ガストの「アトリエシリーズ」は初代プレーステーション時代の1997年に発売された「マリーのアトリエ」から、現在(2013年7月現在)も続く大人気シリーズ。その独特の世界観と、ゲームの軸となる錬金システムのどんなアイテムが出来るのかと想像する楽しみを存分に味わえるゲーム性によって、追従して似たゲームシステムの作品が生み出されるといった新機軸を作った名作シリーズです。
そのシリーズにあって、特にビジュアル面で人気を博した「アーランドの錬金術師」シリーズから、同シリーズの各主人公たちを立体化するファット・カンパニーのシリーズより、今回はシリーズ3作目「メルルのアトリエ〜アーランドの錬金術士3〜」の主人公・メルルのフィギュアをご紹介します。
一国のお姫様らしく、清楚で淑やかでお美しいそのお姿をご覧ください。

Phat メルル 後ろ姿

Phat メルル メルネタ

アーランドの変態騎士、ここに降臨!

なんて絵師ネタで押し切れるほどのレタッチ力はございませんので一発ネタらしく一発限りで終わります。
いや何となくですが、メルルならノリノリでやってくれそうですし、メルルの中の人もノリノリでやってくれそうじゃないですか?

メーカー(販売元)ファット・カンパニー
原型制作橘川てふ(キツテフ)
スケール1/8スケール
パッケージサイズ16.5(W) x 12.5(D) x 27(H) cm


まずはパッケージを2方向から。

Phat メルル パッケージ1

Phat メルル パッケージ2

服の色と同じくイエローを主体にした箱は、売場でも一際目を引くキャッチーさ。メーカーであるファット・カンパニーもイエローを主体としてポップな印象の公式サイトですから、双方のイメージがピタっとハマった感がありますね。
窓は正面の他、上面と、両側面の花型をした小窓の4箇所。側面からは内部をくまなくチェックするにはやや厳しい条件ですが、正面からのビジュアルが絵として完成度が高い作品ですから、正面からだけでも充分に魅力は汲み取れそうですね。


続いて、全体像を8方向から。

Phat メルル 回転1

Phat メルル 回転2

Phat メルル 回転3

Phat メルル 回転4

Phat メルル 回転5

Phat メルル 回転6

Phat メルル 回転7

Phat メルル 回転8

一枚目のアングルが一枚絵として完成された見事なバランスで成立していると思います。
メーカー製の市販フィギュアはその多くが、作品の版権絵として既出のイラストから立体に起こすパターンですが、こちらは原型を担当する橘川てふ氏がポーズ案から担当する、作品の端緒から二次創作品である珍しい生い立ちのフィギュアです。
詳しくは橘川氏の公式サイト・キツテフにて特設メイキングページが設けられていますので、併せてご参照ください。
もちろん立体作品ですから、他のアングルからも魅力はそこかしこに見られます。広くたなびいたウェーブヘアーや、前に蹴り上げられた右脚のしなやかな形状などは見逃せません。
驚きの短い丈で布面積が極めて小さなミニスカートなのにも関わらず容赦なく脚を蹴り上げているため、はしたないその行為の結果、お姫様の秘境がこんなにもたやすく露わに……なんてこともなく、高貴なお召し物であるが故の高すぎる防御力が憎らしいドロワーズがナイストゥミーチューする結果をもたらしています。
橘川氏の作品と言えば、背景として成立しているような、世界観を底上げする精巧でボリュームのあるヴィネットのイメージがあるので、この作品にもと思ってしまったのですが、この作品は比較的シンプルに背後の連星をイメージしたプレート一枚です。昨今のフィギュア価格が高騰している中で、これ以上豪華なヴィネットを付けたところで価格の桁が繰り上がってしまい、主な購買ターゲットとなるアトリエシリーズのファンが関連グッズとして購入するにはハードルを釣り上げてしまい購入を見送る結果を招いてしまう可能性を高めるため、妥当な落とし所なのでしょう。フィギュアとしての魅力が高まるのなら桁が上がっても欲しいと感じるフィギュア購買層を市販のキャラクターフィギュアの最大購買層にする方がさらにハードルが高いでしょうからね。


