タイトルの中に、ドワーフ、という単語を見て「おいおいなんだ、けしからんの中の人は萌え豚だから萌え萌えしたフィギュア作品しかレビューしないんじゃないのかよ、てかよりによってむっさいヒゲオヤジをチョイスしやがったのかよ。どうしまったんだいこいつァ……」と思ってしまったそこの貴方。

この作品を初見する前のワタクシと同じドワーフ像をお持ちのようですね。

はい、ワタクシがこの単語だけ見たら、食指は動かなかったでしょう。
でもね、この単語と同時に見せつけられた姿が、それこそ「萌え豚御用達」っぽい姿だったらどうするね?

――はい、おいしくいただくことにしました。

オーキッド ドワーフ05

メーカー(販売元)オーキッドシード
原型制作OSIRIS(ヘビーゲイジ)
スケールNON(全高約21cm)


まずはパッケージ。

オーキッド ドワーフ パッケージ1

オーキッド ドワーフ パッケージ2

リネージュ、というゲームはやったことがありません。だからドワーフと聞いて、こんなキャラクターは想像だに出来ませんでした。
強いて言えば、そんなMMORPGが存在するということと、そのメインキャラクターであるエルフについては、キービジュアルで見かけたり、同じオーキッドシードからフィギュアが出ていたこともあって、どのようなキャラクターデザインなのかわかったつもりでいました。
ああ、このようなリアル志向なら自分の手を出す領域じゃないだろうなと。
そう、同じオーキッドシードから出ているシリーズ作品のはずなのにエルフはオリジナルデザインに比較的忠実なのです。
まあこのエルフについては、PVC完成品としてはグッスマのワールドイズマインミクを手掛けた【少女植物園】の石長氏が造形を担当されているので、リアル志向のデザインを狙ってやっていらっしゃったのでしょう。
そして「リネージュII」キャラクターのフィギュア化第2弾となるこの作品は、同じリアル志向でゲームファンのハートを再びキャッチ、前作のエルフでその作風の虜になったフィギュアファンも飛びつく――となるかと思ったら、見事な「萌え萌えキュン♪」デザインで登場してきて、ゲームと前作のファンはポカーンとしてしまったのではないかと思ってしまうほどです。
まあその代わりに、美少女フィギュア購買層の多くを占めると思われる萌え豚共(ワタクシを含む)が一斉に飛びつくでしょうから、メーカーとしてはこの方向転換は間違ってなんじゃないかな?
……いや、だとしてもビックリだけど。
とりあえずはこの思い切った方向転換によって、ワタクシが欲しくなるフィギュアとしてリリースしてもらえたことは個人的に嬉しいので、ここは素直にありがとうと言わせてもらいましょう。
などと、パッケージとは関係ないことが長すぎますねすみません。
オーキッドシードさんのパッケージでは常ではありますが、元イラストは掲載されていません。載っていたらかなり違うイメージであることがわかって、面白かったようにも思いますが、浮いてしまったことでしょうね……


では、8方向から見ていきましょう。

オーキッド ドワーフ 回転1

オーキッド ドワーフ 回転2

オーキッド ドワーフ 回転3

オーキッド ドワーフ 回転4

オーキッド ドワーフ 回転5

オーキッド ドワーフ 回転6

オーキッド ドワーフ 回転7

オーキッド ドワーフ 回転8

どこからどう見ても萌え仕様のデザインですね。
ワタクシが持っていた「ドワーフ」というイメージは、ここには微塵も感じられません。
持っている武器こそ弓ですが、それが杖であっても全く違和感がなかったでしょう。
だってこの娘、魔法少女そのもののベクトルに突き進んじゃってるじゃないですか。
杖でこそ無いにせよ、その弓の中心部や、台座にはピンクのハートが施されていて、全体がピンキーに染まっています。まさに、テンプレどおりの魔法少女指向デザイン。
はたまた、そのハートから愛のキューピッドを連想させます。
とてもじゃありませんが、リアル志向のデザイン(=硬派な)RPGで戦闘を行うキャラクターには見えません。
ツッコミどころは多々ありますので、下でじっくりと行っていきましょう。


オーキッド ドワーフ01

お顔。
キュートな萌えデザイン。韓国製ゲームのキャラクターデザインは、日本人からするとややアクが強いと感じてしまう事が多いのですが、この顔は完全に日本の萌え仕様キャラデザそのものですので、この手の作品に慣れ親しんでいる人たちとしては違和感が起こらないでしょう。
むしろ、原作を知らなくても手に取ってしまうほどの、見事なキュートさです。一目惚れです。ええワタクシの事です。
タレ目でふにっとした印象なのが、まるでドワーフという種族のイメージを起こさせませんが、もうそんなのどうでもいいですよね。
いわゆる「君は君なんだ。人種なんて関係ないんだ」という、美しい愛の形です。 <どう見ても面食いなだけです

