フィギュア(ホビー)関連にほぼ特化している当ブログとしては、関連性が薄そうな品ではありますが今回は「無線LAN搭載SDカード」のジャンルに該当する製品のレビューを行います。

このジャンルを大まかに言い表すと「デジタルカメラで撮影した写真(画像)を内部メモリに記録するだけでなく、無線LAN(Wi-Fi)を介してリアルタイムにチェックしたり転送できる機能を有したカード」です。

このような製品のメリット並びに存在意義としては、いちいちカードをカメラから抜き取らずとも外部の無線LAN搭載端末から画像を参照できる事。おそらく、この点に集約されます。ですから、カードを取り出して読みこめばいいじゃん、と思ってる人にとってはわざわざ高い購入料金を払ってまで導入するメリットは無いジャンルの製品になるでしょう。
フィギュア撮影に主眼を置いた場合、撮影した画像を(自動で)パソコンへ転送してカードの差し替えを行う手間を省いたり、撮影結果をフレキシブルにパソコンで(色味等を)チェックしたい際に便利なアイテムとなり得ます。

ワタクシの場合はフィギュア撮影用途よりもむしろ、アキバで撮影したネタ写真を即座にSNSへ流す方法のひとつとして、スマホのカメラではクオリティやアングルの制約等で物足りない場合に一眼カメラを使った場合でもなるべくPCレスでリアルタイムにスマホに転送してアップロードしたいという思惑を持っていたので、必要とまではいかないものの、いつか導入してみたいと思っていたジャンルの製品でした。
イベント系の撮影に関しては自分のスタイルでは分が悪いので、活躍は期待できません。

それでは、そんなワタクシの端的な視点からの所感に傾倒したレビューをどうぞ。

PQI Air Card 01

ワタクシが購入したのは「PQI Air Card」という品。そのラインナップの中から、microSDカード付きのパッケージ品を選びました。既にカメラで利用する為のmicroSDカードを持っている方や、さらに高速な転送が可能なカードを使いたい方は、カードアダプタのみ購入する事も可能です。

この製品が他の同ジャンル製品と一線を画しているのは、その「カードアダプタのみ購入」なるワードにあります。普通、Wi-Fi対応のSDカードといえば、読んで字の如くWi-Fiが内蔵されたSDカードであり、SDカードは記録メモリを内蔵している物です。当然ですね、それが記録媒体たるSDカードの存在意義なのですから。

しかしそれでは、記録媒体としての容量や転送速度に縛られてしまいます。容量は、リアルタイムに外部端末に転送すればいいし、それがこの種のカードを使う理由と言われればそれまでかもしれませんが、常に外部端末が電源ONで画像転送を受け入れられる状態になっているとも限りませんし、どんなトラブルが発生するかもわかりません。できればカードのメモリからは消さないまま残しておきたいですね。でもそうなると、多くの枚数を撮影するイベントでの利用では容量の頭打ちに悩まされることになるかもしれません。だからと言ってWi-Fi対応カードを複数枚購入するのはコストが高く付いてしまいます。

転送速度の面においては、高解像度の連写を行ったり、容量がかさむRAW形式で短時間に何枚もシャッターを押したならば、転送が間に合わずに次のシャッターが切れない事になってしまうかもしれません。シャッターチャンスを逃したり、時間効率を悪化させてしまい、苛立ちを招く要因ともなりかねません。
しかしこの「PQI Air Card」は、カードアダプタの形態を取っているため、記録媒体としてのポテンシャルは装着するmicroSDカードに依存します。転送速度の速いカードを装着すれば高速連写にも適応できるでしょうし、容量の大きなカードを装着すれば取り替えの手間も省けます。何より、カードを差し替えることでWi-Fi機能を次のカードにも移行できますので、複数枚のWi-Fi対応カードを所持する必要はないのです。これはお得。
なんだかとっても画期的な製品に思えて来ませんでしょうか。ワタクシはこれらの点に惚れて、今まで必要とまでは感じなかったこのジャンルの製品ながら、購入する価値有りと判断した次第です。

