人気美少女ゲームブランド【Key】の作品としてリリースされた『リトルバスターズ!』から、特に人気の高いキャラクター《能美クドリャフカ》にスポットが当てられたスピンアウト作品「クドわふたー」が発売されたのは先日のこと。
再びこの作品に注目が集められる中、もとは一般作としてリリースされた当作がアダルト要素を含んで改めてリリースされた「リトルバスターズ! エクスタシー」から、一般作では登場していなかった“アダルト担当”のキャラクター《朱鷺戸沙耶》が、メガハウスのブリリアントステージシリーズにてリリースされました。

メガハウス朱鷺戸沙耶01
メーカー(販売元)メガハウス
原型制作 梓零(ガンドール)
スケール1/8


さっそくその大きく覗いた肌色のたわわな隆起に目を奪われてしまうところですが、まずはパッケージから。

メガハウス朱鷺戸沙耶 パッケージ1

メガハウス朱鷺戸沙耶 パッケージ2

基本的にはブリリアントステージシリーズ共通のデザイン。
朱鷺戸沙耶は金色の美しい髪がトレードマークですので、同系色を背景に使ったシャインイエローなパッケージは遠目にも目を引くでしょう。


それでは8方向から。

メガハウス朱鷺戸沙耶 回転1

メガハウス朱鷺戸沙耶 回転2

メガハウス朱鷺戸沙耶 回転3

メガハウス朱鷺戸沙耶 回転4

メガハウス朱鷺戸沙耶 回転5

メガハウス朱鷺戸沙耶 回転6

メガハウス朱鷺戸沙耶 回転7

メガハウス朱鷺戸沙耶 回転8

一見すると、オーソドックスな立ちポーズで、躍動感はほとんどありません。
動の中の静、を切り取ったポーズと言えるでしょう。
元気いっぱいなキャラクターではなく、華麗にもしたたかに相手を狙うキャラクターらしい魅せ方ではないでしょうか。
大きくはだけられた肌の露出がなんともセクシーで目を引きます。ブラジャーしてないとか挑発的すぎますね。痴女です、間違いなく痴女です。
しかしながらそれだけでなく、破れかかったスカートから大胆に覗く太股もまた大変にセクシー。性的な香りをふんだんに振りまいています。
どの角度から見ても強い主張を感じさせる、美しいながらも鋭い視線が更にぐぐっと魅力を引き上げています。
キャラクターの特性を良く捉え、魅力を充分に出せているのではないでしょうか。


それではピックアップしていきます。


メガハウス朱鷺戸沙耶02

アイプリントは元イラストの雰囲気をキッチリと再現する高いクオリティ。平坦な印象は受けますが、仕上がりが良いので悪い印象はありません。
口元は軽く両端が上がり、不敵な笑みを湛えています。
髪の処理はややダルさを感じますが、塗装の色合いが良いのでやはり悪い印象は感じません。
いやそれにしても、シャツを押し上げたボリューム豊かな胸の先にうっすらとしたものが……気になるところですが、そこは後のお楽しみで。


メガハウス朱鷺戸沙耶03

腹。こちらもセクシーな仕上がり。
適度に鍛えられているであろう肉感のある腹の、なだらかな凹凸が肉体の中央にあることで、上下にあるアピールの強い肉塊の主張を分離させず、引き締めています。
いやまあそんなのはともかくとして、腹フェチのワタクシとしては単体で充分に楽しめますごちそうさまです。


メガハウス朱鷺戸沙耶04

破れたスカートから覗く、スレンダーながらむっちりとした肉感も含んだ太股。それが、ホルスターの革紐によって締められ、少し窪んだ表現がまたセクシーさを引き立てています。
そして、破れたスカートの先に覗く白。惹き付けられる要素がふんだんに散りばめられていて、精神衛生上よろしくない眺めです。


メガハウス朱鷺戸沙耶05

縦アングルで膝周りも。
健康的な白いハイソックスは、のっぺりした仕上げでやや物足りません。他の要素が強烈なだけにこちらを注目してしまうと目立ちますが、ここは不問としましょう。もっと他の魅力に注目していくべきです。


メガハウス朱鷺戸沙耶07

靴。それほど細やかに造形されてはいませんが、まあまあ雰囲気は出ています。


メガハウス朱鷺戸沙耶08

アオリ構図をひとつ挟んで。


メガハウス朱鷺戸沙耶09

手のひらと膝裏。
特にこの手のひら。なんと手相が刻まれています。これは凄い。
こちらは左手ですが、銃を持つ右手にもやはり手相が刻まれています。この細かい仕事は驚きました。
飾っているときに手のひらに注目することはまず無いでしょうが、ここにこれだけ手を掛けるということが、良いものを作ろうというこだわりと信念を感じさせてくれ、印象をグッと引き上げてくれます。
手フェチにとっては願ってもなかなか巡り会えない造形のため、ここは高ポイントになるでしょう。
膝裏の形状も特別なものはありませんが、良い感じに仕上がっています。

