お花畑とは失礼な、と関係者の反感を買ってしまいそうですが、お花畑の超豪華版というのが伝わりやすいと思いましたので。

さて、最近は更新する記事の半分、レビュー記事の更新頻度を上回るペースで作っている、野外撮影オフのレポを、今回も行ってまいります。
今回のオフはワタクシめが身の程知らずにも執り行わせていただきましたものでございます。

ええ、期待に応えるgdgd進行でしたとも。

参加者の皆様はさぞやきもきされたかと存じますが、少しでも楽しんでいただけたのなら嬉しく思う次第です。

今回は、京王本線の調布駅から、JR吉祥寺駅、さらにはそこからもう少し先にまで徒歩で移動するという体力勝負の長丁場をけしかけ、心身ともにタフな皆様方のおかげて無事終了させることができましたことを、ここに御礼申し上げます。

では、恥ずかしながらワタクシの撮影した写真をここに並べさせていただくことといたします。

ゆっくり霊夢は持ち帰りましょう

さて、今回メインに据えた舞台は「神代植物公園」
鉄道駅からは、どこからもそれなりの距離があるという、徒歩ユーザはご近所様しかいないと思われるロケーションの場所。
こちらを選んだのは現在、注目の【春のバラフェスタ】が開催中であることが理由です。開催期間中は、通常9時半開演のところを8時に切り上げて開演するとのことなので、開園直後を狙って新宿を7時頃に集合し、現地に向かいました。

調布駅と神代植物公園間はワタクシの想像を超える距離で、最短ルートを通ったはずにも関わらず、8時をやや過ぎての現地到着となりました。


はい。現地の様子をお伝えする会場の全体写真は撮影し忘れました。幹事という大役に前後不覚へと陥りそうになっていたので仕方ないとご勘弁願いたいところなのであります。

すいません、幹事職を半ば放り出してフリーダムに動いてましたが。
参加者の皆様の心強いサポートと鋭い空気の読みっぷりに感謝です。

で、さっそく本題の写真から入りますです。
のっけからバラ園に行ったので、まずはバラの写真から。


赤バラ

いかにも、といった赤が映えるバラが、撮影しやすい位置に咲いていましたので、まずはこちらで撮影しました。

赤バラと梨花

赤バラとミク

赤バラとメルセデス1

基本ミスマッチですが、そんなの関係ねぇ。美しければそれでいい。
――被写体が美しいけど写真が美しくないって? そりゃ申し訳ね……
それぞれのシーン脳内設定を披露すると、梨花ちゃんのは「暗澹たるブラッディローズ」、ミクのは「どっちが可愛い?」(歌っているのではなく、おすまししている姿に見立てています)、メルセデスのは……単にメルセデスを撮りたかっただけです(ぉ


次いでバラ園を巡り、いかにも撮影スポットらしい場所にハート型の花輪が作られていたので、そちらを利用させてもらって撮影。

バラの環とミク

バラの環とメルセデス

バラの環ととアリス

もうね、アリスの可愛さが異常すぎて、ワタクシのハートもキュンキュンでしたのよ。ピンクのハートがこんなに似合うなんて反則なんだから!

まあ改めて今見直してみると、輪の形がハート型という程でもないんじゃないかと思いますが、そんなの脳内補完でハート型だと思い込んじゃえばそれでいいじゃない!

