当ブログは比較的、アルター作品のレビューが多いことに気付いている方はいらっしゃると思います。
それなのに、アルターの看板シリーズと言えるあの作品群は、ほぼ手付かずである事を疑問に抱いている方もいらっしゃるかもしれません。
そう、アルターファンが最も注目している【なのはシリーズ】については、基本ノータッチを決め込んでいるのがワタクシです。

だって、手におえないんですもの。

その凄まじくダイナミックな造形で、多くの固定ファンを生み出し、そのシリーズが販売される時だけは一部の店舗で特別待遇とすら思える大量入荷と売場展開が行われる破格の扱いが為される同シリーズは、フィギュアファンにとって一線を超えてその世界に飛び込んで更なる喜びを得られるかどうかの試金石と呼べそうな存在となっています。
そしてワタクシは、敵前逃亡を繰り返しています。
そして今回、その【なのはシリーズ】としては異色の作品が出てきたので、つい手を伸ばしてしまいました。思いのほかコンパクトなパッケージと、大人しい立ちポーズ。
ダイナミックな造形で鳴らすアルターなのはシリーズを担当している爪塚ヒロユキ氏、田中冬志氏、たなか☆せんう氏、無銘氏の面々に、この「私服フェイト」から加わった槙尾宗利氏。既存の【なのはシリーズ=戦闘シーンの迫力を伝えるポージング】から一転して、日常のリラックスしたポーズを投入してきてくれました。
これでその物量と大胆な構成に恐れおののいていたワタクシも、安心して手を伸ばしてしまうというものです。
――あれ、でも槙尾氏の名前は、とある作品の戦闘シーンを切り取った作品でお見かけした記憶が……

アルター私服フェイト13

メーカー(販売元)アルター
原型制作槙尾宗利
スケール1/7スケール


まずはパッケージ。

アルター私服フェイト パッケージ1

アルター私服フェイト パッケージ2

下にちょろっと見えるのは、同じく私服バージョンのなのはさんを先にリリースしたコトブキヤ版なのはさんのパッケージ。
パッケージは小さくまとめる事が多いコトブキヤですが、この通り、ほぼ変わらない大きさです。厳密に言うと、左右はわずかに大きいですが、前後はわずかに小さく、高さは同じぐらいであり、体積としてはほぼ同一です。アルターのなのはシリーズとしては異例とも言えるコンパクトさです。
パッケージデザインのテイストは、やはり両社のデザイナーの趣向が出ているためかなり異なってはいますが、テーマが同一であることもあって、並べても違和感が少なくなっています。
自分と同じように、アルターのなのはシリーズは大きくてハードルが高いと感じている人にとっては、同シリーズを手にしやすい形態で出てきた事を喜んでいるのではないでしょうか。
これを切欠にして手を出して、今後のリリース作品に対しても歯止めが効かなくなってしまえばいいですよね。


つづいて8方向。

アルター私服フェイト 回転

アルター私服フェイト 回転2

アルター私服フェイト 回転3

アルター私服フェイト 回転4

アルター私服フェイト 回転5

アルター私服フェイト 回転6

アルター私服フェイト 回転7

アルター私服フェイト 回転8

小さな顔に大きな瞳。ほどよく幼児体型と女性らしいセクシーな体型を兼ね備え、長い脚を惜しげもなく晒す短いスカートと太股の組み合わせからは、大人の女性をも向こうに回すほどの挑発的な魅力を覗かせています。
と言いますか、ほぼ正面から見ているだけなのに、もうちらりと聖域が顕になってましたよね。
どれだけおませさんなんでしょうねこの子は。
黒一色のワンピースってのがまた、純真な子供と思えないような、女豹の香りを漂わせているかのようです。
この姿を見た時、将来はどんな女に成長してくれるのだろうとわくわくしたファンも多い事でしょうね。
ま、それはともかくとしてフィギュアのレビューを。オーソドックスな立ちポーズに、作品を知らない人が見たら異様に映るであろう武器(インテリジェントデバイス:バルディッシュ)を後ろ手に提げています。
この組み合わせの妙が、ファンのみならず、女の子×武器の組み合わせが好きな人にも受けが良さそうな構成になっていますね。いかにも可憐な印象のある、お約束通りとも言える金髪ツインテールの美少女なのだからベストマッチです。


それでは細かく見ていきます。

アルター私服フェイト01

お顔。
なのはシリーズのキャラクターと言えば、その大きな瞳。
他でもないハイクオリティなフェイトのフィギュアを最もリリースしているアルターさんですから、もう見紛う事無きフェイトです。
わずかに口角を上げた、柔らかな微笑みがとても良いですね。キリッとした表情をする作品に恵まれたフェイトですが、この戦闘とは離れた日常で見せる自然な、歳相応の可愛らしい表情が素敵です。意識が張り詰めた戦闘中に見せるカッコイイ美しさも良いですが、この顔こそがまさにワタクシが求める美少女像です。可愛い子は笑顔で、さらに可愛くなってほしいものです。こんな子が戦いに駆り出される運命なんて――
そ れ が な の は シ リ ー ズ の 存 在 意 義 で す か な る ほ ど 。

