正直、舐めてかかってました。

いや、物理的に舐めていたんじゃなくて。
まあそれはそれで、やりたい欲求がないでもないんですが、ともかく、ここまでとは思っておりませんでして。

シーナは個人的に好きなビジュアルのキャラクターでして、ルミナスナイツの服装が見慣れていることもあって、あのスタイルを含めてのシーナというキャラクターという印象が強く、それらを脱いだ水着姿となると、違うキャラクターとして捉えてしまいそうだと感じていました。
そう言うのも、この作品がオフィシャルサイトなどで案内が開始され、目にした際のファーストインプレッションが「これ、ホントにシーナ?」というもの。
ゲーム内では見慣れない姿なので、ピンと来なかったのです。羽帽子のワンポイントが目に付きましたし、立ち姿は堂々としていましたし、視線はまっすぐ前を向いていました。
こんな、恥じらいに頬を染めて俯き加減に身をよじる、しおらしい姿は頭の中で作られているシーナのピースにきちりと嵌らなかったのです。

結果として自分の、固定観念への囚われやすさと、想像力の乏しさに唖然とすることになったのは言うまでもありません。

その心境の変化を――こんな自分のヘタレな感性をも揺るがすそのメッセージ性の高い作品であることが、このレビューで少しでも伝われば幸いです。

MAX_SEENA23
メーカー(販売元) マックスファクトリー
原型制作 菜々子(監修:智恵理)
スケール1/8


もう今すぐにでも舐めて掛かりたい(物理的な意味で)ほどの素晴らしいお姿ですが、まずはパッケージをご覧ください。

MAX_SEENA_パッケージ1

MAX_SEENA_パッケージ2

この作品の元イラストは、Tony氏描き下ろしとのこと。どうりで見慣れない姿だったはずです。だからといって、シーナに見えないとか思ってしまった理由には成り得ませんが。
夏らしい爽やかな色合いに、珍しく透明な部分にデザインが施されているタイプです。なかなか面白いですね。
素直な立ち姿なので、縦長のパッケージとなっており、設置スペースは小さいです。


続いて、8方向より。

MAX_SEENA_回転1

MAX_SEENA_回転2

MAX_SEENA_回転3

MAX_SEENA_回転4

MAX_SEENA_回転5

MAX_SEENA_回転6

MAX_SEENA_回転7

MAX_SEENA_回転8

もう、なんでしょうねこのポーズ。
――素晴らしいとしか言いようがありません。
なんでシーナがこんなに可愛いの? じゃなくって、女の子らしいの? でもなくって……うーむ、とにかく、ゲーム内とは別のベクトルでキュートさ大爆発しています。
すごく女の子らしくて、すごく可愛い。
ルミナスナイツ団長として振舞う毅然とした凛々しい姿など、どこにも見受けられません。ただ年相応の振る舞いをする、健気で可愛い女の子です。
カッコよくて勝気な女性、という固定観念が、彼女がこのような姿を見せることを想像させなかったのです。
ええ、ファン失格ですねこれでは。


なんだか、作品の評価をしているというよりも、自分の出来損ないっぷりをひけらかしているようにしかなっていないので、気分を変えてピックアップに移ります。

MAX_SEENA01

まずは上半身。
柔らかい笑顔と、柔らかいであろう健康的な肉体。
戦地とはとても似つかわしくない、平和の象徴であるかのような優しい微笑に、すさんだ心が救われそうな気分です。
頬は淡く赤らんだ表現がされていて、恥じらいの感情があることを思わせます。
左側に流れる前髪が、ちらりと振り向いた瞬間であることを思わせ、動きがあっていいですね。毛先もシャープで良く処理されています。
胸から腹周り――は、以下にこれでもかと書きますので、ここでは割愛。


MAX_SEENA02

やや下から見上げるように。
アイプリントはとても綺麗。
そして、口元の表現が非常に柔らかい印象を作っています。わずかに膨らんだ唇の表現が絶妙で、本当に素晴らしい。
自分ごときの写真では、それが余すところなくお伝え出来ていないのが残念でなりません。
ビキニに包まれた胸の形も実に美しいですね。小振りながらハリがある、美乳とはこの事を言うのだと断定しても良さそうなほど。


MAX_SEENA03

横顔。そして横乳。
バッチリです。自分基準で完璧です。
前髪に少し隠れた先から視線が来るとか、もうゾクゾクしますね。
そして横乳。いやむしろその上の、肩から乳に向かっての、盛り上がった筋肉の形がもう素晴らしいことこの上ないのですよ。
よくぞここまで表現してくれました、と感涙してしまいそうになるほどです。


