Tweet

オーディオ

【オーディオ機器レビュー】 beyerdynamic T1 (ヘッドホン)

シュトロハイム氏曰く「ドイツの科学力は世界一」なのですが、世界初のダイナミック型ヘッドホンが開発されたのは1937年。Eugen Beyer氏によって開発されたそうです。
オイゲン……プリケツ? いいえ違います。そちらはまた別の記事で触れるかもしれませんのでお楽しみに。

そのEugen Beyer氏が設立したのが「beyerdynamic」社。
社名にもなっているあたり、ダイナミック型のヘッドホンに関しては他社に負けられない技術を持っているのでしょう。

今回紹介するヘッドホン「T1」は、2014年現在で同社のフラッグシップモデルであるヘッドホン。同社の技術の粋を盛り込み、新たに開発された『1テスラ(1万ガウス)を超える強力な磁束密度を生み出す』とされる【テスラテクノロジー】が最高クラスの原音再現力をもたらす――とされています。
これを書いただけでは製品紹介ページの受け売り、引用でしか無くレビューにはなりませんので、以下個人的なフィーリングでのレビューを行っていきます。
9月に購入して約3ヶ月、エージング期間を経て様々なハイレゾ曲も吟味した上でのレビューですので、的外れな事は書いていないと思いますのでどうぞよろしくお願いします。
ちなみに本機を接続している機器は、以前レビューした「JADE casa」コンビです。こちらの特性も加味した上でご判断ください。

beyer_T1_01
▼ 続きを読む

【オーディオ雑学】 「ヘッドホンアンプ」の存在意義と恩恵

「壁ドン」が流行語大賞の候補にノミネートされた2014年霜月。
ノミネートされた壁ドンとは『(主に)男子が女子に迫っていき、壁際に追い詰めて壁に手をドンと音の鳴るように置き、逃げ道を塞いで強引なキスや言葉責めを行う』みたいな意味らしいですが、そんなフクザツな乙女心なんか知ったこっちゃありません。
「壁ドン」とは後にも先にも、共同住宅の隣部屋から聞こえてくる騒音(主観による)に苛立ち、怒りの矛先をその薄い壁に拳によって叩き付ける行為のことです。拳によって発生し壁を伝って隣部屋に届いた波動には「静かにしろや!」なる声に変換されて、騒音を発生させている人の耳に届くかどうかは、その人の空気読める感度に比例すると言われています。

好みの楽曲を好みのオーディオ機器で楽しむ「音楽鑑賞」は、自発的に行っている当人にとっては快適な時間を得られるものですが、隣人にとっては騒音でしか無い場合がほとんどです。
それでもまだ好みに合致した楽曲が高音質で聴こえてくるのならば許せるかもしれませんが、中音域や高音域はほとんどが壁より向こうには伝わらず、低音域のみがズンズンズンドコと伝わってくるので、バランスが悪すぎて楽曲の良さも伝わってこず、消化不良感が増すばかりで不快度指数が増すばかりでしょう。

共同住宅にて音楽鑑賞を趣味とする人は、スピーカーのボリュームを必要最低限に絞ったりだとか、お金を掛けて防音構造の内壁を導入するだとか、ヘッドホンやイヤホンで聴くなどの方法で、隣部屋に音が伝わらない方法にて鳴らしているのが普通かと思います。
その中でも、小さい音量ながら音の発生源を耳元に極端に近づけることで充分な音量を得られるヘッドホンリスニングは、高音質と臨場感を得るには欠かせない方法と言っていいでしょう。

ヘッドホンリスニングを行う上で、キーワードに上がってくるのが「ヘッドホンアンプ」です。
「アンプ」とは増幅装置の事であり、オーディオにおいては、再生機器から発した音の信号を観賞用に適した音量(ボリューム)に大きくする回路および機器を指します。
ボリュームつまみやボリュームボタンが付いている機器の中には、必ずアンプの回路があります。

こちらの記事では、アンプの中でもヘッドホンでの理由に特化した「ヘッドホンアンプ」の存在意義と恩恵について記載します。ヘッドホンでの音楽鑑賞で音質をグレードアップしたい人には特に参考になるかと思います。

jade casaレビュー6
▼ 続きを読む

【オーディオ機器レビュー】 DDC!そういうのもあるのか―― KingRex製DDC「UC384 WX」

DDCとはこれいかに?
記事のタイトルだけ見た人は、DACの誤記だと思う人もいるのではないでしょうか。それほどにDDCなるカテゴリは認知度が低いようです。

DACは「デジタル to アナログコンバーター」の略。対してDDCは「デジタル to デジタルコンバーター」です。
デジタルからデジタルって、コンバーターと自称しながらコンバート(変換)してないじゃん! とツッコミたくなるのを抑えて読み進めてください。
入力側のデジタルはPCからのUSBデータ。それをデジタル音声形式であるS/PDIF等に変換し、オーディオ機器で直接入力できる規格に変換するのが、このDDCなる機器の役目です。デジタル同士とはいえ、変換する意味はあるんですね。

