最近では新しく放映開始したアニメを観て、可愛い女の子キャラが出てくると次の瞬間には「あーこの娘のビーチク出ないかなーこの娘のビーチク見たいよなー」と呟いてしまう人が多発しているとさえ言われる程には美少女フィギュア製品の中でも常にその新作を期待されるシリーズに成長した、Wave社の「ビーチクイーンズシリーズ」です。中には「Waveって水着フィギュアしか出してないメーカーだよね」と思い込んでしまっているアニメファンも多いのではないかと思うほどに、完成品フィギュアのリリースではほぼビーチクが出ている状態です。

ええ、水着がひっぺがせない事から欲求不満が溜まっているだけなので軽くスルーしてやってください。

さて今回紹介するのは、幅広く多様なアニメ作品のキャラフィギュアを展開する同シリーズの中にあってはやや特徴的な、ひとつの作品のキャラを長いスパンで連続リリースしている作品群になります。
そのような特例が作られるのも、その「THE IDOLM@STER」なる作品が根強い人気を獲得しているが故でしょう。新キャラクターならともかく、今回取り上げるキャラクター2名はアイマス初期のアーケード版稼動時からのオリジナルメンバーであり、8年以上前から愛され、支持し続けられ、今もなおこうしてグッズ化されて売上が見込まれるのですから凄い事です。

そして、それほどまでの売れっ子にも関わらず。
ことζ*'ヮ')ζさんに関しては、メインディッシュが「もやし」の日がある貧乏キャラとしての位置づけを返上する事がないのですから、そのプロ意識の高さたるや、仮初の一ヶ月足らずの貧乏生活でも逃げ出してしまう某アイドルグループに所属していたKWNS氏に少しでも見習って欲しかったものです。

貧乏キャラを狙いすぎて、もやしと共存する生活に馴染みすぎたせいで「もやしっ娘」になるのも考えものですが。

WAVE BQ 高槻やよい 17
メーカー(販売元)ウェーブ
原型制作アビラ(プラヅマ法力模型
スケール1/10スケール
パッケージサイズ24(W) x 12(D) x 22(H) cm

出オチも決まったところで作品の紹介に行きましょう。ええ、もやしっ娘はこのあとスタッフが美味しく頂きましたのでご安心ください。


まずはパッケージのご紹介から。

WAVE BQ 伊織&やよい パッケージ1

WAVE BQ 伊織&やよい パッケージ2

今回紹介するパッケージは【初回限定生産 セットVer.】になりますので、通常のビーチクイーンズシリーズの横幅がちょうど2倍になって、キャラクター2体のフィギュアとそのオプションが同梱されているものになります。
2体セットだからお得になるわけではなく、むしろ「手をつないだシーンが再現できる、特別な上半身パーツ付」なので2体個別の通常版を同時購入するよりもちょっと値段はプラスされます。2種の表情パーツは通常版でも付いています。ちなみにこの写真ではやよいの付属パーツが見当たりませんが、パッケージ下に落下していましたのでご心配なく。
ビーチクイーンズシリーズはデザインがほぼ共通されているため、特にコメントするべきところはございません。


続きましては8方向、ならぬ12方向。ビーチクイーンズシリーズは6角形の台座ですので6方向か12方向かで位置合わせをしないと目測がずれやすく、6方向だと少ない印象ですので12方向を採用します。