オーキッド ドワーフ02

横顔。
ちっちゃなお鼻と、やさしく微笑むよう開かれた口が可愛すぎるんですが!
かなりレベルの高い横顔造形です。素晴らしいです。
そして彼女がドワーフという種族であることをちょっとだけ主張しているのが、先端がやや尖ったその耳。これがまた可愛いの何の。
彼女がドワーフで本当に良かった。 <もう洗脳されている
ツインテールを結わえた髪留めは、当然ながら原作ゲームのデザインをキチンと再現しているものです。これがまたキュートに見えてくるのだから、萌え豚は都合の良い生き物ですね。

オーキッド ドワーフ03

随所にピンクのリボンがあしらわれた、キュートこの上ない衣装に包まれたのは、キュートな姿に見合った小振りな胸。まだ幼いと言っても良いくらいの、可憐な少女らしい姿でとっても良いじゃありませんか。
――はい、ここで情報が入りました。原作のプレイヤー情報によると、彼女の実年齢は300歳を超えるそうです。
……いいじゃない見た目が幼く、ピチピチのお肌をしていればそれで、少女って言ってもいいじゃない! てかむしろ、いろいろ都合がいいじゃない!
すいません、大人の事情ですので今のは見なかったことにしてください。
で、ここでもうひとつ注目して欲しいのは、その鎖骨です。実に良い形状です。じっくりと舐め回すように眺めたいいやむしろ実際に舐めてその凹凸を舌で楽しみたいです。
すいません、ここも社会的に危険な香りがするので見なかったことにしてください。

あ、いつもどおりでしたか。じゃあ既に実績があるという事で、問題ないですね。

オーキッド ドワーフ06

左側から。
はい、どうですか。
――どうですかと聞いているんです。この腋と横乳の光景についてです。
はいそうですね、エデンですね。
じっくりと舐め回すように眺めたいいやむしろ実際に舐めて(以下同文
この角度から見る鎖骨も、まるで胸の谷間、ができるほどボリュームがあるのかはさておき、そちらに向かって切れこんでいくかのような深い窪みがもう、性的過ぎて素晴らしいです。
あと、随所の塗装がとても丁寧で、綺麗な仕上がりのため印象とても良いです。

オーキッド ドワーフ07

そして背後に回りこもうものならこれですよ。
なんでしょうこの恰好――裸エプロンですよね?
そうとしか見えないくらいに、とんでもなく性的な後ろ姿です。誰ですかドワーフさんにこんな衣装をあてがったのは。まったく、けしからん種族ですなぁ。
さて、ドワーフ族の世界へ婿入りするにはどうしたらいいのでしょうかね?

オーキッド ドワーフ08

もうね、この背筋とか腋とか!
一日ではぺろぺろしきれないほど、どこもかしこも魅力的で困ります。まったく、ペロリスト泣かせな身体をしていらっしゃいますねこの娘は! (嬉し泣き的な意味で)

オーキッド ドワーフ09

背後から見るツインテール。
いやもうどこまでもキュートでいらっしゃいますね。
首にまでリボンを付けるとか、あざといくらいに可愛さアピールしてますが、もうね――可愛いのでオジサンは全面的に許します! いいぞもっとやれ! むしろリボンブラにしちゃえ!

オーキッド ドワーフ10

大胆に開いた背中と、首のリボン、そしてこの尖った耳。
今までにないデザイン記号の組み合わせに、ワタクシは感動を禁じえません。
生まれてくれてありがとう、ドワ娘さん。

オーキッド ドワーフ11

スカート部分は2層になっていて、下層は半透明の素材で作られています。
どこまでもハートがたっぷりで、もう見ているコチラまでハートが奪われそうですよ。
てかもう、とっくに奪われているのは上の文章からも明白ですね。

オーキッド ドワーフ12

足元。
なんということでしょう。ドロワーズです。
このキュートな少女のフトモモが拝めないではありませんか!

オーキッド ドワーフ13

いやでも、ドロワーズと言えば魔法少女のお召し物として基本のもの。
やっぱりこの娘は魔法少女じゃん、と思えて仕方ないです。
まあでも、大胆極まる上半身でしたが、下半身ぐらいは不可侵の世界として残しておいた方が、神秘的な少女の身体という、想像力を掻き立てる題材として価値のあることなのかもしれませんね。
この、ボテボテッとしたフォルムの向こうに、どのような肉が形作られているのか、想像するのも楽しいではありませんか。

オーキッド ドワーフ14

気を取り直して、足元を見ていきましょう。
ここもやっぱりピンク。リボン付きの靴であります。
台座とはこの左足の底だけで固定される形なので、やや心許ない仕様です。長く飾る予定の人は、本体が倒れてこないように接着を施したほうが良いかもですね。