今回紹介する機器「UC384 WX」情報のページに、このような図がありました。

UC384接続例
DACというとポタアンを連想する人も多いと思います。ヘッドホンアンプが入っていて、ヘッドホンやイヤホンをつないで音楽を楽しめる機器がほとんどです。
据え置きの高級機もあり、RCA端子のアナログ出力が付いているのに加えてS/PDIFデジタル出力もあるのが一般的ですね。
そこにあって、デジタル出力しか無いDDCの存在価値はあるのでしょうか。▼ 続きを読む

【オーディオ雑学】バランス駆動ヘッドホン(イヤホン)の選び方

2014年10月中旬に開催された(この記事を書いている日が最終日)の「オーディオ・ホームシアター展(音展) 2014」に参加して、ひとつ悩ましく感じる点がありました。

バランス駆動ヘッドホン端子の規格乱立が国内メーカーにも及んでいる、と。

規格乱立はAV機器の歴史を紐解くと、幾らでも例が挙げられます。目立ったところでは映像記録媒体の『VHS 対 ベータマックス』とか『Blu-ray 対 HD DVD』ですね。各陣営に属するメーカーの思惑が反映されているため、それぞれ引くに引けない様相を呈し、購買する側のユーザーにとっては混乱を招くばかりの迷惑な【大人の事情】と捉えられやすいものです。
しかし、お互いの陣営が相手より一歩でも抜き出ようと技術を磨き、コストダウンに励むため、結果としてユーザーにとって【より良い物が低価格に】入手できる可能性が高くなるのも事実です。独禁法が存在する理由のひとつでもあるように、寡占状態よりも競合が並び立つ状況の方が結果として適正な関係性を産むことになります。

しかし、ユーザーの利便性が損なわれる可能性は捨て切れません。

今回取り上げる「ヘッドホンのバランス駆動」については、導入を検討するユーザーの絶対数がそれほど多くはなさそうなので大きな問題として話題にはならないかもしれませんが、いよいよ日本のメーカー製品かつ比較的手が届きやすい普及帯にもその方式が備わりつつあるので、ここで微力ながら問題提起するとともに、乱立している状況を整理してみようと思います。
▼ 続きを読む

【オーディオ雑学】「キャノンコネクタ」と「バランス接続」と「ノイズキャンセリング」の密接すぎる関係

もしもこのブログをご覧頂いている方に「キャノンって?」と質問をしたら、カメラのメーカーだと答える人が多いでしょう。
長らく写真関係を扱ってきただけに当然でしょうが、そうでなくても、日本人の多くは、カメラ事業を主とするCanon社を思い浮かべると思います。

しかし残念ながら、カメラメーカーの会社名は「キヤノン」です。ヤは大文字です。残念でした。

なんて揚げ足を取るような話はどうでもいいのですが、こちらで取り上げる「キャノンコネクタ」のキャノンは、やはり会社名ではありますが、キヤノン社とは異なるアメリカのメーカーで、綴りはCannonです。カノン砲のカノンと同じ綴りですね。
たいやきうぐぅ少女の出てくるカノン(Kanon)とは違う綴りです。そっちはドイツ語の音楽用語です。

キャノンコネクタは、端子名としてはXLRコネクタと記載されていることが多いようです。記述は異なっても同じ端子を指します。音声用の端子として主にプロフェッショナル向けの機材では標準的に使われていて、マイクロフォン、ミキサー、高級オーディオ機器などの接続用として普及しています。

一方、音声用の端子としてより広く普及しているのは、RCAピンジャックや、フォンプラグ、ステレオミニプラグなどです。XLRは見たことがないという人も少なくないでしょうが、オーディオ機器をはじめAV機器全般(テレビやDVDデッキなど)の接続を行ったことがある人は、特にRCAピンジャックとステレオミニプラグはおなじみでしょう。

キャノンコネクタ3


▼ 続きを読む
フィギュア:レビュー
月別アーカイブ
記事検索
リンク
(アルファベット、50音順 敬称略)
Twitter Timeline
熱いパトゥス(問合せ)はこちらへ
harukamichiなるとgmail.com
なると => @
  • ライブドアブログ