WAVE BQ 伊織&やよい 回転1

WAVE BQ 伊織&やよい 回転2

WAVE BQ 伊織&やよい 回転3

WAVE BQ 伊織&やよい 回転4

WAVE BQ 伊織&やよい 回転5

WAVE BQ 伊織&やよい 回転6

WAVE BQ 伊織&やよい 回転7

WAVE BQ 伊織&やよい 回転8

WAVE BQ 伊織&やよい 回転9

WAVE BQ 伊織&やよい 回転10

WAVE BQ 伊織&やよい 回転11

WAVE BQ 伊織&やよい 回転12

はい、いつもより余計に回しております。おめでとうございま〜す。
年齢が近いローティーンコンビで体型も似通っているものの、天邪鬼な性格の伊織と、素直な性格のやよいと好対象であり、家の経済状況までもが両極端でありながら、その凸凹ぶりが見事に噛み合うのか見事な相性の良さを見せる、アイマスのデュオ(カップリング)として定番中の定番となっている「やよいおり」のセットとなっていますので、こうして2人のフィギュアを横に並べただけでアイマスファンの心はほっこりするのです。
ほっこりしたいので、ギンザドリルとかいう妙ちきりんなユニット名はやめてくださいませ。
ビーチクイーンズシリーズは1/10スケールとスケールフィギュアとしてはやや小柄で、ディティールも簡略化されている部分が随所に見られるのにもかかわらず、肉体造形で勝負するフィギュアシリーズらしく妙に気合に入った腹回りの造形が、胸よりも腹の方がエロいと信じて疑わない「おなかフェチズム」持ちを自認するワタクシとしては常に注目を外せないシリーズであり、今作もロリキャラらしいぽっこりと丸みのある柔らかそうなおなか造形が予想されたキャラながら、想像を上回る肉感を有する見事な腹を所持するに至っています。
作品を重ねるごとに洗練されている塗装も、腹や背や膝周りの凹凸を浮き立たせるよう血色の通った吹き付けを施すテクニックが素晴らしい効果を発揮しています。
あーいおりんの尻ハミ肉にむしゃぶりつきたいわー。


では個別に紹介していきます。
まずは水瀬財閥の御令嬢「水瀬伊織」から。

WAVE BQ 水瀬伊織 01

正面からの顔。
造形はシンプルながらバランスが取れており、見紛うことなき完全なるいおりんフェイスで本当にありがとうございました。シンプルであることは決してマイナスではなく、むしろゲーム内のトゥーンシェーディングによるポリゴン絵に似た印象を得るために古参からのファンには感慨すら感じることでしょう。
原型師のアビラ氏は、近頃は「とらドラ!」の逢坂大河を作らせたらピカイチと称されるほど大河フィギュアこれとか)のイメージが強まっている印象ですが、アイマスのフィギュアについてもコンシューマー版が発売される頃には既にアイマスキャラの作品を作られていたほどの実績をお持ちで、アイマスキャラの造形感を充分に心得ている上に、大河と同じ釘宮キャラであるいおりんなのですから、それはもう、いおりんフィギュアを手掛けるには抜群の適任者と言えそうです。

WAVE BQ 水瀬伊織 02

右側面からの顔。
違和感なんて言葉を忘れるほどに安定感のある顔造形です。原作が3D造形である事も立体化への親和性を生んでいる要因のひとつかもしれませんね。
敢えて言うならば、口が三角形でエッジが立ちすぎてるかなくらい。
そんな事より、首に掛かった水着のラインによって際立った鎖骨と首の間に象られた窪みがエロくてご馳走様なのです。

WAVE BQ 水瀬伊織 03

左側面からの顔。
これがアイマス界に燦然と輝き続けるデコ面積の黄金率が為す文化財です。

WAVE BQ 水瀬伊織 04

頭上にはピンクのリボン。こちらも原典であるアーケード版から変わらぬトレードマークで、イオリン原理主義者の皆さんも納得のことと思います。
髪パーツはやや特殊な構造で、フェイスパーツが付け替えられる仕様のためリボン部分を境に前後に分割されているのはもちろんのこと、分け目から左に垂れるパーツが個別になっています。手前ではなく上に引き抜く形になるので、フェイスパーツを付け替える際には注意しましょう。

WAVE BQ 水瀬伊織 05

後ろ髪は栗色のさらさらロングヘアーをふんわりと垂らしている状態でナチュラルテイスト。
ただ、Wave社の1/10スケール作品群特有の「首だけ可動」ギミックは、この形状のロングヘアーでは可動域を狭める結果となってしまい、この作品ではほとんど動かすことが出来ません。いおりんフィギュアである以上致し方ないデザインなのですが、変化を楽しむ領域が減ってしまったのはやや残念ではあります。
そんな事より、この栗色の髪を思う存分クンカクンカしたいです。

WAVE BQ 水瀬伊織 07

このアングルは反則級のスウィートスポット満載です。
肩から腋へと流れ、小ぶりな横乳に至る穏やかな波形は、1/fゆらぎの効果を持っているかの如き穏やかな快感を生じさせています。
そして何より、その奥に見える肩紐の直線に隠れるように存在する、緩やかに形を推移させる上乳のラウンドフォルムには、南国のビーチに寄せては返す波打ち際のような心地良さを与えてくれます。
え、いや、そんなんどうでもいいやってぐらい性的で、とても心穏やかではいられないのですが。心地良いどころか刺激MAXなんですが。

WAVE BQ 水瀬伊織 08

これは……南国リゾート地の絶景ではありませんか!
鎖骨から肩へ、腕へと流れる滑らかなラインが美しいアールを描き、横乳から腋へと至るラインは冒険心をくすぐる渚の洞窟のように我々を誘います。
景勝地として登録しても良いのではと思うほどの感動的な体躯です。

WAVE BQ 水瀬伊織 09

手には「うさちゃん」のぬいぐるみ。どんなに動いても左腕の神懸かり的なキープ力で、まるで貼り付いているかのようにズレ落ちない事で知られています。それを為すのは愛情ゆえか、はたまた……
二次創作絵界隈では“ディフェンスに定評がある”と特殊ステータスが付与されているぬいぐるみですが、今回ばかりは空気を読んでくれたようです。
その素晴らしきおなかがとても良く見えるのですから!

