お子ちゃま趣味の美琴さんが、身体までお子ちゃま体型になって登場!

そんな煽り文句を付けたなら当人に電気ショックで葬り去れかねませんが、インなんとかさんみたいにヒロイン力と出番が葬り去られるよりはいいかなって思ってしまうのが、かまちーファンの本音でしょうか。

御坂美琴は「とある魔術の禁書目録(インデックス)」のヒロインの一人として登場し、男主人公の恋人がヒロインとされるライトノベル作品の通例をブレイクスルーするヒロイックな能力と性格によって「女性版ヒーローとしてのヒロイン」として活躍するに至り、その溢れ出る主人公力を活かすスピンオフ作品「とある科学の超電磁砲(レールガン)」によって存分にその存在感を魅せ付けて、類稀なる「可愛さと格好良さを兼ね備えた完璧超人」キャラとして確固たる立場を築き上げました。
それだけあって、電撃文庫作品の女性キャラクターとしてトップクラスの人気キャラクターと言われる事が多く、宝島社発行の「このライトノベルがすごい!」では「キャラクターランキングベスト10の女性部門」にて2010年から4年連続(2013年現在)の1位に輝いており、ライトノベル作品なる大分類に於いてもトップクラスの人気を持つ女性キャラクターであることは間違いないようです。格好良いキャラクターを好む人と、可愛らしいキャラクターを好む人の両方から支持されるとなれば、この結果も順当でしょう。

ただ、強すぎる主人公力によって格好良さが際立つ結果となり、可愛らしさが影を潜めてしまう場面も多々あるように思いますが、そこは人気キャラクターのステータスとして強力無比な「女子中学生」であることや、日頃の大人びた態度や言動からは想像できないような子供っぽい趣味嗜好による「ギャップ萌え」要素を盛り込むことで、歳相応の可愛らしさも持ち合わせるのですから、キャラクター設定上もまさに完璧超人と言えそうです。

子供っぽい趣味嗜好としては主に、カエルを模したマスコットキャラクターの「ゲコ太」のグッズを見掛けるとつい我を忘れてお金を注ぎ込んでゲットする執心ぶりを見せる事が挙げられますが、今回紹介するフィギュアでは「服装についても可愛らしいのが好き」である事を仄めかしたエピソードを元にしています。
普段は所属している「常盤台中学」の方針もあって、常盤台中学の制服ばかり着ているために普段着姿を見るのも貴重な美琴だけあって、水着によって服装の趣味嗜好が知れる事となるとは面白い仕掛けでした。

さらりとネタバレを書いてしまった気がしますが、まあそこはいつも通り、この記事を見ている人は当然それを知っている人たちばかりだろうと仮定して進めていきます。
コトブキヤの4-Leaves(フォーリーブス)シリーズからリリースされた「御坂美琴 −ビーチサイド−」のご紹介です。

御坂美琴-ビーチサイド- 26
メーカー(販売元)コトブキヤ
原型制作右藏
スケール1/7スケール
パッケージサイズ16(W) x 19(D) x 28.5(H) cm


