「はいさーい!」

「ペットとして飼ってもらいたいアイドル人気ナンバーワン(推定)の響が満を持しての登場だぞ!」

はい、響のペットになって自宅警備をして、レッスンを受けて帰宅した直後で汗くさいままの響に抱きついてひとしきりクンカクンカしたいです。
とまあ、かなり屈折した感情と興味を持っているために、真っ当なアイマスファンはドン引き必至かもしれませんが、先に謝っておけばなんくるないさの精神でレビューしてまいります。

壽屋 我那覇響 AI 00
メーカー(販売元)コトブキヤ
原型制作間崎祐介
スケール1/7スケール
パッケージサイズ15(W) x 14(D) x 31(H) cm


まずはパッケージを2方向から。

壽屋 我那覇響 AI パッケージ1

壽屋 我那覇響 AI パッケージ2

特定のシリーズで揃えることはせず、prprしたりクンカクンカしたりしたいと本能で感じ取ったフィギュアだけを購入している人なので、同シリーズの他作品は初めて買いましたが、パッケージ背面にサインまで入っているのがアイドルっぽさを感じさせてくれて嬉しい演出ですね。
窓は前方以外には、天面に1/3くらいと、左右に星形で用意されており、目を近づけて中身を覗きこむようにすればそれなりに確認できますが、売場で確認するためにそれをするのはちょっと恥ずかしいですね。それでも遠目からでも、この作品の大きな見どころであるお腹まわりはしっかり確認できるので必要充分かもですね。


続いて8方向からの全身確認。

壽屋 我那覇響 AI 回転1

壽屋 我那覇響 AI 回転2

壽屋 我那覇響 AI 回転3

壽屋 我那覇響 AI 回転4

壽屋 我那覇響 AI 回転5

壽屋 我那覇響 AI 回転6

壽屋 我那覇響 AI 回転7

壽屋 我那覇響 AI 回転8

スタイルとしてはほぼ直立に近いですが、彼女らしい元気さを充分に感じさせてくれるポージングで魅力たっぷりです。
その起伏が大きく成熟しつつあるボディとは対照的とも言える無邪気な表情としぐさからは、幅広いPの嗜好に応えるポテンシャルを感じさせてくれます。
何と言っても、女体フェチの中でトップクラスの人気を誇る「腋フェチ」の欲求を最大限に満たしてくれそうな、両腋が異なる形でキッチリと拝めるポーズ。個人的には垂直に上へ伸ばすのではなく、このように水平に近い角度に上げられた腕が、二の腕から腋下へのラインにほどよく柔らかい肉感を示してくれるので大好物です。
大きなポニーテールの揺れる姿は、健康的な躍動感と、女の子らしい美しさを共存させる強力なアピールポイント。この作品ではごく自然な程度に揺れる表現によって、なめらかで柔らかいイメージを与え、ふわりと浮いたその髪からはとても獣くさそういいニオイが漂ってきそうな想像を掻き立ててくれます。


それではスポットごとに見ていきます。

壽屋 我那覇響 AI 01

正面からの顔。
アイマスシリーズは「老若男女幅広く受け入れられる」のを目指してキャラクターデザインされ、近年のいわゆる「萌え絵」の傾向には偏らない、オーソドックスながらも安定して可愛らしく見えるのが特徴とされていますが、その上で響は快活で誰からも愛され、中性的な顔立ちもあって、どの層からも満遍なく人気を得られる、理想的なお茶の間アイドルと言えるでしょう。
この作品では、朗らかで媚びることのない、その自然体こそが最大の魅力を発揮するスタイルとなっている響らしい表情とポーズになっており、バランスも絶妙で、見ていてとても明るい気分にさせてくれます。
1/7スケールと大きい事や、それなりの価格帯であることもあって、造形の精度は高いです。

壽屋 我那覇響 AI 02

左側面の顔。
響というキャラクターをイメージすると、プロポーションが良く年齢以上にシャープさを持つ輪郭が思い浮かぶのですが、この作品ではだいぶ丸みがあり、鼻も低く作られています。鼻が低いのはアイマスのキャラデザ全般に言えることなので順当でしょうが。
大きく開いた口は、響のチャームポイントである八重歯表現があるほかはコトブキヤ作品らしく平坦な形状。ここまで大きく開いた口だと、彫り込まれていると暗くなりますし、リアルすぎてグロくなりそうなので、アニメ絵を再現する上ではこの選択も順当でしょうか。

壽屋 我那覇響 AI 03

右側面の顔。
丸顔ではあるものの、安定してちゃんと響に見えるのがいいですね。元々が3Dモデリングされたキャラクターなので、立体作品との親和性も保たれているのもプラス要素なのでしょう。
髪については、やはりこちらも元がそうなのでイメージ通りではあるのですが、単調な塗りであるために複製の粗さがちょっと目立ってしまっているのが残念でもあります。サイズや価格を考えると、もうワンランク上のクオリティを期待してしまいます。

壽屋 我那覇響 AI 04

頭頂部には、ペットの中では2人でコンビに近い役割を演じている「ハム蔵」が乗っかります。

壽屋 我那覇響 AI 05

ハム蔵は完全に別パーツで、固定用の突起物などはありません。コトブキヤ得意の磁石による固定です。なので、乗っけなくても響の頭に謎の残留物ができたりしません。良い仕様です。

壽屋 我那覇響 AI 06

ポニーテールはかなりのボリュームがあります。毛の束も大きいため、重量感もあります。

壽屋 我那覇響 AI 07

ポニーテールを後ろから。
軽く自然に揺れた表現で、重量感を打ち消しているのが上手いですね。
この写真だと髪の色がすごく薄い紫に見えますが、実際には茄子のように濃くて美味しそうな色をしています。
いやまあこのブルーベリーみたいな色でも美味しそうですが。
じゅるるん