WAVE BQ 水瀬伊織 10

アイドルは「身体を売る商売」と書くと余計な尾ひれまで付いてきそうな危険ワードに変化しそうですが、水着グラビア撮影はアイドルを続ける中で必ず訪れるお仕事。そのためには、ファンのイメージを貶めないようにイメージに合致する体型を作り、維持しなければなりません。もちろん日々のダンスレッスンでも引き締まった身体を獲得することは出来るでしょうが、ほどよい脂肪を蓄えて可愛らしい体型を作る者もあれば、スレンダーなボディラインとはギャップのある筋肉質で起伏の多い芸術的な体型を作る者もあります。それには必要に応じた部位ごとのトレーニング、そして計算された栄養を摂取するための食事。華やかな表の顔からは想像できない地味な努力が作り上げた肉体で、彼女たちはファンの期待に応え続けているのです。
――その結果がこの腹ですね! いおりんのプロ意識の高さに大感謝!
丸いだけの腹にやんわりとヘソが穿たれているのではなく、隆起した丘の中央から深々と下るヘソの傾斜角の鋭さが強烈な吸引力を産み出しています。腹フェチの欲望を吸引しまくっています!
ごちそうさまでした!

WAVE BQ 水瀬伊織 11

ぎゅっと強く握られた右手は、何を意味しているのでしょうか。水着姿を見られる恥ずかしさを抑えようとする気持ちの表れか、プロポーションが通用すると信じるプライドと不安が心中せめぎ合っているのか、今回の水着撮影でさらに大きな舞台を勝ち取るためのアピールを行う決意が伝わっているのか、さてどんな心境なのでしょう。
爪にはイメージカラーにマッチするピンクのマニキュア塗装が施されています。歳相応ではないかもしれませんが、普段からおしゃれ感度の高いいおりんには実に良く似合います。

WAVE BQ 水瀬伊織 12

下の水着は極端に短いスカートで、水玉模様のパンツが丸見えになってるようなデザインだから、水着である事を忘れてしまったら、いおりんが痴女に見えてくるから不思議です。
これは水着です。水着ですからっ!
ワカメーっ!

WAVE BQ 水瀬伊織 13

ジロジロと見ていたら恥ずかしそうな表情になったいおりん。
はい、交換フェイスパーツの出番です。
うさちゃんを取り去ると、お嬢様イメージとは合致しない引き締まった腹が目立つから恥ずかしくて左手で隠そうとしているように見えて、ますます目を惹きつけられます。
あざとい、実にあざといですぞ伊織お嬢様!

WAVE BQ 水瀬伊織 06

恥ずかしげな顔が、強く握られた右手とマッチして、見てるだけでキュンキュンしちゃいます。あざといは正義!

WAVE BQ 水瀬伊織 15

脚の造形もまた抜かり無いようで。
太すぎず細すぎずで特徴はないように見えても、膝周りの形状と塗装はリアリティが備わっており、ふくらはぎの厚みもよく表現されています。
このナマ足で踏みつけてもらえるなら、どんな罵詈雑言を投げ掛けられても構いません。いえむしろそれら全てがご褒美です。

WAVE BQ 水瀬伊織 16

ビーチクイーンズシリーズは膝裏造形はアバウトになっているのが共通点ですので特筆すべき点は無いのですが、やはりこちらも塗装により赤みが付いているためリアリティが付与されています。見逃せないのはむしろアキレス腱の造形とその塗装ですね。先ほど紹介した膝周りといい、見逃しがちな部分をリアリティたっぷりに表現していることで、眺めるほどに楽しめる作品になっています。大いに評価したい点です。
そして見逃せないのが尻の下肉! 販売時にはパッケージ裏の見えない部分なのですが、それが残念でならないほどのアピールポイントになる素晴らしい下肉です。こういうとき、乳キャラの下乳は前から見えるだけにアンフェアだと思います。

