ドーナツはオールドファッションに限ります。(挨拶)

個人の嗜好はさておき、ドーナツ礼賛キャラとして近年人気を二分していると思われる「忍野忍」と「メリー・ナイトメア」。奇しくも両者とも同時期にスケールフィギュアが発売され、両者ともにその高い人気によって、売場では速攻で消え去る事態に陥っている様子です。
ヒツジよりもアルパカの方が可愛いだろ常考。だからシリーズ物として勇魚ちゃんのスケールフィギュアもリリースされなきゃメリーのフィギュアなんて買ってやるものか。などどいう宣言を、ウール100%の冬服に多大なる恩恵を受けながら行なっているのでありますが、世に放たれるメリーフィギュアのレビューがことごとく、その腹面積とヘソの絶妙な配分よりも、縞パンの事にばかり注目をしているものですから、腹肉礼賛文明の到来を心待ちにしているワタクシとしては歯噛みする日々を送りつつも、水着回でスク水という腹を露出させないセパレート式でない水着を、その人気ぶりに甘えてチョイスしてしまったスタッフたちにも腹肉およびヘソの価値がないがしろにされている責任の一端はあるのではないかと指摘するところです。

そんな指摘はこの際どうでもいいから、忍のレビューを見に来たんだからサッサと忍の事を書けよ、というごもっともな指摘を受ける側になる事が必然的になってきそうな流れなので、ここいらで前置き駄文を切り上げてレビュー本題に入りたいと思います。

GSC 忍野忍 33
気分屋である忍のこと。撮影中といえども、いつ気分を損ねて姿をくらますとも限らないので餌付け撮影料の代わりにと供物を捧げることにしました。
が、
大好きだと聞いていたポン・デ・リング的なものを2つ捧げたのに、小言を言われてしまいました。最後までじっとしていてもらえるよう頼み込むのに若干の時間を要してしまいました。
ゴールデンチョコレートとやらを売っていなかった地元のミスドをちょっとだけ恨めしく思ったものです。

そのような内輪話はともかく、以下にスペックを記します。

メーカー(販売元)グッドスマイルカンパニー
原型制作横田健
スケール1/8スケール 全高:約120mm
パッケージサイズ16.5(W) x 13.5(D) x 24(H) cm


続きましてパッケージ。

GSC 忍野忍 パッケージ1

GSC 忍野忍 パッケージ2

印象としては、想定よりもコンパクトでした。これは大変ありがたいことです。
いや、まだ胸サイズのことは申し上げておりませんよ。そもそも、そんなの知れたことじゃないですか。あっ、やめて噛まないで!

危うくワタクシの胴体にドーナツ化現象を引き起こされるところでした。


さて、8方向から見て行きましょう。

GSC 忍野忍 回転1

GSC 忍野忍 回転2

GSC 忍野忍 回転3

GSC 忍野忍 回転4

GSC 忍野忍 回転5

GSC 忍野忍 回転6

GSC 忍野忍 回転7

GSC 忍野忍 回転8

ロリババァ。それは至高の存在。合法(ry
それはともかく、とにかくそのヴィネット状の台座が凄まじい存在感を放っています。彩色前の原型では赤血球にしか見えなかった足元に散る無数のオブジェも、美味しそうなキツネ色の彩色によって、すっかりドーナツへと仕上がりました。
その山と積まれたドーナツの所々から、何やら気になる物体がポツリポツリ。
化物語シリーズを知る者にとってはすぐに得心が行くであろうオブジェが用意され、ニヤリとしてしまうこと請け合いでしょう。このおかげもあって、ぐるりと回しただけでも満足感が高いです。
忍本体だけ見ると、良くは出来ているものの特に目立った造形ではありません。元イラスト(DVDおよびBlu-ray「第六巻 / つばさキャット(下)」のパッケージ)を忠実に再現している、と評価するのが妥当でしょう。ファンアイテムとしてはとても良く出来ているのではないでしょうか。


それでは個人的に選定したポイントごとに見て行きましょう。

GSC 忍野忍 01

正面からの顔。
アイプリや頬紅の表現を含み、ぽよよんろっく渡辺明夫氏の元イラストをほぼ忠実に再現していて、アニメファン納得の完成度です。
元がザックリとした表現であることもあってか、髪の造形のダルさも全くと言っていいほど気になりません。
安心して忍本人だと確信してprpr出来ますね。