まずはパッケージを2方向から。

御坂美琴-ビーチサイド- パッケージ1

御坂美琴-ビーチサイド- パッケージ2

4-Leavesシリーズは、そのキャラクターのファンが強烈な印象を与えられ、好評を博したシーンや一枚絵を立体化するプロジェクト(ラインナップからの推測ですが)で、この作品も普段は常盤台中学の制服姿ばかりでイメージが固着していた美琴のビジュアルを一変させ、そのあまりに可愛らしい姿に見る者を身悶えさせた、超電磁砲の中でも一際輝いたトピックです。
制服姿では体型を意識させる事はまずないですし、スカートを翻したところで見えるのはアンスコどころか短パンという、サービスカットとは無縁なキャラクターと思われていた美琴がとあるエピソードで見せた、いかにも小さな子供が身に着けていそうなフリフリフリルたっぷりの水玉模様の水着姿。しかもセパレートタイプのため肌も広範囲で見える大サービス。
完璧超人のイメージそのままに、その高い運動能力を裏付けるような引き締まった肉体と女性らしいプロポーションを高次元で両立する見事な肉体美、とするにはあまりにも凹凸の少ない幼児体型を多くの人に知らしめる事となりました。
4-Leavesシリーズではフィギュアの形状によってサイズの変更こそあるものの、デザインは統一されています。この作品でも窓は前方と上部に設けられており、背面は定形通りの説明とメイン方向からの写真。両サイドは4-Leavesシリーズのロゴです。
ファンの好評を博した二次元絵から立体化するシリーズだけに、立体になった事で新たに見えてくるアングルを楽しめるのが大きな魅力であると思いますので、その新たな観点がパッケージ越しに見て取りにくいのは残念ではあります。4-Leavesシリーズはメーカーの意欲も高いのか、クオリティが高い作品揃いなだけに立体として
の魅力をトータルで示してアピールすればより購買意欲を掻き立てることになるのではないかと思うのですが。
逆に、二次元絵が好きな人が関連グッズとして予備知識無く購入して、箱から出した後にその立体としての魅力を初体験できるよう敢えてサプライズ要素を残しているのかもしれませんね。
近頃は大抵の作品で、発売前から全方位からの写真が多数出回っているので、サプライズになる程ではないのかもしれませんが。


それでは、全体像を8方向から。

御坂美琴-ビーチサイド- 回転1

御坂美琴-ビーチサイド- 回転2

御坂美琴-ビーチサイド- 回転3

御坂美琴-ビーチサイド- 回転4

御坂美琴-ビーチサイド- 回転5

御坂美琴-ビーチサイド- 回転6

御坂美琴-ビーチサイド- 回転7

御坂美琴-ビーチサイド- 回転8

個人的なサプライズは、子供っぽい趣味の水着に良く似合う体型により一層アレンジされて見える事です。
上で幼児体型だと書いていましたが、美琴のビジュアルイメージは身体の凹凸こそ少ないものの、中学生にしては等身が高い、すらりとした細身のキャラであると記憶されています。これは原作でキャラクターデザインをした灰村キヨタカ氏がスレンダーな女性の絵柄を得意としていた(例:ユメミルクスリ)ために、その体型がアニメなどでもベースになって引き継がれているのがあると思います。
一方このフィギュアでは、等身はやや抑えられ、ぷにっとした体型にアレンジが加えられており、中学生どころか小学生にすら見えるようなプロポーションとなっています。
肉付きの良さが求められる水着フィギュアとして、このアレンジは正解だったと思います。何せ、ワタクシが初めて美琴のフィギュアが欲しくなって購入したぐらいですから。
……御坂妹は2種持ってますけども。
ポーズはどことなく、同じコトブキヤの作品で、同じ電撃文庫原作の人気キャラクター、俺妹のきりりん氏を扱ったフィギュア「高坂桐乃 ○○なわけがないver.」に似ているようにも見え、横に並べると面白い対比になりそうですね。絶対的黒猫派のワタクシは黒猫以外買っていないので並べられませんが。
この作品に於いて特徴的なのは、台座には水面が模されていて、蹴り上げた足に弾かれた水しぶきが象られている点でしょう。身体の動きがポーズ以外の要素によっても表現され、シーンを克明に想像させてくれます。


スポットごとに見て行きましょう。

御坂美琴-ビーチサイド- 01

正面からの顔。
この作品のアイプリントは反射が強いので、左目の端に照明の反射が入って白くなってしまっているのを予めご了承ください。汚れや印刷乱れなどではありません。
左目と右目の形状が左右対称ではなく、やや異なる点が気になる所ではあります。
かつては肌の発色に難ありな作品も少なからずあったコトブキヤ製品ですが、最近はとても安定していますし、特にこの4-Leavesシリーズは製造のコントロールが万全なのか、肌の発色はシリーズ当初から安定して綺麗に出ています。
左手はちょうど顔の高さにあるので、この写真で併せてチェック。ロリ体型にアレンジされているようにみえるのは等身が抑えられている点や元のキャラデザよりも肉感があるからと書きましたが、特にこの手のプニプニもっちり感がその印象を決定付けています。
爪にはグロス感のあるピンク系のマニキュア塗装がされており、ここからも普段の女の子らしい飾り気の無い美琴のイメージが覆されます。原作準拠なのかどうかは判りませんが。

