Tweet

聖地巡礼

【アニメ聖地巡礼】 「ハイスクール・フリート」(はいふり) 第2話の聖地巡礼レポート

みなさん、2016年春の新アニメ「はいふり」は楽しんでいますか?

え、そんなタイトルの作品は無いですって?
日常系アニメ「はいふり」は消え失せ、軍艦バトル物アニメ「ハイスクール・フリート」が急浮上して来たですって?

タイトルの変更はともかく、日常系アニメ要素がある作品に変わりはないはずですよ。
いや、シリアスパートと日常ゆるゆるパートが入れ替わり立ち替わりで落ち着きのない展開なので相変わらず判断に困りますが。

さて、同じ“軍艦×美少女”作品として比較される作品「艦隊これくしょん」では第6話で描かれ、一部というよりか多数派の意見として「最も面白かった回」と評価される「カレーを作る」をテーマにしたエピソードが、この「ハイスクール・フリート」でも描かれました。
艦内の料理と言えば=カレー、と代名詞のような扱いがされ、金曜日はカレー曜日なる言葉も生み出した海軍カレーからの連想でしょうが、カレーライスは国民食でもありますので、多くの視聴者から共感を得やすいテーマとも言えるでしょう。
しかし、思ったほどカレーが主題ではなく、今回もバトルがメインでした。やはり日常系と呼ぶには煙臭すぎますねこの作品。
教官が攻撃してきたところまでは手荒い新人歓迎イベントなんじゃとも思いましたが、今回はさらなる熾烈な展開を迎えていましたし。

とまあそれ以上はネタバレになりますし、この記事は聖地巡礼がテーマなのでそろそろ舵を切り直しましょう。
▼ 続きを読む

【聖地巡礼】 とぉぉ↑おう↓とうみの熊野

南紀地方のお洒落な社殿といえば、熊野三山ですね。
参詣道である熊野古道が世界遺産のひとつとなり、近年ではパワースポットとして人気 となるなど、古来より深く信仰を集める神社です。
三山の名の通り「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」「熊野那智大社」の3つの神社によって構成されており、いずれも神社本庁が特に重要な神社として扱っている別表神社に列する格式の高いスポットとなっています。
日本サッカー協会のシンボルマークとしても著名な八咫烏が、熊野のシンボルでもあります。

そんなわけで、榛名に続き某艦娘っぽい記事タイトルからの神社ネタです。
聖地巡礼とも書いてありますが、神社は間違いなく聖地ですので嘘はついていません。本来の意味で使っていますから何ら違和感はありません。
提督たちからは、榛名と熊野に関係する聖地巡礼なら川崎重工業へ行けと言われてしまうかもしれませんが、今のところ業務上の縁はないので訪問する機会がありません。あいにく二輪車免許も持っていませんので、バイクを買って擬似騎乗プレイをするわけにもいきません。そもそもカワサキのバイクを買って名付けるとしたら秋津洲が一番似合うと思うかも。

本題からどんどん遠ざかっていますが、今回は熊野三山と言っても和歌山県ではなく、静岡県の遠州地方にある熊野三山を訪れたお話です。なぜそこなのかと言えば、帰省したらご近所にあったからお手軽にネタができると思ったからです。和歌山に遠征したら日帰りは厳しいので今回は断念しました。いずれ行くとしたら那智勝浦温泉のホテルを予約したいと考えています。 

ということで、記事タイトルの「遠江の熊野」を紹介します。 その後に加えて、富士山本宮浅間大社も紹介しますので、サクヤ姫ファンのみなさまもどうぞお楽しみに。

151231 遠州熊野三山 01
 
▼ 続きを読む

【感激】 色気づく榛名

はい、榛名は紅葉シーズンです!

151031榛名探訪04

群馬県高崎市にある榛名神社をはじめとする榛名山周辺へ日帰り旅行に行ってきました。
11月になろうというタイミングながら、標高1000mにある榛名神社をはじめとするこの一帯はすっかり紅葉シーズンに突入し、当日が特に冷え込んだこともありましたが気温は10℃を下回っていました。

晩秋の榛名は実に美しかったです。
「榛名、感激です!」
▼ 続きを読む

【山ノ勧メ】 夏の木曽駒ヶ岳登山 【ちょっとばかし涼しい】

盆休みに行ってきたのですが、なんとなく放置してたら1ヶ月経っていました。
実際には8月16日に登った木曽駒ヶ岳の写真を載せていく記事です。
山に目覚めたJKの写真とか無いからあまり楽しくないかもしれませんが、お暇でしたらお付き合いください。
その壮観な景色が少しでも伝わればと思います。
実際には今(9月20日頃以降)の、紅葉が彩る季節が最も美しい景観となりますので、ぜひ行ってみてください。
ロープウェイが2時間待ちとかかもしれませんが。

150816木曽駒ヶ岳01
▼ 続きを読む

【アニメ聖地巡礼】 「四月は君の嘘」の背景美術が綺麗すぎるので地元民が現実を見せるスレ

いや、スレじゃなくてブログ記事ですごめんなさい。(出オチ)

この記事を書いている時点で第5話まで放映された、フジテレビ・ノイタミナ枠の「四月は君の嘘」ですが、四月=桜の季節を描いていることもあって、背景美術がとっても彩り豊かで美しく仕上げられています。

そしてこの作品は、練馬区の練馬駅および石神井公園駅付近を主な舞台としているようです。

ワタクシ石神井住人と致しましては、普段から目にしている景色があそこまで美化された背景美術に、このままでは聖地巡礼に来る作品のファンに過剰な期待を持たせてしまい、現地に来てから現実を目の当たりにして大きなショックを受けてしまい、反動で作品を嫌いになってしまうんじゃないかと余計すぎるお節介な考えを持っております故、まずは写真で現実をお伝えすることにより、加熱したイメージをクールダウンさせてギャップを埋めておきパラシュート降下の要領でゆっくりと着地できるようにと思った次第です。

でも思い返してみたら気づいちゃったんです。
石神井公園付近って地元の東映が手掛けた作品を代表に、何十年も前(ど根性ガエル辺りの時代)からロケーションが数多に使われているから、もうみんな現実の景色を充分にご存知でね?
(参考情報:ねりまん!聖地巡礼

おいおいこれじゃせっかく仕込んだ新しい記事のネタがご破産じゃねーか、って手前勝手な事情で、先に挙げた理由はゴミ箱にダンクシュートして、単にやりたいからやるだけの聖地巡礼レポート記事にしてみます。▼ 続きを読む
フィギュア:レビュー
月別アーカイブ
記事検索
リンク
(アルファベット、50音順 敬称略)
Twitter Timeline
熱いパトゥス(問合せ)はこちらへ
harukamichiなるとgmail.com
なると => @
  • ライブドアブログ