カントクと書かれると、トゥナイトの事を思い浮かべてしまうお年頃ですが、変猫のイラストを担当しているカントクもまた性的な意味で素敵なお仕事をしていらっしゃるので、どちらの方にもお世話になっている人生です。

さてそのイラストレーターのカントク氏といえば、描くオリジナルの美少女キャラの服装にほぼ間違いなくチェック柄を使う「チェック柄マスター」であり、チェック柄のスカートを見ると自然と性的興奮を呼び起こされる性癖を持つ人達にとっては神と讃えられるほどの存在です。
なんたって、チェック柄のスカートの下はノーパンであることが伝統的な正装なんですから、つい期待しちゃいますよね!

……貼られたリンクは何が出てきても後悔しないよう覚悟してからポチらないとだめだって、ばっちゃが言ってた。

チェック柄のスカートを穿いた女の子で興奮する変態なオッサンも、チェック柄のスカートを穿いてさらにノーパンでいる自分に興奮する変態なオッサンも、要チェックのフィギュアです。どうぞご覧ください。

壽屋 筒隠月子 00
メーカー(販売元)コトブキヤ
原型制作千鶴(鶴の館)
スケール1/8スケール
パッケージサイズ14(W) x 15(D) x 23.5(H) cm


まずはパッケージを2方向から。

壽屋 筒隠月子 パッケージ 1

壽屋 筒隠月子 パッケージ 2

素晴らしいパッケージです。
常々言っていますが、背面の窓があるパッケージは店頭で購入を検討する人にとって大きなアドバンテージになり、購入意欲を増す可能性を高める効果的な手法であると信じてます。大手メーカーのコトブキヤがこのパッケージデザイン構成をしている意義は大変に高いと思います。
このフィギュアは、背中だとか脚の裏側だとか、身体の後ろ側の造形を重視する人はもちろん、明らかに捲れ上がっているスカートのその向こうの景色を購入前にチェックして購入意欲を高める人も多いことだろうと思います。背面の窓が存在する価値は計り知れないほど高く、むしろ正面の窓よりも価値が有るかもしれないほどです。パッケージデザインを行った担当者には、デザイナーとしてはパッケージに色々と凝りたいという気持ちはあるだろう中で、よくぞ英断を下してくれたと賞賛をお送りします。
まあ実際のところ、棚などに飾る事を前提として購入し、入れ替えする際に売るのを考えていない人にとっては、パッケージは取っておかない場合が多いので、売場で商品を見定めする時くらいしか存在価値が見出だせない可能性は高いですからね。デザイナーのセンスが活かされた魅力的な意匠であることよりも、フィギュアの現物がどれだけ隅々まで確認できるかが重要であると思います。
……とまあこのコメントは、ガチな仕事でパッケージデザインに関わって、センスの無さを露呈してトラウマを抱えた過去のあるワタクシが、ハイセンスなデザインに対してジェラシーを感じていたりする、どうでもいい私怨含みなんですが。


ではフィギュア本体を8方向から見ていきましょう。

壽屋 筒隠月子 回転1

壽屋 筒隠月子 回転2

壽屋 筒隠月子 回転3

壽屋 筒隠月子 回転4

壽屋 筒隠月子 回転5

壽屋 筒隠月子 回転6

壽屋 筒隠月子 回転7

壽屋 筒隠月子 回転8

もうどうしようもありません。お楽しみは後に取っておくことができませんでした。
そのくらいに、見事な開けっぴろげです。どうにか前方からだけは死角をチョイスしましたが、後方からはどうしようもないです。
どうしようもない変態猫さんですねこの娘。作品の略称は変猫じゃなくて変態猫でいいと思います。
……いや、アニメは全話観たので決してそんなキャラで無い事は存じておりますが、このポーズに関しては無防備過ぎてもう、誰だってこんな姿を見せられたら変態さんになっちゃうでしょ罠でしょ不可抗力でしょ、って言いたくなりますよね。
パッケージの背面窓からこの開けっぴろげなお尻を、完全に完璧に全璧に視認できるので、そりゃ不可抗力でレジに持って行ってしまうというものです。
ポーズとしては片足立ちで、前屈みになっているだけでなく尻尾もあるので、前後にやや広いですが、パッケージはそれほど大きくなるほどではないのでそれほどかさばる荷物にはなりませんし、安心して店頭で購入できます。パッケージ背面が購入店舗の買物袋の口から見えていたら安心してばかりはいられませんが。