御坂美琴-ビーチサイド- 02

左側からの顔。
こちらがベストアングルに近いはずなのですが、やはり右目の形状が気になりますね。
ただ、実際にフィギュアをリアルで見るとそこまで違和感は覚えないので、この写真では誇張されてしまっているようです。実際のところは他の写真も見つつご判断ください。
顔の輪郭のみならず、鼻にもかなり丸みがあるため、キャラデザよりも幼い顔立ちに見えます。
いっそのこと頬の赤い線を楕円で塗り潰して、アホ毛を生やしたくなりますね。ええ、それでは黒子よりもアクセラロリータさんホイホイになっちゃいますね。

御坂美琴-ビーチサイド- 03

右側からの顔。
こちらからは写真でも目の違和感がほぼないですね。
鎖骨から首への窪みはかなり深くクッキリと作られています。肩紐が細くシンプルな作りなので、余計に形状が目立っているようにも見えます。

御坂美琴-ビーチサイド- 04

御坂美琴を御坂美琴として認識するのに、特に特徴のある髪型や色ではないために、どうしても常盤台中学の制服姿とセットで認識してしまうので、このように水着姿となった場合にはヘアピンの重要度は増しています。
ただ、このヘアピンも特徴的な形状はしていないのでそれほど目立ちません。この飾り気の無さが美琴らしいといえばらしいのですが、こうして立体としてじっくり見ていくと物足りなさを感じてしまいますね。
ヘアピンの長さは原作に比べ、少し短く作られているように見えます。もっと目立つような長さが欲しい気がしました。

御坂美琴-ビーチサイド- 05

髪は左右非対称の前髪を作るのに都合が良かったのだろうと思われますが、前後のみならず、前髪部分が左右で別パーツで型取りされているようでした。
そのせいもあって、この個体では少し塗装色が異なっています。気になる人は気になるでしょう。もちろん個体差である可能性は否めませんが。
左の額が見えているのは美琴の髪型を特徴付けるだけでなく、電気パチパチ表現をするのに重要なファクターになるので、特にポイントとなるでしょう。
耳は周りの髪に被ることがない髪型なので目立ちますが、中の形状もしっかり作られています。

御坂美琴-ビーチサイド- 06

後ろ髪はかなり本数が多く枝分かれされ造形されていて、繊細さを感じさせてくれます。
塗装は髪の先に向かうに連れて濃い色になっていて、密度感を引き立てているようです。

御坂美琴-ビーチサイド- 07

肩から胸回り、お腹に至るライン。
胸は三段のフリルでボリュームを盛っている気がしますが、一番下のフリル位置を見てお察し状態です。
丸い肩、起伏の感じられない腕、細いけども引き締まっているようでもないお腹など、ロリ体型の特徴を完備しているあたりに完璧超人としての自負を感じます。いやなんかそれは違うような。

御坂美琴-ビーチサイド- 08

左の腕はさらに細く見えます。普段の男勝りな力技で活躍する美琴のイメージからは、そのギャップに驚かされますが、脱いだらムキムキだったらもっとそのギャップに引きそうなのでこれがあるべき姿でしょうか。

御坂美琴-ビーチサイド- 09

背後のフリルも前方とボリューム感がほぼ変わらないあたりに、言葉にしてはならない事情が存在しているように思えてなりません。
腰は驚くほどに細いので、全体的に栄養が不足しているんじゃないかとも思ってしまいますね。普段からお嬢様学校に通っている生徒とは思えないほど質素な生活を匂わせていて、ちゃんとした食事をしているようなシーンは見掛けないので、大方間違いないでしょう。
まあ、相方の黒子がさらなる絶壁ぶりなのでコンプレックスを感じる機会は少ないでしょうし、改善する意欲は湧かないのかもしれませんが。
なお、食蜂さん(以下自粛)