WAVE BQ 水瀬伊織 17

長い後ろ髪で隠されていますが、肩甲骨や背筋も見事な造形でした。
見事な腹筋と引き締まったくびれを両立した完成度の高い腹回りの下には、相反するように柔らかさを充分に含んだ尻があり、彼女の努力は成果に結実しているとハッキリ見て取れます。これだけの魅力ボディを獲得しているのですから、もっと自信満々に高飛車な振る舞いをしてもらって構いませんよ。

WAVE BQ 水瀬伊織 18

脚にはやはりピンクのペディキュア塗装が。
台座への固定は踵下の短いダボ1点のみですから、ちょっと不安があります。


ここで「水瀬伊織」の紹介は終了して「高槻やよい」に移ります。


いおりんとは好対照な、でもどこか似合っているその雰囲気を楽しんでください。

WAVE BQ 高槻やよい 01

ζ*'ヮ')ζ<うっう〜
ζ*'ヮ')ζ<プロデューサーがこっちみてれぅ〜
見ているだけで元気になるこのやよいの表情。つい眺めてしまいたくなります。
切り揃えられた前髪と、ボリューム豊かにドリドリしてるツインテールが、キャラによってはツンデレ要素に使われそうな記号になるのですが、それがやよいになると全くそんな空気は宿さなくなるから不思議です。ドリドリしてるのにモコモコしてるのがとっても似合います。
そんな、ツンツンではなくフワフワしてるやよいっぽさがきっちりと再現されたこの頭部周りは、付け替え可能な互換性のあるネックジョイントである点を生かし、他のWave社製品に取り付けて、様々な恰好でどこまで「やよ癒し」が通用するのか試したくなる欲求に駆られてしまいます。

WAVE BQ 高槻やよい 02

横顔、よりもそのツインテール部分の形状に目が惹きつけられます。
やはりドリドリよりもモコモコと称するのが似合う、独特の髪型です。
こちらのツインテール部分も根本にはボールジョイントが入っていて、くるくると回せます。回した結果はまた後ほど。ポンデリングのような形状のヘアバンドも別パーツとして取り外せます。

WAVE BQ 高槻やよい 03

顔パーツだけなら恐らく天海春香と見分けがつかないでしょう。やよいたらしめているのは、やはりこの独特な髪型と、感情を全身で表現するような大きなリアクションとポーズです。セクシーさはどこ吹く風で、まっすぐに前方斜め上へ向けて伸ばされた右腕が彼女らしさを良く表しています。

WAVE BQ 高槻やよい 04

綺麗に伸びた右腕を、横のアングルから。
GO MY WAYー♪ GO前上へー♪
やよいの代表曲である「キラメキラリ」、カバー曲「ふたりのもじぴったん」と共に、神前暁氏プロデュース曲と相性抜群のやよいは、今日も元気いっぱいに「GO MY WAY!!」を歌いながら、胡麻和えしたもやしをモリモリと食べることでしょう。

WAVE BQ 高槻やよい 05

伸ばされた右腕の先は、ピンと伸ばされた5本の指。
こちらもついハイタッチしたくなっちゃいます。
いおりんと同じく、爪にはピンクの塗装。思い起こせばほぼシリーズ共通でピンクの爪塗装が行われていますね。いおりんにはピッタリでしたが、やよいの天然素材キャラだとちょっと似合わないかも?

WAVE BQ 高槻やよい 06

背中は背筋が肩から尻までまっすぐ通っており、ハの字に浮き上がった肩甲骨と合わせて、凹凸の少ない体型にエロティックなアクセントを与えています。こちらもまたパッケージごしには見えないのがとても勿体無い。

WAVE BQ 高槻やよい 07

腋から胸に掛けてのラインは、躊躇いなく開かれた腋にも、膨らみを確認しづらい布面積が大きな水着が加わり、エロティックな感情を抱くのがなかなか難しい姿になっています。
やよいは癒しを与えてくれる小動物キャラなのだから、女性としてのセクシーさ、エロさを求めるのは筋違いと言われればそれまでかもしれません。若い男性の欲求ばかり惹きつけるのではなく、老若男女問わず誰もが平等に惹きつけられる癒し効果が発せられているのですから、腋からフェロモンが発生する必要はないのです。