MAX_SEENA04

この角度からは、鎖骨がクッキリと形作られているのがおわかりいただけるでしょう。
よく引き締まった彼女の肉体は、セクシーな部位が実に良く顕れていて見所は尽きません。


MAX_SEENA05

この角度なんかもうね……もうね!
ニヤニヤしっぱなしであることは仕方のないこととお察しください。


MAX_SEENA06

最高です。もう語彙が尽きました。


MAX_SEENA07

そしてどうよこの美腹。
今年は何度も唸らせていただいている、マックスファクトリー謹製の素晴らしい腹造形です。
どうしてこんなにキュートなおへそなの?
もう素晴らしすぎて、もう素晴らしいとしか言いようがありません。


MAX_SEENA08

ぐへへ……


MAX_SEENA09

うひゃひゃ……

MAX_SEENA10

……もうセクシーすぎて鼻血が出血多量になって死んでもおかしくないんですが、マックスファクトリーさんはどう責任を取ってくれるんでしょうかねぇ?
肉体表現がここまでリアルかつ緻密となると、本能的な欲求が抑えられなくなっても仕方ないというもの。
なだらかな腹の肉付き、腰の肉のだぶつき、肘の突起、その全てが確かな女性の肉体美を表現しきっており、視線がことごとく惹きつけられます。
まったく、とんでもないフィギュアを作ってくれたものですね!
本当にありがとうございます!!


MAX_SEENA11

そしてこの美脚である。
すらりと伸びていながら、女性らしい丸みも確かに感じられるこの完璧な造形。
このリアリティ溢れる造形が量産品のものであるとか、にわかには信じがたいのですが。


MAX_SEENA12

もうね、ことごとく完璧すぎるだろと。
足の角度、指の形、くるぶしとアキレス腱の表現など、どこまでも抜かりのない造形がされています。


MAX_SEENA13

なんですか、爪まで精巧に造形されてるこの素晴らしさ。


MAX_SEENA14

もう、今すぐにでも踏んでもらいたいのですが!


MAX_SEENA15

美脚の上には、当然のように美尻があるわけで。
全体的に引き締まった肉体ながら、やっぱりここは柔らかそうですね。これでいいんですこれで。ここはちゃんとほどよく脂肪が付いていなくてはならないのです。これこそ健康的な乙女の身体です。
――と、変態の偏見たっぷりで断言します。


MAX_SEENA16

ね、文句の付けようもない美尻でしょう?


MAX_SEENA17

軽く絡められた人差し指に、乙女の恥じらいの感情を読み取るのは容易いです。こんな確かな造形をされていたのでは。
そして、なんでしょうねこの膝裏表現は。
歴代の購入フィギュアでもベストが来たかもしれません。膝裏大スキーなワタクシが、膝裏表現の最高峰だと自信を持って評価する出来です。


MAX_SEENA18

そしてこの肩甲骨である。
肩甲骨表現を期待しながら、今ひとつのフィギュアも多く見ましたが、これはクッキリハッキリと造られていていいですね。
ただこれは個人的に満足いくほどではないです。もっと内側だけせり出すような表現をして欲しかったです。
ただ、他が申し分ないだけに敢えて言いたくなっちゃうだけで、それは贅沢というものでしょう。自分の理想型がオカシイだけなのかもしれませんし。


MAX_SEENA19

そして極みは、胸の頂点に突起が見て取れることです。
もうなんでしょうね、この表現への妥協の無さは。


MAX_SEENA20

MAX_SEENA21

MAX_SEENA22

最後に、ちょっと表現を変えた写真で〆。

兎にも角にも、PVC作品で女体を表現する上での最高峰を見せ付けられた気分です。
初見では「これ、本当にシーナなの?」でしたが、最終的には「うん、シーナ最高! 女体最高!!」になってました。シーナであることを確信するよりもまず、こんなに可愛くて素晴らしい肉体をもった娘がシーナだったら素晴らしいじゃん! という思いがはちきれんばかりに盛り上がったから、シーナだと信じたほうが間違いなく幸せだと思うことにしたのです。
こうして、適応力に乏しいワタクシも、この兎にも角にも素晴らしい肉体美を有した女の子を、シーナであると確信するに至ったのです。
シーナかわいいよシーナ。


これからは、正義感が強く、凛としていて、美しくもカッコいい側面のシーナに惚れるだけなのはやめます。
恥ずかしがり屋で、しおらしくて、美しくも可愛らしい側面のシーナに惚れました!
これからはそう――身体目当てでシーナを見るようにします!!


いろいろごめんなさい。