GSC 忍野忍 02

やや右側面に回りこんで。
こちらのアングルからでも、高い精度で再現されていると感じます。文句の付けようがないレベルでしょう。
ただ、ちょっと気になるかもしれないのは、口にくわえられたドーナツ。
たぶんこの写真だと、くわえているというよりも、口に引っ付いているように見えるのではないでしょうか。
忍本体とドーナツは別パーツとして用意され、購入者自らが取り付けて飾る仕様になっているのですが、ドーナツのサイズはかなり小さいですし、取り付ける先は髪がツンツンと尖っている小さな娘のフィギュアなので、取り付けるのになかなか神経を磨り減らされる気がしました。力の加減に気を付けないとどこかしら破損してしまいそうで。
なので、引っ掛かった所で諦めて、深追いしなかった結果がこちらになります。
まあ、小さい部分のでじっくり見ないと気にならないレベルの事ではありますが、非の打ち所が無いに等しかったので、敢えて一言言わせていただきました。
だからって、最初から取り付けられていればいいってものでもないのでしょうけどね。

GSC 忍野忍 03

今度は左側面に回りこんで。
ドーナツを噛んでいるのではなく、ドーナツを口内から生成しているのだと考えたらしっくりきました。忍の口内で再構築されアウトプットされたドーナツとか食べたすぎます。
とまあ、同意してもらえない人も多そうな個人的な変態趣味の披露はともかくとして、どちらから見ても大変に可愛らしく立体化されていてお見事です。こちらからのアングルでは、顎紐の向こうにちらりと見える耳の構図がまた可愛らしくて素敵です。
顎の形状から首に掛けてのラインも、とってもとってもとってもとってもロリ女ー♪(Singing by クッシー)らしさが溢れていて素敵ですね。

GSC 忍野忍 04

少し視線を下げていくと、こちらの耐性を測るべく挑発しているとも思えるような、その容姿には似つかわしくないほどセクシーさを漂わせた、肩をや首元を露わにしたネグリジェ姿というナイスギャップ。左の肩紐が滑り落ちてるとかあざとすぎてもう愛らしいことこの上ありません。
当方、耐性など持ち合わせていない事をむざむざとひけらかして挑発にホイホイと釣られて、色々な箇所から色々なエキスを吸われてしまいたいものです。

GSC 忍野忍 05

やや上部からのアングルにて、ゴーグルなど。
ゴーグルの可視部分は、透明度の高いパーツで実用性が有りそうな出来です。
まあそんな事どうでもいいって思うぐらいに、この角度からのとぼけたように見える表情がたまらなく可愛いので、我慢ならなくなって、吸われる前にこちらからエキスを放出してドーナツがシロップ掛けなるモノに変貌しちゃうなんて由々しき事態が発生する前に次へまいりましょう。

GSC 忍野忍 06

背後に回りこんで後ろ髪を。
前髪以上にザックリとした表現ですが、元イラスト準拠なので全く問題ありません。
バナナに見えたとしても、皮を剥きたくなる衝動に襲われたとしても、ココに皮は無く、どう足掻いたところで剥けませんので、皮を剥きたい人は一緒にお風呂に入ってくれている時に下方を攻めましょう。
ヘルメットの顎紐の右サイドは、この髪パーツの分かれ目の位置に収めていますが、ヘルメットの形状は特に決まった形でしか収まりが悪いワケではなくどうとでもなるでしょうから、これはあくまで参考例ということで。

GSC 忍野忍 07

左側面からの髪とか。
バナナのように見えてもバナナの香りはしません。ドーナツ臭でもロリババァ臭(東方シリーズでお馴染みの少女臭に該当)でもなく、そこにはただPVCと塗料の臭いらしきものが存在するだけですので、誤ってしゃぶってしまって体調を害することの無いよう気を付けましょう。
ワタクシはついしゃぶってしまいましたがね。まあ、慣れているのでどうという事はないのですが、みなさんにとっては危険な一線を超えることになりかねませんのでどうか自己責任で。
それにしても、このアングルからチラ見出来ちゃってる気がする薄い胸元とか、柔らかそうな左腕と掌と指とかもうご褒美すぎて。
忍の体躯をしゃぶって、その身体に染み込んだドーナツ成分を堪能できたなら、今後一生、全てのドーナツを食する権利を失ったとしても決して後悔することはないでしょう。

GSC 忍野忍 08

そしてこのアングル。
どうですかこの、肩から肘裏までの起伏に乏しいラインは。か弱い幼女そのもののボディではありませんか。これで合法年齢だって設定なんですからもう、人間そのものの容姿をした異種族キャラが反則技すぎるだろと表向きに非難されつつも、大きな需要を享受している現実も頷けるというものでしょう。
ネグリジェに寄った皺は、なんだか違和感を催されるものの、その圧倒的ロリ寸胴ボディが提示された以上は些事に他なりません。