それではスポットごとに見ていきます。

Phat メルル 01

正面からの顔。
こちらには視線が来ていません。
頭に添えるように掲げた左手がポイントですね。
前髪はPVC製フィギュアとしては珍しいくらいに細いです。

Phat メルル 02

左側面からの顔。
鼻筋は長いですが、それほど高くはないですね。

Phat メルル 03

右側面からの顔。
耳が髪から完全に露出しているので良く見えます。

Phat メルル 04

頭の両サイドには編みこんだ髪があり、左側にはメルルのトレードマークである小さな王冠も付いています。

Phat メルル 05

カボチャのような形状をした王冠は、つややかでビビッドな塗装になっています。

Phat メルル 06

とてもダイナミックに踊っているウェーブヘアーが見どころのひとつです。

Phat メルル 07

襟や袖口の模様も綺麗に再現されています。

Phat メルル 08

コルセット状の服によって小ぶりな胸が寄せて上げられて、半強制的に作られた谷間が楽しめます。

Phat メルル 09

衣服によって矯正され、胸のアンダー側からトップ側に脂肪が寄せ上げられているため歪なお椀型になっているのがよく再現されていると思います。

Phat メルル 10

右腕に掛けられたマントの上には、カラフルに染め上げられた3種の花型のオブジェが再現され、添えられています。

Phat メルル 11

開いた左手の形状は、彼女の快活さを感じさせます。このポーズはキービジュアルの再現でもありますので、ファンにはおなじみでしょう。

Phat メルル 12

右手は杖を握っていますが、親指と人差指は立てられた特徴的な形状になっています。
それよりも容赦なく見えるドロワーズが気になりますね。

Phat メルル 13

右手を別アングルから。このように3本の指で杖を握っています。

Phat メルル 14

杖は(当然でしょうが)別パーツになっていて、銀色の部分と赤い柄の部分が分離できます。

Phat メルル 15

杖の中央に嵌めこまれたグリーンの宝石を模したパーツは、クリアパーツになっています。

Phat メルル 16

マントは内部の虹色塗装が見どころのひとつ。イエローを主体にした彼女の服装と併せて、派手で華やかな印象です。

Phat メルル 17

腰には錬金術用の道具や調合用の材料などが入れられているであろうポーチ。
服の端なども全てが金色のラインが入っている豪華仕様。さすがお姫様の貫禄です。

Phat メルル 18

脚を前方から。
しなやかで肉感のある形状であるのに加えて、膝の形がクッキリと作られていて、健脚美が堪能出来ます。
写真では色を微調整しているので気づきにくいですが、違和感の無い肌色をしている顔や手に比べて脚はやや黄土色っぽいです。個体差もあるかもしれませんが。

Phat メルル 19

容赦なく覗いたドロワーズは、どんなにローアングルから見上げてもドロワーズなので。

Phat メルル 20

背後からもその美脚を堪能。
膝裏の造形もステキです。

Phat メルル 21

ふくらはぎの張り方もなかなかリアルでとってもステキ。

Phat メルル 22

膝裏のこのポッコリと膨らんだ筋の形状が素晴らしい。そう、コレなんですよ脚フェチの求めている形は。

Phat メルル 23

ブーツも金ピカ。丁寧に施されたシワが柔らかな質感を感じさせてくれますね。

Phat メルル 24

紐の細かな塗り分けもきっちり綺麗に処理されています。言う事なしですね。

Phat メルル 25

台座はベースが丸くて薄くてピンク色で無地のもので、その中央に唯一の本体を固定するダボ2本と、その後ろに別パーツ扱いのプレートが一枚の構成。


これより下はフリーアングル撮影したものを3枚。

Phat メルル 26

Phat メルル 27

Phat メルル 00

以上、岸田メル氏本人の虹美少女化キャラクターメルルのレビューでした。