オーキッド ドワーフ15

そして忘れちゃならないのが、この弓パーツです。
実によく出来ています。やたらと見栄えがいいです。
オーキッドシード作品は、以前から小物パーツのレベルが総じて高いです。単品販売しても人気を博すのではないだろうかと思うほどです。

オーキッド ドワーフ16

近くで確認すると、これだけ作りこんでいます。塗装も雰囲気バッチリ。
矢は右手の人差指と中指に挟むように固定しますが、特にそのための穴が空けられているわけではないので、ググっと押し込むようにしなければなりません。力の入れ方を誤ったり、別のところに力を加えてしまって、どこかを破損しないよう気をつけましょう。

さて。
先程は足元のドロワーズが神秘的な少女の股間を包み込んでいて、それはそれで良いじゃないかと言いました。
でも、なぜかそのドロワーズに亀裂を発見してしまったのです。
なんということでしょう。

オーキッド ドワーフ17

ディスカバリー股間のお時間がやってまいりました!

オーキッド ドワーフ18

ドワ娘さんのフトモモを発見! 感動のあまりに打ち震えております我が股間。

オーキッド ドワーフ19

そしてドワ娘さん禁断の股間がそこに顕になりました!
なんですかこの尻肉はっ! 愛タッチしていいですか?!

オーキッド ドワーフ20

――もうね、このエデンが美しすぎてね。
もうすっかりワタクシの魂はドワーフ族の部落へと飛んでいってしまったのですよ。
今夜はこの股の間に顔をうずめて寝ることにしました。うん、やらざるを得ないでしょコレ見ちゃったら。

オーキッド ドワーフ21

もうとことんやりますよ。ドワ娘さんのすべてを見ちゃいますよ!
スカートは単独で取り外せないので、上半身のパーツ丸々取り外してますから、とても飾れたものではありませんが、レビュー用にそこだけフレーミングした写真をご提供します。
ちゃんと、少女らしいちょうどいい感じの肉つきのウエストとフトモモ。そしてちゃんとおヘソもあります。飾る際に隠れちゃうのがもったいなくてたまらない出来です。
ちょっと残念なのは、ドロワーズのパーツが右側からだけ開く仕様のため、何度か取り外したり取り付けたりしていると、左側の末端にやや強く圧力が掛かり、写真でも判るように脚に後が付きやすくなります。
気をつけて丁寧に取り付け取り外しをしましょう。ワタクシは興奮を抑えきれないあまりに焦って、丁寧さが足りないせいでこうなってしまい、彼女をちょっとだけキズモノにしてしまいました。美しい少女の素足をキズモノにしてしまうなんて、罪深い事です。深い後悔に包まれております。

オーキッド ドワーフ22

だけど、こんなお尻を拝めるとあっては、焦る気持ちが勃発するのも仕方ないですよね!
なんですかこの付け根の深淵は。けしからん、まったくけしからんですぞ!
しかし、改めてこの造形が通常では拝めない場所にあるというのがなんとももったいなく感じてしまいます。
ですが見えないところに、これだけ気合を入れてくる心意気にはスタンディングオベーションを送りたくなります。
そして拍手したその時、ワタクシの股間はスタンディングしてマスターベーションモードだったりするので、もうガッカリですね。

オーキッド ドワーフ23

さて、再び気を取り直しまして例の弓を確認しましょう。
このように分離します。取っ手のところを、左手の穴に通すようにして、その中央で左右を連結するようにして固定します。
左右は対称のように見えますが、中央のパーツとダボの形が異なっていますので、ちゃんと左右は違うようです。取り付ける際には確認してから取り付けましょう。
弓は全面がプラスチック製のようですが、矢の棒は金属製のようで、強度があります。

オーキッド ドワーフ24

台座はこのように、かなり凝った作り。
といいますか、幼女向け玩具にしか見えないですね。とても、大きなお友達と呼ばれる年齢層向けの製品とは思えない見た目です。
こういうところに妙に力を入れてくるあたりが、個人的には好印象です。
その代償と言うべきか、そこそこの価格の製品にはなっておりますが……

では以下フリースタイル写真。

オーキッド ドワーフ25

オーキッド ドワーフ26

オーキッド ドワーフ27

オーキッド ドワーフ28

以上、オーキッドシードのドワーフでした。

こちらのドワ娘さんも可愛さはちきれんばかりでしたが、個人的にはかのドワーフさん娘さんもイチオシの可愛さです。さくらさん可愛すぎるよさくらさん。


LineageII ドワーフ (ノンスケールPVC塗装済み完成品)LineageII ドワーフ (ノンスケールPVC塗装済み完成品)

オーキッドシード 2011-01-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools