Tweet

フィギュアレビュー

【フィギュアレビュー】 谷川 柑菜 〔アルター〕

あの夏以来、待ちわびたフィギュアが発売しました。待っていたら季節が巡りまくっていました。
そしてついに、待っていたあの夏が到来しました。
その夏とは2012年7月29日に開催された「Wonder Festival 2012[Summer]」でした。一般ディーラーで参加されていた原型師・田中冬志氏の新作として発表されたのが、この作品の初出でした。[ 5-06-06「B.M.W」
田中氏はアルターのメイン原型師としても活躍されているので、この作品がアルターからPVC完成品で発売されたら最高だなぁと思っていたら、次の「Wonder Festival 2013[Winter]」で希望通りアルターからの発売が発表され原型が展示され、「メガホビEXPO 2013 SPLING」でデコマスが展示される順調な展開。
その素晴らしい完成度に期待が高まると間もなくして案内も開始され、当然即座に予約をキメたのですが、当初の予定が約半年後の2014年1月頃だったのが定例どおり延期して、この4月に発売となりました。
延期は購入意欲の減衰を招くため、商品の売れ行きも減衰させる事にもなりかねず、マイナスに働くのが常ですが、狙ったかのようにタイミング良く、前月に新作アニメーションが製作されることが発表されて作品への注目度が再び高まった頃合いでの発売となりました。

まあ、そんな諸々の事情はわりとどうでもよくて。
柑菜ちゃんは最高に可愛いという事実がここにあるのが重要なのです。
時を経て、記憶が風化していっても、その可愛さが失われることはないのですから。

柑菜ちゃん! この春まで待ってたよ!

アルター 谷川柑菜 00
▼ 続きを読む

【フィギュアレビュー】 セイバーオルタ 水着Ver. 〔アルター〕

美少女フィギュアの市場で最も多く作品化されたキャラクターはおそらく彼女でしょう。

セイバー

彼女が初登場したPCゲーム「Fate/stay night」から、この1月で10周年を迎えます。(2004年1月30日発売)
つまり、10年間も第一線の人気を維持し続けているのです。凄すぎます。
セイバーが登場した頃、ちょうどPVC製スケールフィギュアも成熟期に入り、現在の有力メーカーが創業した頃にも重なります。つまり、常に完成品フィギュアの中心に在り続けて、セイバーによって導かれ、磨かれた分野であると言っても良さそうなほど象徴的な存在なのです。凄まじいです。
作中では伝説の騎士王として絶対的な能力を持つ彼女ですが、現世でもその覇権の力は別の形ながら存分に発揮されているようです。

今更説明するまでもない、そもそも説明するには派生も多く作られていて語り尽くせないキャラクターですので端的にしか書きませんが、今回紹介するフィギュアのキャラクターはセイバーはセイバーでも「セイバーオルタ」です。
1作目のstay nightから登場した、派生セイバーの第一弾キャラとも言えます。
このフィギュアに関しては、次回作(2作目)の「Fate/hollow ataraxia」の中で登場したコメディタッチの存在なので、本来の凶暴さは鳴りを潜め、そのキャラクター性は『もきゅもきゅ』に転化されています。外見的な特徴は、髪や肌の色がより白くなり、瞳が金色になった点に加えて、セイバーの象徴とも言える“アホ毛”が存在しないのがポイントです。
白くなったのですが、このフィギュアに関しては水着姿で肌を大きく露出させているのが魅力ですので、幾分血色が良くなっているように見受けられます。

では、そんな【裏セイバー】の水着姿を堪能してまいりましょう。

アルター 水着セイバーオルタ 00
▼ 続きを読む

【フィギュアレビュー】 東方Project フランドール・スカーレット 〔オーキッドシード〕

東方Projectの関連作品をレビューする上で気を付けなければならないのは、二次創作のネタを公式設定であるかのように書いてしまうことです。
最も二次創作の数が多いと思われる作品ですから、二次創作が発祥の設定が人気を博して定着し、多くのファンの支持を受けてデファクト・スタンダードになっているようなものが随所に見受けられるので、良く見掛けるから公式設定だろうと思って使ったら原理主義者から批判を受ける結果になりかねません。
おお、こわいこわい。

ですがワタクシ個人としては、幅広く応用が利くだけの奥の深さはもちろんのこと、二次創作を受け入れる懐の深さが東方Project関連作品の魅力を押し上げていると思っています。作品性を捻じ曲げたり、貶めたりするのは避けなければなりませんが、作品の世界観やキャラクターに親しみや愛を感じさせるアレンジは、たとえそれが個人の理想や観点とズレが生じる内容であったとしても、否定的意見をぶつけるのは建設的では無いと思います。受け入れることは出来ないとしても、そんな楽しみ方もあるのだと幅広い観点に感心するくらいの気持ちで接した方が、より広く深く、この作品群を楽しむことが出来るのではないでしょうか。

「そーなのかー」

敢えて言うほどのことではありませんでしたので、軽く返されてしまいました。

今回ご紹介するのは、そんな「愛のある大胆なアレンジ」が結実し、新たな世界観すら構築しているかのように思えるフィギュアです。
ワンフェスのワンダーショウケースにも選ばれた作品のPVC版となりますので、作品としては既にご存知の方が多いかと思いますので敢えて語ることはないでしょうが、量産品としても大変意欲的な作品になっておりますので、ご存じの方もぜひご覧頂ければと思います。

オーキッドシード フランちゃん 00
▼ 続きを読む

【フィギュアレビュー】 黒雪姫〜Death by Embracing〜 〔マックスファクトリー〕

私は豚になりたい
\                       /
   ̄ヽ、   _ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     `'ー '´
      ○
       O
――と思う萌え豚であった。
ブヒィィィ!!

たとえ誰もが認める脂ギッシュな豚野郎であったとしても、何かしらの芸能スキルに秀でていれば、その分野に関して強い興味を持つ特殊な嗜好を有する美少女とお近づきになれる。
そんな蠱惑的な感情を芽生えさせてしまう、禁断の果実のような物語――「アクセル・ワールド」 (※偏見まっ盛りです)
主人公がブサメンであれば、イケメン主人公に比べて感情移入しやすいだとか、劣等感を味わわずに済むだとかあるでしょうが、この作品の主人公はブサメン豚野郎の枠を逸脱する豚そのものの体型であり、四等身の姿は常時デフォルメ形状のようなものであるため、ブサイクどころかそれを通りすぎてむしろカワイイという有り様です。こんな姿ならマスコットとして人気が出そうなくらいです。
とはいえ、ドジでのろまを絵に描いたような普段の行動と、本人の卑屈な性格もあってか、典型的なイジメられっ子ポジションに収まっている主人公ですが、その姿が母性をくすぐるのかどうなのか、ヒロイン勢(当然のように美少女)には甲斐甲斐しくお付き合いされていてうらやまけしからんのですが、どうにも保護対象にこそなれ恋愛対象にはなりきれていなさそうなのが哀愁を漂わせていて同情の余地がありそうです。

さて、そんな(容姿が)豚野郎くんの姿、ではなく秘められていた能力に惚れてしまったヒロイン「黒雪姫」が今回紹介する作品の主題です。
先程は恋愛対象にはなりきれていないと書きましたが、この黒雪姫に関してはそうとも言い切れない雰囲気があり、容姿や性格は関係なくその類稀な能力に惚れ込んだのがキッカケとなっているものの、結果として恋愛対象になっているような反応を見せているので、やっぱりうらやまけしからんなぁと思う次第です。
球体に近いくらいに太った体型の主人公とは対照的に、全身くまなくスレンダーで脂肪の付着がしにくい体質なのか胸周りの脂肪も貧相な姿は、誰もが認めるほどの美少女ながら男性の欲情を刺激するには足りないのかもしれませんが、むしろその姿こそが美しく愛おしいと感じる感性の紳士には希少価値を見出だせること請け合いです。

では、そんなステータスの体躯を惜しげも無く晒した美少女の姿を心ゆくまで堪能しましょう。

MAX 黒雪姫 00
▼ 続きを読む

【フィギュアレビュー】 羽瀬川小鳩 〔コトブキヤ〕

臭ければ臭いほど旨い、と九州のラーメンフリークは言います。
昼夜通して煮込んで骨まで融けたスープは、旨みと同時に野獣の臭いを含有させ、湯気と共に立ち上ったそれは周りの他全ての匂いを掻き消すほどの濃密な臭気を放ちます。
そしてトッピングに、口当たりのインパクトを加味しつつ旨みをさらに引き出すマジックアイテムとして、すりおろしニンニクを投入します。獣臭に加えてニンニク臭が混ざり合って、重厚なハーモニーを奏でるその強烈な一杯。

それを美味しそうに飲み下す、金髪碧眼の美少女。
飲み下した後しばらくは、その口から「臭い息」が放たれる事必至なのにも関わらず、その臭気の元を執拗に求め、喜んで摂取する年頃の女の子。
しかし、都合のいい事に小説やアニメでは臭いまでは伝わらないため、どれだけその美少女が口臭を漂わせていようとも、見た目の美しさや可愛らしさによって、さもフローラルだったり石鹸やミルクの香りを漂わせているとばかり思ってしまいます。

ですがそれでいいはずもありません。
だからワタクシは肯定的な解釈をするのです。そして、その少女の前でぜひこう言いたいのです。

「僕みたいな臭い豚野郎の事が大好きなんだね。しょうがないなあ、嗅がせてあげるからこっちへおいでよ」

→ おまわりさんこっちです



そんな特殊性癖を満たしてくれる存在として貴重なだけでなく、それはなくとも金髪ロリツインテールオッドアイブラコン妹といった萌え要素のオンパレードで幅広く需要に応える逸材がこの羽瀬川小鳩ちゃんです。

壽屋 羽瀬川小鳩 00

フィギュアは豚骨臭とかニンニク臭とかしないから安心してね!
ワタクシとしてはそれらの臭いと少女臭が混じったらどんな臭いになるのか興味津々でしたので、臭い付きフィギュアがないのはとっても残念です。と、趣味性よりも変態性をアップさせる提案はやめておきましょう。
▼ 続きを読む
フィギュア:レビュー
月別アーカイブ
記事検索
リンク
(アルファベット、50音順 敬称略)
Twitter Timeline
熱いパトゥス(問合せ)はこちらへ
harukamichiなるとgmail.com
なると => @
  • ライブドアブログ