ではスポットごと見ていきます。

壽屋 筒隠月子 01

正面からの顔。
カントク氏の絵柄は、眼の描き方が瞳孔の小さな点と、ハイライトがちょっと付く程度になる場合が多いため、フィギュアなどの別媒体に転化すると、ちょっと怖い印象になりがちなのですが、このフィギュアはハイライトを多めに使いながらも、ちゃんとカントク氏のイラストの印象を保持するアレンジを施しているのが上手いと感じました。
目頭の枝分かれや、目尻の手前にある一本の撥ねた睫毛など、カントク氏絵の特徴をしっかり再現しています。
肌の色や髪の形状など、かつてはサンプル(デコマス)からの劣化が目立つことが多く、製品が出てみないとわからなかったメーカーでしたが、近頃はとても安定しているので、信頼して予約できるようになってきました。この作品も発表時から人気になるのは間違い無い出来だったので、店頭の一般在庫が確実に入手できるか怪しい雲行きでしたから、サンプルに違わぬ製品が出てくるものだと信頼を置いて案内直後に予約しました。
猫耳は耳毛の造形が定番通り、前髪にワンポイントで付いているピンクのリボンは少し塗装がハミ出てますが及第点、といったところで特筆することもないでしょう。

壽屋 筒隠月子 02

右側面からの顔、と言ってもそれほど角度を付けていませんが、視線を正面から受けているのに近いアングルから。
眼の下にある線の角度が左右対象ではないため、少し違和感が出てしまっているのが残念ですが、配置のバランスはキッチリと保たれていて好印象ですね。
頬の輪郭が絶妙な丸みで、ぷにぷにしたくなる弾力を思わせます。ワタクシも変態さんなので、その柔肌を思う存分ぷにぷにしたいです。
このフィギュアは髪先だけ分岐されていて、それより前の箇所は凹凸だけで髪の束を表現しているので、髪の造形のダルさがあったとしても軽減されている気がします。キャラデザとの親和性が成せる技かもしれませんが、量産品のクオリティダウンを抑える手法としては有効かもしれませんね。

壽屋 筒隠月子 03

左側面からの顔。こちらはほぼ横顔です。
口に咥えられたさくらんぼが2玉である事が意味深というかむしろ直球というか。
変態王子がチェリーボーイであると揶揄しているのではと思いめぐらせてしまうのは自然の摂理と言えましょう。
変態さんとしては、チェリーボーイであるのを堂々と宣言するのと引き換えにして、チェリーな棒射をその口に突入したくなるのも自然の摂理なのです。
月子の特徴である、小ぶりなサイドテールは、根本から小さい枝が一本分かれて出ているのがチャーミングに見えていいですね。

壽屋 筒隠月子 04

頭上にはリンゴが一玉乗せられています。
ツヤのある塗装は、ワックスがけされたリンゴの質感を思わせてくれます。

壽屋 筒隠月子 05

リンゴは別パーツですから、乗せない状態で飾ることもできます。
以前に紹介した我那覇響のハム蔵よろしく、例によってコトブキヤお得意の磁石による固定のため、髪には固定するための突起などがなく、乗せていない場合にも違和感がありません。隠れていた分割線は少し目立ってしまいますが。

壽屋 筒隠月子 06

後頭部の方に回り込んだアングル。
顔が見えず、ショートカットの黒髪に猫耳だけ目に入ると、反射的に「池田ァ!」と叫びたくなりますがたぶんそれは病気です。だってほら、月子はぱんつはいてますし。
池田ァ!が登場する「咲-saki-」のキャラはみんな「ぱんつはいてない」とされる都市伝説があったりなかったり

壽屋 筒隠月子 07

カントク氏の絵のイメージが先行するのもあってか、絞り開放気味でフワッとした画の写真にすると似合う気がしますね。
交換レンズに金を掛けているかどうかが試されますが、単焦点かつ大正義円形絞り採用のレンズだから大勝利間違いいなしなのです。(※撮影者の技術やセンスは全力で棚上げする覚悟が必要です)

