3年連続3回目の巾着田なのはなの撮影会。
3年連続なのでもう手慣れたもの。やるべき事は既に想定していたので、時間の大半は同行者たちと立ち話をして、春の暖かな陽気の中でゆったりと流れる時間を、そこに咲く桜や菜の花に合わせるように趣味話を咲かせていたのでした。

やるべき事――それは趣味話。

前回の野外撮影からは4半期以上が経っていた事もあって、話すネタが募っていたのです。
反して、3年連続で訪れた同じ舞台のために、ネタの引き出しが枯渇しているワタクシでもありました。
とは言っても、何も撮影しないまま帰るのはもったいないロケーションですし、前回はどう考えてもその場から浮いているドレス姿のまま連れ込んだウチのベア子が私服厨二娘に生まれ変わった事もあって、少しは自由度が上がった気がするので万策尽きたと音を上げるほどではありませんでしたので、今の自分に出来得る範囲で撮影してきました。
作例を増加させる使命も胸に秘め、K-01を使用しての撮影でした。
長閑な春の麗の高麗川のほとり。
平穏な時だけが刻まれて行きました。

120415 巾着田 桜&菜の花 01
青い空から見下ろす太陽によって照らされ、まるで自ら光り輝くかのようにその鮮やかな黄色を広大な敷地いっぱいに放つ菜の花の巨大軍勢。その場に立ち込める春の香りに春眠の誘いを受けながらも何とか受け流し、脳内では菜の花のおひたしを食らうイメージを浮かべて戦っていたのでありました。
何とも平穏な感情に身を委ねつつ、既に初夏とさえ思えるほどに強い日差しに肌を焦がされながら――

120415 巾着田 桜&菜の花 05

「あー暑い暑い」
ってポーズを取らせた頃にはもう曇ってるじゃないですかーやだー!

120415 巾着田 桜&菜の花 06

いや、どちらかというと胸アピールです。厨二病患者だから少しぐらい露出狂でも仕方ないね。

120415 巾着田 桜&菜の花 07

ということで、昨年の12月から変わらず中二病患者のシンボルであるオッドアイ姿を晒すウチのベア子(仮)。
ごく普通の服装なのに、顔だけ厨二というキャラクターだけ無理くりはめ込んでいるので、ポーズの行き当たりばったり感が拭えないのは、いわゆるひとつの仕様です。

120415 巾着田 桜&菜の花 08

繰り返すようですが、ベア子(仮)が行なっているのはあくまで胸アピールです。
露出狂なぐらいが厨二病らしくていいですよね。
――共感が得られそうにないので、このぐらいで良しとしましょうか。

120415 巾着田 桜&菜の花 02

雲に支配された空から、ほんの一瞬覗いた陽の光に、すかさず帽子を取り出して「お肌の大敵だから直射日光には弱いのよ」アピールをするベア子(仮)さん。厨二病だけど中身はおば(ry
でも、帽子の大きさが中途半端だったので何とも微妙な姿に。

120415 巾着田 桜&菜の花 03

などと言っていたら、同行していたすずひこ先生から、アクロバティックなポージングに定評のあるDDモデルの椎子さんが被っていらしたニット帽をお借りすることが出来て、そこはかとなく商品アピールを頂きました。ありがとうございます。

120415 巾着田 桜&菜の花 04

借り物を頭に載せ、まるで自らが用意したかのようなドヤ顔を見せるあたりはさすが、訓練された厨二病患者のベア子(仮)さんです。

120415 巾着田 桜&菜の花 09

フィギュアのレビューではさんざん「全身を流れるようにひねったポージングは、様々な角度から見て映えるからうんぬんかんぬん」と宣いやがっているワタクシとしては、それを自ら実践しなければ口だけになってしまって立場がないので、ちょっとここでトライしてみました。やっぱり実践するのは難しいですね。プロのお手並みはさすがだと思い知らされるばかりです。

120415 巾着田 桜&菜の花 10

早くもポーズの候補が尽きたので、意味もなく厨二なポーズに方向転換。
なぜか菜の花に向かって愛を告げているかのような良くわからない状況に。

120415 巾着田 桜&菜の花 12

いや、菜の花の先には純白の人影が。

120415 巾着田 桜&菜の花 13

偶然にも(なワケない)そこには、AZURE先生とこのカリスマモデルであらせられる理奈様が。その神々しいまでの白き姫君の姿を見たら、そりゃウチのベア子(仮)の厨二センサーもビンビンになること請け合いでした。

120415 巾着田 桜&菜の花 16

と、その傍らにはやはりこちらも求愛を……いや、春が訪れた喜びを高らかに歌い上げる椎子さんの姿が。
ニット帽は返還いたしております。

120415 巾着田 桜&菜の花 15

アクロバティックなポーズを決めていない時でもさすが、椎子さんの姿は絵になります。ポーズの熟練度が段違いです。
いやそれにしても、腰に伸びる触手が気になります。やはり、時に人間もといドール離れした挙動を繰り出す椎子さんは、圧倒的な身体能力を有したアンドロイドだったのでしょうか?
――なんて事はなく、マグネットで固定するタイプの台座なのだそうで。一般的な股間に挟み込むタイプの台座に比べて下半身のポーズに自由が効く画期的なアイテムらしいです。新たな小道具を手に入れた椎子さんの今後の活躍に益々期待ができますね。

120415 巾着田 桜&菜の花 17

二大カリスマモデルの共演キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

120415 巾着田 桜&菜の花 18

あまりにも絵になっていたので、アングルはそのままに、花の入れ方やボケ具合などを変えた二枚を投下せざるを得ませんでした。
モデル達が素晴らしいパフォーマンスを見せてくれているのに、曇り空のせいで色合いが眠いのが誠に無念なりぃ。

120415 巾着田 桜&菜の花 19

菜の花畑での撮影を終え、休憩を入れている間にもなお迫られる椎子さんの人気ぶりに嫉妬。
そんな状況でも実に堂々とした姿を見せているのもさすがプロフェッショナル。

場所を変え、桜並木のゾーンへ移動してからはフィギュアの出番です。

120415 巾着田 桜&菜の花 21

時期はまだまだ早いですが、野外露出プレイ撮影をしたくてうずうずしていたアルター穹をここで投入。

120415 巾着田 桜&菜の花 22

うん、やっぱり最高ですよこのフィギュア。
すばらしい膝裏感です。
――いやそこかよ、とは言わないお約束でどうかひとつ。

120415 巾着田 桜&菜の花 23

膝小僧だって素晴らしいんですから。

120415 巾着田 桜&菜の花 24

草むらに寝かせただけでも、散った桜の花が文字通り華を添えて、なんだか妙にアートな感じに。

120415 巾着田 桜&菜の花 25

「私にもひとつぐらい華をもたせなさいよ」
とばかりにここでも出しゃばってきたベア子(仮)には、花びらをひとつ頭にプレゼントしてやりました。

良い春のひとときでした。
タイトル通り平穏この上なかったですが、引っ掛けたネタである「けいおん!」のキャラは一切出てこないという体たらくでしたが、律っちゃんはいつもワタクシの心のなかに住んでいるので問題ありません。
問題しかありません。
おあとがよろしくないようで。