PQI Air Card 02

前述の通り、この製品は「SDカードアダプタ(microSDをSDの形状に変換するアイテム)にWi-Fi機能を内蔵させた物」になるので、装着するのはごく一般的なmicroSDカードになります。他の類似製品と比べて優位な特性を活かすには、より容量が大きく、より転送速度が速い(class10)のカードを挿入するのが良いでしょう。
SDカードアダプタは端子とは反対側(手に持つ側)にmicroSDを挿入するスロットが存在する場合が多いのですが、この製品は内部の回路設計の都合か、側面にスロットが設けられています。
また、一般的なSDカードアダプタに用意されているライトプロテクト(誤消去防止)スイッチは付いていません。

PQI Air Card 03

裏側には無線LANに対応する機材である事を示すMACアドレスが記載されています。日本国内で無線を使う際に登録が必要となる電波法に準拠した事を示す技適マークもちゃんと記載がありますから安心して利用できます。

利用するには、microSDカードを装着した状態でPQI Air Cardを一般的なSDカードと同様に、SDカードを記録媒体として利用するデジタルカメラに挿入し、初期設定も何もせず使い始められます。カメラ内ではカードアダプタとしての役目を果たすだけですから当然といえば当然なのですが。
ただし、スマホなどの外部端末から画像を読み込む際には下ごしらえが必要となります。

と、このままだらだらと書き連ねるのもやぶさかではないのですが、綺麗にまとめられる自信がないというか、発売から日がたった今となっては他でいくらでも丁寧に利用方法を説明されているサイトが存在しますので、わざわざ中途半端な解説をするだけ非効率かつ閲覧者のためにもならないので、他のサイトを参照していただくことにいたしましょう。
こちらに紹介させていただくサイトが、情報量の多さはもちろん、技術的なアプローチによる発展的な使い方まで提案されているので、ぜひご参照下さい。特にこのカードの特徴である「装着したカードの転送速度が活かせる」事をベンチマークにて実証されているので、個人的にも購入するのに大変参考になりました。

ひとりぶろぐ ≫ 遅いWiFi内蔵SDカードにサヨナラ!デジタル一眼レフのWiFi化なら絶対コレ!PQI Air Card


また、現状ウチで利用しているカメラは全て問題なく利用できましたが、中にはカードエラーとなって利用できないカメラもあるそうなので、購入前に公式サイトの動作保証機種になっている事を確認するのをお薦めします。

PQI Air Card 04

だからと言ってカメラじゃなければ全く動作しないのかといえばそうでもなく、所持しているデジタルフォトフレームでも動作しました。この場合はスマホなどの外部端末から画像を送り込んで、フォトフレームで再生するというカメラで使用する際とは逆のパターンになるのですが。もちろん動作保証外の利用方法なので、これを目的として購入するのはお薦めしませんし、発展的な利用方法となるかどうかは微妙なところがあります。擬似的にWi-Fi搭載のストレージ機器として利用できるかなといったところです。このような使い方に興味が有る方は心に留め置いてもらえれば。

スマホからは通常、専用アプリを利用しての接続となるのですが、インターネットブラウザ(HTTPプロトコル)を利用したり、FTPを利用しての画像転送もできたりもできます。専用(公式)アプリがこの記事を書いている時点(2012年末)ではまだ機能や安定性に欠ける印象があるので、このように選択肢が他に存在するのはありがたいです。Androidスマホユーザーのワタクシは、通常の利用は専用アプリでも事足りるのですが、ESファイルエクスプローラーというソフトのFTP接続を併用しています。

パソコンには2012年末時点で専用アプリは用意されていませんので、インターネットブラウザ経由かFTPによる接続となります。(telnetなんかも使えるようですが用途が変わってくるのでここでは触れません)
接続するには、Wi-Fi(無線LAN)のアクセスポイントの候補から「PQI Air Card」(AP名は設定にて変更可能)を選んで接続を行い、インターネットブラウザのアドレスに「192.168.1.1」とIPアドレスを入力するか、FTPクライアントのホストアドレスに同様のアドレスを入力してanonymousで接続します。
以下、ブラウザにて接続した場合の画面になります。

