「どうせ死ぬならデッドマスター様に殺られたい」

と思っている同志の皆様いらっしゃいませ。

そうですね、その名にふさわしい死を司る彼女なら、望めばもしかしたらその願いを叶えてくれるかもしれません。
その役回りに良く似合う、Sっ気に満ち満ちた、こちらを射抜くような視線を投げ掛ける彼女に蔑まれながら死んでいけるのなら、それもまた幸せですね。(※我々の業界における基準です)

さてそのような、一部の同志を除く大半の人はドン引きするばかりのコメントはほどほどにいたしまして、フィギュア作品としてのデッドマスター様をご紹介いたします。
今回の作品は、当ブログでも昨年(2010年)11月末にご紹介いたしました「デッドマスター -origilal version-」とはアプローチが異なる、アニメーションをベースにした躍動感のある姿が楽しめるお姿となっております。
それだけではなく、アニメーションのデザインに再構築され、担当された原型師さんも違うため、同じメーカーからリリースされた同じキャラクターのフィギュアながら、ニュアンスは大きく異なっています。その違いも含めて楽しんで見ていきましょう。

GSC デッドマスター Anime26

メーカー(販売元)グッドスマイルカンパニー
原型制作かわにしけん(ぐりむろっく!
スケール1/8スケール


まずはパッケージ。

GSC デッドマスター Anime パッケージ2

GSC デッドマスター Anime パッケージ1

このシリーズの特徴といえば特徴なのです……デカイです。
1/8スケールである事は忘れて考えたほうが良さそうなほどです。
躍動感溢れるポージングでただでさえ場所を取るデザインですが、デスサイズ(大鎌)を初めとする細長いパーツがびっしりと平行に並べられ、縦幅だけでなく奥行きもそれなりにある台座が下に収められているので、かなり贅沢にスペースが使われたパッケージになっています。
店からお持ち帰りするにはちょっと覚悟がいるレベルですね。
まあ、これは当初からの予想通りでしたし、逆に小さかったらもっと驚いたところでしたから順当と言えそうです。


続いて8方向より。

GSC デッドマスター Anime 回転1

GSC デッドマスター Anime 回転2

GSC デッドマスター Anime 回転3

GSC デッドマスター Anime 回転4

GSC デッドマスター Anime 回転5

GSC デッドマスター Anime 回転6

GSC デッドマスター Anime 回転7

GSC デッドマスター Anime 回転8

体にひねりを加えた、どの角度から見ても映えるポージングです。
主張しまくってるデスサイズと、主張しまくってる大きなドクロオブジェも見応えばっちりですね。
鎖のパーツが所々にあしらわれていますが、こちらは全て別パーツ扱いで用意されています。細いところもあるパーツですので、組み立ての際には変な力を加えないように注意したいですね。


以下、ピックアップしていきます。

GSC デッドマスター Anime01

お顔については、アニメーションバージョンということで、アニメ絵に準拠している様子です。オリジナルデザインとイメージイラストを手掛けられたhuke氏の絵を元にした個性の強いオリジナルバージョンの顔と比べると、汎用的に可愛らしいデザインとなっています。個人的にはこちらのほうが好きですね。
しかしその独特の虹彩模様は強い眼力を与えていて、デッドマスターたる雰囲気をしっかりと伝えています。
前髪の表現は驚くほど濃密。触った感じはPVC製ですが、よくもここまで細やかに形を出したものだなと感心します。
エッジの利いた手やツノの質感も相まって、非常にクオリティの高い造形が楽しめます。

GSC デッドマスター Anime02

左顔。
その瞳に宿された独特の虹彩模様は、横顔からでも強い主張を見せています。
底知れない恐怖を煽るかのような笑みを湛えた口元も含め、破綻なくステキなお顔を楽しめます。

GSC デッドマスター Anime03

そして個人的に一番そそるのはこの右からのお顔。
まるで相手を意にも介さないかのような、わがまま女王様を連想させるお顔がそこに。
情け容赦なくおイタにしてくれそうでゾクゾクしますね!