アルター私服フェイト02

左のお顔。
正面からは柔らかな微笑みに見えましたが、この角度からだと、キリリと上がった眉がチラリと見えることもあって、引き締まった表情に見えてきます。
髪の間から丸い耳が覗いているところがまた大変可愛らしい。
前髪と後ろ髪にかけての造形も丁寧に作られていてとても好印象。
軽くひねられたようなリボンの造形も独特の印象が与えられています。つやつやな塗装であるのは個人的にちょっと違和感がありますが。

アルター私服フェイト03

右からの顔。
こちらからはどこか憂いを宿しているかのような表情にも見えてきました。
このように見る角度によって表情が変わり、破綻の感じられない顔の造形はワタクシの大好物です。確かな造形力とハイレベルな表現力の為せる技、と言えるのではないでしょうか。
髪のエッジも、PVC製としては特筆すべきレベルのシャープさですね。

アルター私服フェイト04

やや上から見下ろすように表情を窺うと、今度はその口をキュッと締めて、強い決意を滲ませたような顔が見えてきました。
すごいです。これだけ多くの表情を見せてくれる作品は稀有です。素晴らしいです。

アルター私服フェイト05

背後から。
エッジの効いたツインテールがいいですね。
静止したポーズなのに、なんでツインテールの両側がふわりと上がっているんだという野暮な事は考えなくていいんです。だって、魔法少女なんですからフェイトちゃんは。

アルター私服フェイト06

身につけたワンピースは黒一色で派手さはないですが、だからこそ誤魔化せない造形と塗装。
写真ではやや粒状感が認められますが、肉眼ではもっと黒く見え、ほぼ気にならないクオリティです。闇に沈むようなマットブラックなので、落ち着いた雰囲気を感じさせてくれます。
その上下からのぞく、少女の柔らかそうな白い素肌にハッとさせられます。うなじとか、二の腕とか、太腿とか。

アルター私服フェイト07

ナイチチ!
いや、みなさんご存知のとおりこの10年ほど後には、立派なボリュームに成長していくフェイト胸。ナイチチだってへっちゃらです。むしろ、ナイチチ時代を拝むことが出来る貴重な資料と言うべきでしょう。――資料ってなんだ。

アルター私服フェイト08

出ましたバルディッシュ。
その禍々しいまでのフォルムが、健気な少女の姿を途端に凶悪な魔人であるかのように錯覚させます。
全体はディープブルーの塗装が美しく、どこか宝石のような輝きを放っています。その中央に嵌めこまれたデバイスの核は、表面が透明で、裏に光沢の強い色が入っていて、コトブキヤ版のなのはがクリアパーツだったのとは対照的なセレクトです。この方法だと、光を強く入れなくても明るく輝いているように見えるので、普通に飾る分には見栄えがいいですね。

アルター私服フェイト09

インテリジェントデバイスの柄の先は、ご覧のように鋭く尖っています。取り扱いには要注意ですね。美しい薔薇には刺がある……なんて言ってる場合じゃありませんからコレ。

アルター私服フェイト10

さて、お待ちかね(特にワタクシ自身が)のスーパー美脚拝み倒しのターンがやってまいりましたよ。
もうね、健脚美を兼ね備えてこその美少女ですよね。ぷにっとした健康的な肉があってこそのラブリー幼女ですよね。
ええ、フェイトちゃんは僕らの期待を裏切らない子でした。ありがとう!

アルター私服フェイト11

おいしそう。
この一言でワタクシの思いの丈は全て伝わると思います。

アルター私服フェイト12

ブーツはシワ感も忠実に再現。
艶感の高い塗装が良いと見るか微妙と見るかは貴方次第。ワタクシはマットな方が好きですが。

アルター私服フェイト14

アルター私服フェイト15

むしゃぶりつきたい。
この一言でワタクシの以下略。

アルター私服フェイト16

台座は無色透明の真円というごくシンプルなものに、ブロック体のフォントでシンプルな銘がプリントされています。

アルター私服フェイト17

指フェチにはたまらない幼女指。大変よろしい形です。
爪の塗装は白色。きっちりと白で塗ってくるところはさすがですね。
気になるのは、バルディッシュの柄を通した時に出来てしまう掌への色移りです。まあこれについては仕様上、こうなってしまう運命なのでしょうが。

アルター私服フェイト18

はい、色々な意味で危険過ぎる画ですね。
しかしまあ――すばらしいエデンが形成されているものです。スカートの丈がとても短いので、エデンに到達するのは容易かったです。
でも、心配性の大きなお友達としては、もうちょっと下半身の防御力はアップした方がいいと思うの。そんなに簡単に見えちゃうようじゃ、悪い虫がたくさん寄ってきちゃうから気をつけて欲しいの。
――やあ、悪い虫だよ ヘ(゚∀゚ヘ)

アルター私服フェイト19

ありがとうエデン。ありがとう純白の世界。