メガハウス朱鷺戸沙耶10

ホルスター。実に細かく造形されていますし、塗装も上質。こういった細かいところから丁寧な仕事を感じ取れるのは良作の証。素晴らしいです。


メガハウス朱鷺戸沙耶11

そして銃と右手。
メタリック感を感じさせてくれる塗装に、やはり細かなディティールが見事に作られていて素晴らしいです。
こうなるとさも当然のように、爪にはきっちり塗装が乗っています。


メガハウス朱鷺戸沙耶12

銃は取り付け方式のため、取り外せます。
やや丸みがありすぎるかなと思いますが、雰囲気を損ねていませんので悪くはないでしょう。
他がこだわりのディテールのため、銃を構えて注目されやすい指が、間接造形がなく寸胴なのはちょっともったいない気がしますけどね。


メガハウス朱鷺戸沙耶13

メガハウス朱鷺戸沙耶14

髪の造形は全体的にややダルいですが、毛が分かれた表現や、さらりと流れる表現は良い雰囲気に仕上がっています。塗装も綺麗なので、近距離でじっくり見るのでもなければ充分な出来と言えるでしょう。


メガハウス朱鷺戸沙耶15

改めて腹回り。
そして、たわわな下乳。
――いよいよです。このフィギュアの隠された真価が顕になります。


ディスカバリーおっぱい。

メガハウス朱鷺戸沙耶16

これぞ、メガハウス作品の(個人的判断による)真骨頂。
クイーンズブレイドシリーズを筆頭に、鍛え上げられた乳首造形がここにも投入されておりました。
素晴らしい。本当に素晴らしい乳首です。
なお、シャツは柔らかい素材ながら、ここまでひっぺがすには一部接着された部分を剥がさなければなりません。同様のことをするのは自己責任でお願いします。

メガハウス朱鷺戸沙耶17

しかし個人的には、この乳首や腋や腰のくびれを拝むためには、接着部をひっぺがすことなど悩むまでもないことでした。接着し直そうと思えば出来なくもなさそうでしたし。
豊かなボリュームがありながら、ハリのある形状の良いバストの頂上に、ツンと上を向いた乳首。若々しく健康的な女体の最も美しい姿がそこにあります。

メガハウス朱鷺戸沙耶18

いやぁ見事な形です。乳首の色の乗せ方も職人技と呼ぶべき絶妙な配色。メガハウスおっぱいここにありと言って良いでしょう。

メガハウス朱鷺戸沙耶19

もう何枚似たような撮影をしても飽きませんね。何度でも拝みたくなるような神々しさを感じる造形です。
ありがたやありがたや。
腋の造形や、腰のくびれに至るラインも垂涎の出来。通常では隠れているのがもったいない素晴らしさです。
沙耶の表情が自信満々に「どう、綺麗でしょ?」と言っているようで、これまたたまりませんね。
ナイス痴女。ビバ痴女。
ありがたやありがたや。
(痴女、はワタクシの勝手な妄想です。沙耶ファンの皆様には、痴女呼ばわりしてしまい申し訳ございません)


メガハウス朱鷺戸沙耶20

パンツ。ソックスと同じく清潔感溢れる純白。
しかしながら、その中央下部にはただならぬけしからん雰囲気を醸し出す窪みがひとスジ。


メガハウス朱鷺戸沙耶21

後ろから。
やはり、確かなスジが渡っていますね。いやーまったくもってけしからん。
本当にありがとうございました。
スカートの全部に破れた表現があり、角度限定ながらフラットな視点からでもパンツは容易に覗けますが、全体を眺めるには真下から覗き込むようにしないとならない、意外と手強いガードです。
スカートは接着されていないようで、腰に向かって上へずらすことはできるので、取り除くことも出来るでしょうが、さすがにこちらは裁断しないとならないようでしたので、ワタクシはやりませんでした。作品性を破棄するのはなるべく避けたいですし、チラリズムも重要ですから。


メガハウス朱鷺戸沙耶22

改めて銃を単体で。
細かいところまで精緻な造形です。


メガハウス朱鷺戸沙耶23

台座は、白一色の丸型に、エンボスで作品のタイトルが刻まれたシンプルなもの。
右足一点で支えるためのダボ付きパーツは分離可能です。


総評としては、見事なお仕事ぶりを見せ付けられて大満足の品でした。
しかしながら、買って、じっくり見ていかないと気づかないようなディテールに見所が多く、逆に、パッケージ越しで感じ取れる点は、地味さが先行しているような印象でした。他が良いだけに、髪の造形にシャープさが掛けるのが実にもったいない印象でした。
真価は、手に取ってから発揮される、隠れた価値の多い作品。
Keyおよびリトルバスターズ!のファン、そして朱鷺戸沙耶のキャラクター単体としてのファンだけでなく、アダルトな要素を含む、女性の肉体の美しさを求めるフィギュアファンには是非、手に取ってもらいたい作品と感じました。ワタクシ自身がまさにそうなので、きっと得るものがあると思います。

いやぁ、ごちそうさまでした。