ご都合主義万歳なのであります。


続いて、今度はいかにも花壇っぽいところへ移動しました。

フレンチラベンダー1

香草として有名なラベンダーの花が咲いていまして。

フレンチラベンダーとミク

ワタクシの脳内では、歌っているんじゃなくて、カメラの前でおすましポーズを取っていることになっているボークスのアンコールパッケージミクさん基本形を撮りました。
記念撮影用としてはすごく向いている気がします。本来の、歌っている姿だと考えると違和感あるでしょうが。
ええ、とことんご都合主義ですから。

フレンチラベンダーと霊夢

前々回からナビゲーター役として使っている「まめしき霊夢」も使いました。博麗交通のバスガイドさんとでもしておきましょうか。

フレンチラベンダーと蜂

ミツバチも吸い寄せられる素敵な香りが漂っておりました。さすがは芳香剤の定番となっているラベンダーですね。


なんぞこれ

ラベンダーの咲いている場所からちょっと先にこんな、ムスカリの化物のような花がありました。綺麗と一概には言えないような独特の風体をしております……

なんぞこれと諏訪子

とりあえず、どこでも出現する諏訪子様が降臨された。
これ、ちょっとしたスペルカードみたいですね(何

なんぞこれとミク

「これ、意外とおいしそうじゃない?」
ぽっぴっぽーミクさんだったら、美味しいジュースに仕立ててくれそうですね。
――何ィ、花は対象外だってェ?!


百合

先程の花はユリ科でしたが、こちらは見慣れた百合の形で安心感が。
残念ながら、百合百合なシーンをこの前で繰り広げるようなフィギュアは持参しておりませんでしたので、そんなことはやりませんでしたよ。

百合とアルパカさん

今回の参加者で、唯一この植物公園のことを事前に知っている(幹事であるお前が知らないとかどんだけ、というツッコミはありがたく頂戴いたしますよ)ということでナビゲートしていただいた「Garo」さんが、野外撮影時に最大頻度でお使いになるらしいアルパカさんを撮らせていただきました。
どうやら花ソムリエのようですね。いろいろな花の香りを楽しんでおられました。


少し離れたところには、木陰となっている場所がありました。
そこには「優希」さんがお持ちになっていた「グウェンドリン」が。

グウェンドリン1

グウェンドリン2

ワタクシは超広角と中望遠のレンズで撮影を楽しませていただきました。


少し歩いたところにあった沢を背景に、こんな写真も撮ってみました。

白い花と川

超広角マクロというのも楽しいですよ。かなりレンズを選んじゃうのが難ですが。


このあたりで神代植物公園の回は終了。
なぜか充電したばかりのはずの電池が、いきなり「電池容量がなくなりました」と液晶に表示されて、早くもワタクシの中で終了のゴングが鳴らされたっぽい境地に陥りましたが、この後なぜか復活。よくわかりませーん。


そして今回のオフ会の個人的メインテーマであった「シロノワール」お食事会です。
これは、シロノワールが出てくる「コメダ珈琲店」が神代植物公園の比較的近くにあることと、いつも撮影オフに参加させていただいていて、野外撮影の師匠と呼ぶべき「ledmb4da」さんが縁深い店&ソフトクリーム大好きっ子ということで、名古屋人ホイホイの「シロノワールオフ」を裏テーマとして開催した次第なのでした。

コメダウインナーコーヒー

これからシロノワールでソフトクリーム充をするというのに、その前にホイップクリームがドカッと鎮座したコメダ式ウインナーコーヒーをいただきます。
合わせて食べるのは小倉トースト。名古屋の喫茶店の味を心ゆくまで堪能します。

そして、奴らが登場するのです。

シロノワールの大群

なんとも壮観。
幹事としては目的が達成できて、思わずニヤリな瞬間でした。
比較的甘いものがお好きな方々にお集まりいただけたのも幸いでした。甘いものが苦手で、根本的に受け付けず気分を害してしまったのでは元も子もありませんでしたものね。


さて、シロノワールをおいしくいただいて(もちろんシロップも全て掛けました)から、次は吉祥寺に向かいます。
吉祥寺に向かった理由は、コメダ(三鷹上連雀店)からだと京王本線よりも近く、名物スポットである「井の頭恩賜公園」もあることから選択しました。
井の頭公園で何か撮れるかも? と淡い期待を持っていましたが、そこは超有名スポット。ワタクシ自身幾度となく足を運んでいた(野外撮影はしていませんが)ので想像通りではありましたが、とても野外撮影が出来るような場所ではありませんでした。見知らぬ他人を撮るならいくらでも、ですが。あいにく、それには興味がございませんし、肖像権やらプライバシーやらいろいろうるさいでしょうからこちらから願い下げでございます。