GSC 忍野忍 09

そしてこの蠱惑的な素足である。
キュッと締まった膝周りから、ぷりりと膨らみなだらかな曲線を獲得した脹脛と、対比した脛の骨張った直線、そしてまた収斂してく足首の両側に宿った骨の確かな突起。実に、実に理想的な形状を体現した健脚でございますね。危うく写真撮影を行う前にしゃぶり尽くして、塗装を剥げさせてしまいかねませんでした。アブナイアブナイ。
(↑アブナイのはこの人そのものです↑)

GSC 忍野忍 10

気を取り直して台座のオブジェたちをじっくりと見て行きましょう。
まずは、ドーナツを摘んだ包帯に包まれた手。なぜか妙な事にこの腕からは百合臭が漂っている気がします。
その左側にあるのは、巨大なピンク色のリュックサックと思しき物体。まるで忍と同じくロリコン垂涎の噛みまくり少女が背負っていそうな物体ですね。
これらのオブジェも実に良く作られています。どこまでも手抜かり無しです。

GSC 忍野忍 11


正面に回りこんで台座を確認。
明らかに忍の股を覗くための絶好ポイントに位置取ったアホ毛のロリコン王子様はうらやまけしからんばかりなので全力で無視することにして、左下には、そのロリコン王子様によりにもよって純粋な恋心を抱いてしまっているような素振りを見せる、あざとさ一直線の人気衣装であるブルマーや旧スク水を身に付けては世の多くの萌え豚の心を惑わし続ける一方で、実はツボにはまると一番怖いことになりそうな底知れない心の病みを抱えていそうな少女が被っていそうな帽子がありますね。
でもやっぱりロリコン王子様のポジションが気になってぐぬぬですね。けれど、そのアホ毛にはツンドラ蟹娘のステープラーが噛み付いているのでこれ以上の深入りは(命だけでなく色々と大切なものを失ってしまう危険と引き換えになりそうなので)出来ないでしょう。安心安心。

GSC 忍野忍 12

さらに台座を回して見まして。
こちらに見えるのは……何でしょうか。いや、
何でもは知らないわよ。知ってることだけ。
メメさん(断言)は、忍野姓を与えた立場ながら、忍にとっては天敵のような存在なので右手に持ったドーナツであっちに行けとばかりに攻撃されています。(※勝手な解釈)
それにしても翼さん(またしても断言)の前後にフレンチクルーラーらしき物体が用意されているのは、翼さんがフレンチクルーラー派であるという事を暗示しているのでしょうか。


ではここからは、ちょっと横に倒したアングルで何枚か。

GSC 忍野忍 13

GSC 忍野忍 14

GSC 忍野忍 15

このようなアングルの方が、ロリ臭がぷんぷんと湧き立つような気がするのはワタクシだけでしょうか。

それではここで背景を変えて、ヘルメットをパージして金髪を余すところ無く堪能していきたいと思います。

GSC 忍野忍 16

GSC 忍野忍 17

GSC 忍野忍 18

GSC 忍野忍 19

GSC 忍野忍 20

GSC 忍野忍 22

GSC 忍野忍 23

GSC 忍野忍 24

GSC 忍野忍 25

GSC 忍野忍 26

GSC 忍野忍 27

GSC 忍野忍 21

GSC 忍野忍 28

途中で金髪が写ってないけど、欲望の赴くままに撮影したカットなどもありました。
ありゃりゃぎさんがドーナツの隙間から見ている対象は白色である事も確認できました。
最後の一枚は、わずかに窪んだ鎖骨周りの造形がポイントです。
そして、口にくわえられたドーナツも取り外しました。

GSC 忍野忍 29

GSC 忍野忍 30

ドーナツを取り外した口はこうなってます。
ダボ穴と言うなかれ。奥行表現がある口内とか最高じゃないですか。
左端にだけ象られた八重歯、というか牙もいいですね。綺麗に穴が開けられそうです。

GSC 忍野忍 31

さてそれでは、このうらやまけしからんアホ毛が捉えているエデンの景色を確かめようではありませんか。

GSC 忍野忍 32

ふぅ……


GSC 忍野忍 34

以上。
シロップ(※文字通りの意味です)が掛かったドーナツの写真を〆にして、GSC版忍野忍フィギュアのレビューを終わります。

【BGM:ハニー・噛む by マーヤ=サカモト】