PQI Air Card 05
メイン(トップ)ページ

PQI Air Card 06
Wifi Statusページ

PQI Air Card 07
Wifi Setupページ
こちらからSSID(AP名)や接続パスワード、割当チャンネル等が設定できます

PQI Air Card 08
Picturesページ
こちらが肝心の画像へアクセスできるページです。PCへのダウンロードの他、等倍表示プレビューが行えます。

PQI Air Card 09
Videosページ
動画もダウンロードが可能です。ただし、プレビュー再生は期待しない方が良さそうです。
英数字の連番で自動登録されるカメラでの撮影では無縁でしょうが、全角日本語表示も可能でした。

Picturesの項目内で、フォルダ「199_WIFI」内に入っている3種類の画像については、このカードアタプタを利用する上では必ず存在し続けます。フォーマットしても復活します。人によっては邪魔に感じるかもしれません。
ですがこの画像は、カメラの操作で消去することによって特定のトリガーとなり、設定をリセットしたりモードを切り替えたりと、カメラ側で規定の操作が行えるようにするための物でもあります。カメラからは設定画面が開けないため、このような方法を用いて処理を実行するのは最適解なのかもしれません。特に、設定リセットはもしもの時に必要になりますからね。
で、カードをフォーマットして画像を消しちゃうと設定までリセットされちゃうのかといえばそういうことはないようで、少なくともワタクシの使っているカメラでは設定はリセットされませんでした。大量の写真を撮影した後、画像を転送してカード内の記録を一括消去したい場合にも一枚一枚選択消去していったのでは手間が掛かるので、フォーマット処理を行なってもリセットされないのは重要です。この点は安心しました。ただ、カメラの処理方法によってはトリガーが発動してしまう可能性も無いとは言い切れないので、実戦投入する前にフォーマットを試行して、リセットされないかどうか確かめた方が良いでしょう。


最後に、このカードアタプタと、他のWi-Fiカードの比較を、個人的な主観にて評価してみます。

【優】
  • 容量や転送速度に依存せず、内部のカードを交換する事でハイスペックに転換可能。
  • Wi-Fi機能がアダプタ側にあるから、カードごとにWi-Fi対応の物を揃える必要がなく、コストダウンが期待できる。
  • 必要な時、必要な分だけ転送が出来る。(自動転送タイプではない) →用途によっては劣にもなり得る

【劣】
  • 自動転送機能は無い。 →将来的にアプリ側で半自動での転送に対応できる可能性はある
  • 専用アプリの完成度や機能性が物足りない。 →サードパーティ製を含めて今後に期待

あとは、現状では取り扱い店舗が少ないようにも感じますので、入手性の点は良くないかもしれませんが、カードの買い増しをする場合にも通常のmicroSDを選べば良いので、まずひとつだけでも入手できれば他のWi-Fiカードよりも入手性が良いとも言えます。


以上のように、Wi-Fi機能搭載のSDカードとしては他にない画期的な製品になるため、ニーズがまっちするのであれば是非候補にあげてもらいたいです。PQIというメーカー名に馴染みのない方も多いかもしれませんが、SDカードをはじめとするメモリ市場では実績のあるメーカーですし、こちらはあくまでカードアダプタですから、カードの信頼性を上げたい場合はmicroSDカードをそれ相応の物を選ぶようにすれば良いのでリスクも低減できます。(フォルダ構成や他のレビューを見る限りではカードの読み書きに内部処理が噛んでいる様子があるので、シンプルなカードアダプタと同様だと安心はできませんが)
個人的にはメリットが多く、デメリットが少ない製品であると感じます。
実際に購入してから1ヶ月ほど利用してみて、トラブルは発生していませんし、快適に使えていますので自信を持ってお薦めできます。
更に言うと、ステマじゃないのでご安心下さい。