御坂美琴-ビーチサイド- 10

スカートのフリルは二弾。こちらはさすがにボリューム云々というかボリュームがあったらむしろ問題なのでコメントは差し控えます。
面積は小さいように見えますが、計五段のフリルを造形するのはなかなか手間が掛かっているんだろうなと思いました。先端にはギザギザも入っていますし。
ヘソとお腹まわりは特に特徴のない造形です。

御坂美琴-ビーチサイド- 11

右手もぷにっとしてますね。この指からコインが弾かれると兵器並みの破壊力を産むとは到底想像も付きませんが、レールガンの推進力は電流が作る物ですから弾くのは微力で充分なんですね。

御坂美琴-ビーチサイド- 12

ほっそりした腕とは対照的なぐらい、脚には肉のボリュームと張りを感じさせてくれます。
このフィギュアで最も目立つのは右脚でしょうから、造形への力の入れ具合を思わせてくれます。

御坂美琴-ビーチサイド- 13

膝の上下、踝、踵あたりの形状は簡略化されるフィギュアも多い中、起伏に富み細やかな造形が見て取れます。
しなやかさと肉感が共存するこんな脚になら……喜び勇んで蹴られたいと思いますよね。
(※感じ方には個人差があります)

御坂美琴-ビーチサイド- 14

ちなみにスカートは外れます。腰から分割できる仕様になっているので、無理に剥がす必要なく、ご開帳が可能となっています。

御坂美琴-ビーチサイド- 15

ご開帳したらそこにあるのはまさかのスージーさんなんて事は当然なくてビキニタイプの水着なのですが、白いから柄入りのパンツ(下着)にしか見えません。本当にありがとうございました。

御坂美琴-ビーチサイド- 16

尻に食い込むようにして表れたシワはなかなかにエロティック。
パンツのシワ表現に定評があったりするコトブキヤ作品の系譜がここにも。
尻の肉も結構厚めで柔らかそうですし、とってもご褒美な景観になっています。

御坂美琴-ビーチサイド- 17

このアングルだけだと全然印象の違うフィギュアになってきますね。
お風呂の着替えを覗いているかのようで、別の意味で背徳感を覚えてきます。

御坂美琴-ビーチサイド- 25

スージーさんは見掛けませんが、底のシワはなかなかリアル感があってドキリとしてしまいました。

御坂美琴-ビーチサイド- 18

ローアングルから見る際には、スカートを履かせたままのほうがチラリズムを楽しめて良いかもしれません。下から覗き込んで初めて見える景色こそ、ローアングルを実行する価値が発揮されるというものです。

御坂美琴-ビーチサイド- 19

個人的にはこのうっすらと浮かび上がる膝の造形が気に入っています。小さいフィギュアはこのような造形は省略されることが多いですからね。

御坂美琴-ビーチサイド- 20

そしてこのフィギュアの忘れてはならない特徴がこの台座。
水の波紋と、蹴り上げた所に発生した水しぶきがクリア素材でなかなかリアルに表現されています。

御坂美琴-ビーチサイド- 21

水しぶきはさすがに先端が水滴ひとつひとつが分離するほどにはなっていませんが、飛び始めはこうなりそうだと思わせてくれる形状です。

御坂美琴-ビーチサイド- 22

じっくりと眺めていたら、飴のように見えてきて美味しそうだと思ってしまいました。こんな飴細工がありそうです。

御坂美琴-ビーチサイド- 23

台座は二段構成で、水しぶきの部分が別パーツに分離するだけでなく、水面の部分を取り払って砂浜にすることも可能です。

御坂美琴-ビーチサイド- 24

砂浜で脚を上げている姿は、シュールに感じてしまう場合もあるかもしれません。

御坂美琴-ビーチサイド- 27

なるほど、こうすればいいのですね。
こうして見事に違和感皆無のシーンが生成されました。さすがは本作の主人公であり美琴さんが一目置く能力者です。
……その幻想をぶち殺す!

御坂美琴-ビーチサイド- 28

みんなの妄想を全うするため体を張って股間をぶち殺されちゃう上条さんマジカッコイイ!
(こんな役回りで登場しちゃうなんて、やっぱり不幸だ……)