固まってきたので、いくつかの記事はオーディオ系で作ってみようと思います。

ということで、この分野でも「Kimagureman! Studio」Rioさんの後を追う形ですが、諸先輩方の教え給われた知識を享受しながら、自分なりにまとめて、更に今後続いてくる後進の皆さんにとって選ぶべき道を指し示す羅針盤妖精のようになれればと考えています。

お仕置き部屋のフラタ級さん「よろしくニキーwww」(腹パンボコォ

【アニメ感想】「氷菓」第二十二話

冷たい雪が降る季節にすれ違っていった関係。心を閉ざしたくなるような厳しい現実問題に直面し、解決にはしばしの時間が掛ることを許容して、やがて時間が解決してくれるのを願う。まるで冬に凍りついて固まった雪が、春になって解け出してくように。
冬を越え、春が来て、雪が解け、春の陽気に当てられて心に積もっていたわだかまりも解けていき青春の華やかな日々が春色に彩られます。
そして春になれば、学生たちは進級し、新入生が入学し、最上級生は卒業していきます。
始まりの春。そして、終わりの春。

テンプレ通りだとそんな文面が当てはまりそうな展開になりそうですが、そこまでドラマチックに脈動をうねらすこともなく、変わらぬスタンスのまま春を迎え、越えて行こうとしているのがこの作品らしいところです。
地味といえば地味ですが、これが確かに青春の有り様です。そんなにドラマチックにばかり展開するばかりではありません。後になって振り返ってみて、なんであの頃はあんな事してたんだろうな、もっと思い切ったことをすれば良かったのに、と思うのが青春ってものでしょう。青臭い、些細な事に妙にこだわってしまうのが、青春が甘酸っぱい所以です。

大げさなロマンチックさとドラマチックさを盛り込んだ作品よりもずっと、リアルな感覚を呼び戻される分、ゾクッとしてしまう作品が、この評価という作品の地味ながら鮮烈な魅力といえるでしょう。

さて、ノリで始めた氷菓の感想記事も、22回目を迎えました。
そうです、今回が最終話。完結篇です。フィナーレです。
無事、完遂することが出来ました。作品の魅力におんぶにだっこして続けられた感想記事でしたが、おかげさまで達成感を得ることが出来て嬉しいです。ここまで途絶えること無く続けられたのは、毎回、形に残したくなるような素敵なお話を提供してくれたからに他なりません。本当にありがとうございました。
▼ 続きを読む
フィギュア:レビュー
月別アーカイブ
記事検索
リンク
(アルファベット、50音順 敬称略)
Twitter Timeline
熱いパトゥス(問合せ)はこちらへ
harukamichiなるとgmail.com
なると => @
  • ライブドアブログ