WAVE BQ 高槻やよい 08

横から見てもセクシーさとは縁のない体型で、もやしで育ったもやしっ子を体現しているかのようで……いや、胸よりも下にはとっても気になる箇所がありますね。

WAVE BQ 高槻やよい 09

これが……これがもやしで育った腹筋だと言うのか!?
いおりんと比べても遜色のない、見事な腹がそこにはありました。
胸のボリュームや骨格ばかりは、努力ではどうしようもないのですが、腹回りの形状は努力で作れます。やよいもまた、プロアイドルの身体をきっちりと作り上げていたのです。育ち盛りの弟妹たちを養うため、お姉ちゃんはレッスンを毎日頑張っているのです。舌っ足らずながらもきっちりと観客に届く声量を得るための腹筋は、ただ華奢なだけのもやしっ子とは一線を画する、陽光を一杯に浴びて強く逞しく育とうとする緑豆の、本来の生命力を感じさせてくれます。いや緑豆ではございませんけれど。

WAVE BQ 高槻やよい 10

しかしまあ、腹回りは見事ながら、他の部分はお子様そのものスタイルなのですから恐れ入ります。
これでもアイマス初期アイドルの中では公称バストサイズが小さい方から3番めなのですから、もっとロリな魅力で人気を得ているキャラがいるので、やよいをロリキャラだと決め付けるのは良くありません。
――え、一番小さいキャラはロリ系じゃないだって? 青い子は胸に付く脂肪分を犠牲にして歌唱力に注ぎ込んだプロ中のプロなだけだから…(´;ω;`)

WAVE BQ 高槻やよい 11

左腕と左脚がリンクして、ちょこっと上がっているのが何とも可愛らしいポーズです。
小動物と称される彼女の仕草は天然記念物に認定されてもおかしくない奇跡です。

WAVE BQ 高槻やよい 12

脚を上げたポーズですから、飾った状態の通常アングルからでも足の裏が良く見えます。
こちょこちょして反応を窺ってみたくなる欲求に駆られますね。

WAVE BQ 高槻やよい 13

いおりんは足の裏がぴったりと地面に付いていますが、やよいは踵が上がっているので傾斜の付いた部品がはまっています。幅広なダボが入っているので、それなりに安定感が望めます。

WAVE BQ 高槻やよい 14

禁断のツインテール芸。ボールジョイントで可動できるので、そのドリルをツノのように見せることも可能です。その邪気の感じられない笑顔とは似つかわしくない髪型で、なんともシュールな姿になります。

WAVE BQ 高槻やよい 15

でもなんだか、光の入り方やアングルを変えてみると、サタン的な雰囲気が出てきてちょっと怖くなってきたり。
やよ癒しはどこへやら。

WAVE BQ 高槻やよい 16

ζ*'ヮ')ζ<えへへー、冗談ですよぅプロデューサー
付属の表情パーツと上半身パーツで、やよ癒しを取り戻したやよいさんです。


さてこれより、セット品だけに用意されている上半身パーツを使った「やよいおり」コンビの仲睦まじい姿をご紹介。

WAVE BQ 伊織&やよい 1

指を絡めた二人の姿は、やよいおりコンビの支持者たちには大願成就の像となる事でしょう。
二人共標準顔でも良いのですが、ワタクシはこの付属顔パーツの組み合わせをお薦めします。いおりんは自分に似合わない行為に嬉し恥ずかしい気持ちを隠しきれず、対するやよいは伊織が手を合わせてくれた事に嬉しさを顔いっぱいに浮かべる構図。素敵です、とても素敵です。
このセットは、原型担当のアビラ氏がリクエストしたこだわりの結実との事ですので、ご本人がアイマスファンだからこそ、ファン心理を良く心得ている、素晴らしいアレンジだと感心いたします。

WAVE BQ 伊織&やよい 2

このを実現するには、台座のダボを規定位置から移動させる必要があります。台座の裏から丸く切り抜かれたパーツを押し出して外し、台座の隅に両キャラのつま先が来る位置にはめ込み直します。

WAVE BQ 伊織&やよい 3

そして、互いの指に差し込んでいくのがちょっと難しいかもしれません。初期状態では指の間が閉じていることがあるので、指の間を指の太さに合うよう等間隔にピンセットなどを使って開いておきます。PVC製なのでよっぽど曲げない限り折れたり捩じ切れることはないでしょうが、細い部分なので慎重に対応しましょう。

WAVE BQ 伊織&やよい 4

後ろ姿もなかなか良いです。表情が見えないのに、二人のそれぞれのポーズで感情が読み取れそうに思えるのは、二人の性格が良く表現されたポージングゆえでしょう。
ファン納得の完成度です。