GSC デッドマスター Anime13

そんなデッドマスター様も、ちょっと回りこんでみるとやや慎ましやかながら張りのある2つの山を、ぴっちりとした服装によってアピールしているのです。
それでも相手となっているのが、山の低さで定評があるB★RSさんですから、こちらでは戦う前から勝負ありですね。
しかしながらこれだけ見ると、まるでフラメンコでも踊っているかのように見えますね。

GSC デッドマスター Anime14

そして背後からは、艶めかしい白肌の腰回りが楽しめます。その身体のほとんどを覆い隠す衣装であるため、この腰回りの白さがとても映えますね。背筋の窪みがまたセクシーで大変よろしいかと。首筋からのラインがまたステキですし、その首にはチョーカーがハメられているのがまた何ともエロティック。それでいて服をつなぎとめているのが可愛らしく清楚さすら感じさせる白いリボンというのがまた良いギャップを生んでいます。
そして、ぴったりとした衣装によって浮き出てきている形の良い尻がまた素晴らしいこと。
背後からの景観だけでこれだけオイシイのはすごくいいですね。まさに、どの角度から見ても楽しめる鑑賞し甲斐の大きい作品です。

GSC デッドマスター Anime15

上半身を反るようにしたそのポーズは、腰回りの細さを際立たせ、セクシーな姿をより強調しています。
大鎌を振りかぶる状況ながら、これだけ見るとまるで踊っているようなその姿。黒く昏く、毒々しいフォルムを持ちながらも滲み出る、鮮烈な華やかさが感じられます。

GSC デッドマスター Anime04

黒々としたフォルムの中にあって、際立つ腰の白いリボン。
お顔の白さと合わせ、黒衣に覆い隠されつつある少女の可愛らしさ、美しさを主張しているようです。
ええ、白の似合う彼女を黒衣に覆い隠した張本人はまさしく黒衣(ry

GSC デッドマスター Anime05

この位置からも、余裕綽々とした表情が。
でもその手には、とんでもなく重そうなデスサイズ。
このギャップがたまらんですね。

GSC デッドマスター Anime06

さっきとほぼ同じ位置が見えるアングルですが、もうレビュー向けである事を抜きにして楽しんで撮っているので、優しくスルーしてもらえると助かります。

GSC デッドマスター Anime07

上に同じ。

GSC デッドマスター Anime16

頭上から。

GSC デッドマスター Anime17

デスサイズの絵に添えられた左手。
手首の部分にダボが作られ、大鎌を固定しています。

GSC デッドマスター Anime08

鎌の刃も含めて。
オリジナルバージョンでもそうでしたが、このデスサイズのクオリティがまた半端無く高いです。

GSC デッドマスター Anime09

本体と台座は、左足の靴底と金属パーツで繋がる、その一箇所のみです。
金属パーツなので信頼性はありますが、むしろ足の方が自重により徐々に歪んでいってしまうのではないかと心配になります。

GSC デッドマスター Anime18

台座のドクロ大小2点。
こちらも実に不気味な印象が伝わってくる塗装が施されています。際をわざとこすったような仕上げにしているところが芸が細かいですね。
内部は蛍光色の緑色で、不気味に光ったように見えます。

GSC デッドマスター Anime19

ドクロ顔の周りには鎖のパーツがびっしりと。全て別パーツとして組み立てる仕様です。

GSC デッドマスター Anime20

当シリーズではおなじみの、質感溢れる台座は、ヴィネット作品としてもハイクオリティで存分に楽しめますね。

GSC デッドマスター Anime21

暗いところでは見たくないほどのリアリティを有する出来です。

GSC デッドマスター Anime22

ドクロの上で、小躍りするようなポーズが面白い。

GSC デッドマスター Anime23

やはりその胸は慎ましく。

GSC デッドマスター Anime25

その瞳は爛々と。

GSC デッドマスター Anime10

恐怖心よりも、美しい舞を鑑賞する興奮に心踊らされながら。

GSC デッドマスター Anime11

いとも簡単にざっくりと刈られそうな鎌で。

GSC デッドマスター Anime12

デッドマスターは華麗にお仕事をこなすのでした。

おしまい。
(なんだったんだこの流れ)