壽屋 筒隠月子 08

胸のあたり。
胸という物体の存在が見当たらないのですが、人体の構造上そこは胸だと思うので。
大丈夫、遺伝的には膨らむ可能性は充分にあります。良く膨らんでいる姉はおそらく自分で自分のを揉みしだいて成長させたものと思われますが、妹のも揉みしだきたい衝動を抱えながら尊い存在であるが故に揉みしだけなかったためにこのような、すっとんとんボディになってしまったのです。
部長、今からでも遅くないので気の済むまで揉みしだいて成長させてあげましょう!
それはともかく、その突起が無いために寂しくなった服の凹凸を、さざなみのような皺でお茶を濁しているように見えるのが哀愁すら漂っています。

壽屋 筒隠月子 09

真横からなんとかその存在を見つけようとしたところで、公式に自らがすっとんとんボディと評しているだけあって、見事なまでに水平線が見渡せる平原なのでありました。
それはともかく、腕がチラリと見えるようになっている袖の切り込みが変態性を感じるデザインですごくそそられます。この制服をデザインした人は、きっと、どうしようもない変態さんですね。
ありがとう変態さん。

壽屋 筒隠月子 10

両手はスカートの裾を持ち上げていて、いわゆる「たくし上げ」状態となっています。カントク氏絵の特徴であるチェックスカートが綺麗にプリントされたスカートは、乙女の聖域を守っている感が最高潮なのですが、その堅牢なはずのゲートを自ら開け放とうとは驚きの展開です。
でもこちとら変態さんなので、正面から堂々と受けて立ちましょう。
見るからに、ぷにぷに感が絶妙な輪郭の腕と手がスカートの先をつまんで捲り上げるその様は、背徳感に溢れまくりで刺激されまくりです。一方的にまくられられまくるのも悪いので、こちらもまくって露出しちゃいましょうかね。
はい、先述の通り正装はノーパンですから、まくったらもうそれだけでデッドエンドです。むしろバッドエンドまっしぐらです。

壽屋 筒隠月子 11

見逃してはならないのは、前屈みになっているので気付きにくいのですが、このへそチラです。
制服のデザインが変態的であることは前述しましたが、デフォで丈が短いのは言い逃れできないレベルの確信犯と言えるでしょう。この学校のPTAやモンペの方々にはちゃんと仕事しろって言いたくなりますが、その言葉を必死に飲み込んで、まずは親御様の心遣いに感謝の言葉を贈りまくろうと思います。
へそが美しい娘さんを、へそチラがデフォの制服を採用する学校に入学させてくれて、本当にありがとうございました。
……まあ、この娘(姉妹)に関して言えば、親に感謝できない背景がありますがそれはネタバレですので慎みましょう。

壽屋 筒隠月子 12

視線を下げて脚を……って明らかにフライングで丸見えじゃないですかやだー!
まったく、どうしようもない変態猫さんですね!(※満面の笑みで)
そして、お召し物はみんな大好き万乗パンツ。期待を裏切らない素直ないい娘です。

壽屋 筒隠月子 13

じゃあ、後ろに回りこんで上の方から……ってこっちも見えちゃってるじゃないですかー。
この角度から見えるってよっぽどですよ。身長2メートル超の人だったとしても、すぐ背後に立っていて見下ろしたら見えちゃうくらいの捲り上がりっぷりです。
尻尾さん、グッジョブです。 ( ´∀`)b

壽屋 筒隠月子 14

真後ろでなくても、この角度からでも見えちゃうほどに凄まじい捲れ方。
変態猫さんのサービス精神には頭が上がりません。
頭を上げずに視線を水平に保ち、じっくりと堪能させていただきます。

壽屋 筒隠月子 15

月子さんのサービス精神に負けじと、こちらは鼻血を出血大サービスしてしまうので、一旦視線を安全圏に退避させて、靴底を見てみましょう。
なんてこった、白猫はまだガン見してるじゃないですか。負けてらんないですね。