壽屋 我那覇響 AI 08

見逃せないのはこの耳の形状。
過去見てきた中でもここまでリアルな形状の作品は初めてな気がします。思わず耳掻きしたくなっちゃいます。
掻くというか、くすぐるんですけどね。綿毛の方で。

壽屋 我那覇響 AI 09

元気少女のイメージから、胸は小さいだろうと勝手に思い込んでしまうのですが、公式設定ではバスト80台と、アイドルの中では上位に入る大きさだったりするのが興味深いところ。
興味の赴くままに、その谷間に深く埋まりたいです。

壽屋 我那覇響 AI 10

横から見ても充分なボリュームがあることが伺えます。
いやまあそれ以上に、よくくびれた腰や、腹の中央を綺麗に一筋通った窪み、その向こうに見える骨盤の突起、下腹部に落ち込んでいく曲線などに目を奪われてしまうのですが。

壽屋 我那覇響 AI 11

背中はちょっとエグいくらいにヘコんでいるのも、この手のフィギュアとしてはリアル志向で珍しいですね。
なんかもう、一見すると見逃しそうなところがことごとく性的で素晴らしいですこのフィギュア。

壽屋 我那覇響 AI 12

プロデューサーさん、尻えくぼですよ、尻えくぼ!
通称・ヴィーナスのえくぼとも言うらしいこの腰と尻の間にできるY字曲線の美しさたるや、おっぱいの大小で女体の価値を断ずることなど些細な事だと思わせてくれます。
尻えくぼの作られた作品も少ないため、これには最大級の評価をしたいと思います。肉体表現を最もダイレクトに評価される水着フィギュアにあって、このツボを突いた造形は大きな満足を得られるポイント。特にこの作品は大きなポニーテールによって背後はやや見えにくいために、普通に飾るだけでは発見してもらえない場合もありそうで勿体なさも感じますが、改めてじっくりと見て回した時に気づく楽しさもあるでしょうから、こうした部分にも抜かりない造形は価値を底上げする秘訣だと思いますのでぜひ今後ともよろしくお願い致します。
はい、個人的な嗜好で多数派の需要そっちのけで期待します。

壽屋 我那覇響 AI 13

抜かりない造形を期待したいもっともたる部分は、個人的に手だと思っています。
手フェチをナメたらいけませんよ。いや手をprprしたいとかではなく。いや、したいですが。
男性ではマイナーである反面、女性のフェティシズムでは必ず上位に入ってくる手のフェチですが、手は絵を描く人にはデッサンのやりがいがある難易度の高い部位として良く知られている通り、複雑な形状で様々な表情を表せるため、当然ながら作りこめば作りこむほど魅力を高められる部位でもあります。
この作品では特別な作りこみは感じないものの、ぷにっと柔らかそうな形状はよく表現されていると思います。塗装こそありませんが、爪もしっかり造形されています。

壽屋 我那覇響 AI 14

今まで敢えてスルーしておりましたが、やっぱりこの作品で一番目立ち、一番フェティシズムが濃厚に表現されているのはやっぱりこの左腋でしょう。
ヘコんでいるだけではなく、真ん中に筋の突起がある。この造形がしっかりと行われているからもう満点です。意外と少ないんですよコレ。腋フェチの欲求を満たすには最重要ポイントだと勝手に位置づけています。この突起を汗が伝っていき、一番高いところで滴り落ちるのを想像したならもう辛抱たまりません。prprしようものなら、この突起が優しく、それでいて確かな弾力で舌を押し返すのですからもう最高の感触です。
prprしたい。クンカクンカしたい。本気でそう思わせてくれる、香り立つような素晴らしい腋です。
ξ
あと、骨盤の突起も要チェックです。腋は筋肉がエロく見せるのですが、腰回りは骨がエロく見せるのです。腹の肉との間に波打つ曲線が、普段は見えない部分を覗きこんでいるような背徳感すら覚えつつ興奮に導いてくれるのです。

壽屋 我那覇響 AI 15

上ではちょっとマニアックな視点に走り過ぎた気がするので、脚はサラッとコメント。
脚は身体の半分近くを占めるので目立ちますが、他の部位の細かいこだわりの造形からするとシンプルで平均的な形状です。健康的に引き締まったバランスの良い形状ではありますが、上半身の肉体美が素晴らしかっただけに少々物足りなさを感じてしまいます。

壽屋 我那覇響 AI 16

とはいえこの健脚の美しさは特筆すべきですね。ストッキングのCMで使ってもらえそうな、足タレとしても活躍できるレベルです。

壽屋 我那覇響 AI 17

ビキニのハミ肉にはかなわないものの、それでも隠しきれない尻肉をごちそうさまです。

壽屋 我那覇響 AI 18

足はシンプルにまとまっていますが、やはり手と同じく足の爪も形状があったりと、細かな造形は抜かりありません。

壽屋 我那覇響 AI 19

足の下には星形の台座。右足一点での固定となりますが、本体と台座は最初からネジ止めされています。
透明の台座の下には砂浜を模した黄色いデコボコしたプレートと、巻き貝やら人でやらのオブジェが入っています。

壽屋 我那覇響 AI 20

このようにそれぞれ別パーツで用意されていて、透明台座とは分離していますので、これらは好みによっては飾らないままでも構わないでしょう。


最後にフリーアングルで2枚。

壽屋 我那覇響 AI 21

壽屋 我那覇響 AI 22

以上、コトブキヤ版の我那覇響フィギュアのレビューでした。