壽屋 筒隠月子 16

改めて脚全体に視線を移します。
胸はさておき、全てにおいて華奢な体型だけに、太腿の肉感はそれほどではございませんが、それでいてぷにっと感が示されているフォルムは見事なものです。
踵の上にある、ソックスの皺が見逃せないポイントですね。ニーソを履いているキャラが現在の主流となっていますが、膝周りスキーのワタクシとしては膝下までの品をベスト・オブ・ソックスと位置付けています。
ちょっとだけカサついてる膝が見える幸せは逃してはなりません。そのキャラが元気少女だったり自然派だったならなおさらです。いちいちお肌のお手入れをしなくても問題ないくらいにハリツヤのあるお年頃だからカサつきなんて気にせず放置してるくらいのが魅力的なんです。
……よーし変態さんがぺろぺろして膝のカサつきを潤してあげますねー(^ω^)

壽屋 筒隠月子 17

ご覧くださいこの膝裏。そりゃぺろぺろしたくなりますよ。
形状はわずかに窪みが両サイドにある程度ですが、塗装でシャドウが入っているので存在感は増しています。膝裏スキー歓喜の仕様です。大感謝です。

壽屋 筒隠月子 18

台座にある猫の形をした影のプレートと、白猫は別パーツです。
プレートは、靴底に挟み込む形で設置する、ちょっと面白いギミックです。
台座とフィギュア本体は右足の底だけで固定する仕様ですが、ネジ止めもされているので最初からガッチリと固定されていますので、プレートが浮き上がって外れる心配もありません。
白猫はどう配置したところで、スカートの中を覗きこんでいるようになるので、うらやまけしからんヤツだなあと思いながらテキトーに配置しましょう。

壽屋 筒隠月子 19

台座そのものには、肉球の形状の足跡が付いている以外は至ってシンプル。
ローファーの靴については、グラデーションの適度に掛けられた塗装もあって質感良く作られています。

壽屋 筒隠月子 20

いっそのこと真後ろの、一番その白色地帯が良く見えるアングルから拝んでみましょう。
肉感は少ない脚ながら、しっかり尻の底肉は存在を主張しています。素晴らしいその活躍ぶりに拍手しましょう。
ありがたや〜ありがたや〜

壽屋 筒隠月子 21

なんということでしょう。拍手が合図になったのか、スカートが外れてしまいました。
スカートが外れるのは色移り対策でフィルムが入っているからとかそういう現実的な事情はともかく、このギミックもやはりコトブキヤ作品では定番ですね。
この作品に関しては、最初から丸見えレベルだったので利用価値は薄いでしょうが、スカートを外してより見通しが良くなった景観を楽しむのもまた一興です。

壽屋 筒隠月子 22

前方から。
万乗パンツの王道こそが覇道であるっぷりは大いに堪能できます。
へその窪みも見逃せません。
一方、所在無さげに垂らされた手が意味深です。なんだか、この姿を見てしまったせいで末代まで呪われてしまいそうな予感があります。

壽屋 筒隠月子 23

後ろから。
尻尾が完全に尾てい骨の内部から生えていて、その強度からして接着剤による固定とは思えないので、ガチな尻尾であると判断せざるを得ません。リアル猫娘です。髪の毛を針のように飛ばして攻撃する人が好きだったりしそうです。
スカートを付けた状態では見えなかった背筋の窪みも見逃さないようにしましょう。

壽屋 筒隠月子 24

見えまくりの作品なので、作りこまれているのは当然かもしれませんが、皺がリアル感ある配分で刻まれています。
とはいえリアルすぎるほどに溝が深くは作られていないあたりが、月子というキャラクターが清い身体であると確信しているファンの想いを逆撫でしない配慮であると感じます。月子ちゃんにはセックスアピールなんて必要ないんです。ボディーラインが平坦で、すっとんとんなくらいでちょうどいいのです。
変態さんはそれで満足なんです。どうしようもないくらいにすっとんとんな月子ちゃんがどうしようもなく愛おしいのです。

壽屋 筒隠月子 25

最後に、地に伏したタイミングでご褒美のチラ見せをしてくれるシチュの一枚で。
やっぱり開けっぴろげで羞恥心がない姿ではなく、恥ずかしそうにチラ見せするくらいがちょうどいいですね。