で、このまま終わるのでは消化不良ではないかと考え、こちらに代わる場所として「善福寺公園」を提案し、そちらに移動することにしました。

善福寺公園は吉祥寺駅から徒歩20分程度とそこそこの距離で、吉祥寺よりワタクシの住居に近いので、井の頭公園以上に足を運んでいて、来園者がまばらであることと、水辺が楽しみやすいことから提案をした次第です。
とは言え背景にできそうな魅力あるポイントは思い付かなかったので、行き当たりばったり状態でした。背景に使える良い被写体があればいいかなーと。

結果、惨敗でした。目を惹く被写体がほぼ無く、空は曇り光が足りなくなっていました。
こうなったら、撮影の方向性をガラリと変えたり、普段撮ろうと思わないものを撮ったり、突発的なシャッターチャンスを待つしかありません。


まずは撮影の方向を変えてみます。

ドール@善福寺公園1

暗い背景をシックでゆるやかなグラデーション背景として使います。
こちらはだいぶレンズのパワー(中望遠の大口径レンズ)の恩恵をあずかっているので、微妙な条件でも印象的な画になってくれます。レンズ様様です。
ちなみにこちらは「@りえす」さんの娘さん。


ドール@善福寺公園2

続いてもドール。
手前が優希さん家の「トウカ」さん、後方がledmb4daさん家の「詩亜」さん。
と、これだけ見ると奇妙で意味深っぽい画になっていますね。それぞれの娘さんのイメージをねじ曲げてしまっているようでしたらごめんなさい。
トウカさんの跳ねっ毛カワユス。こんな奇妙な写真だけじゃなくて、もっとかわいい雰囲気の写真も撮ってあげたかったです。今になってかなり後悔。
詩亜さんはワタクシも幾度となく撮らせていただいているように、美しくセクシーでありながらも可愛らしさたっぷりの娘さん。こんな役回りは可哀相でもありますが、その美しい黄金色の長髪を印象的に写したい欲求もありましたので、かなりトリッキーではありますが、この一枚を撮影させていただいた次第です。
――とは言っても、このマッチングはたまたまです。狙ってセッティングをしたわけではありません。ledmb4daが、トウカさんがベンチに座っているその直後で詩亜さんのメンテナンスを行っているところを、構図として拝借したまでです。だから、元々この組み合わせに裏設定などはありません。ワタクシが勝手にでっち上げたものですので、特に気にしないでください。
どう捉えるかは個々の自由でございますが。


続いては、普段撮らないようなものを撮るコーナー。

シュウマイくん

Twitterでお馴染みの「しゅうまい君」キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
こちらは「らいそん」さんがお持ちになったもので、コミティアで購入されたとのことでした。
ついったらー達に対するネタとしては最高のアイテムですな。
正式には「しゅうまいぐるみ」と言うらしいです。
らいそんさんがお持ちになったもので、ワタクシが撮らせていただいたものがこちらだけなので、これだけ見るとネタ要員の供給者っぽくなってしまうので訂正させていただきますと、大変可愛らしいドールもお持ちでしたのよ。
また、Xperiaを使って目的地までの徒歩ルートをナビゲートもしていただき、地図も持参していなかったダメ幹事を強力にサポートしていただきました。徒歩で長い距離を移動する上でルートを間違えるのは死活問題でしたので、そうならなかったのはらいそんさんのおかげ。大変助かりました。

続いては、こんなのいかがでしょうか。

諏訪子@善福寺公園1

諏訪子様と公園のテーブル。
これだけ引いて撮ることはあまりないので、新しい表現を開拓する上でこういう機会は必要です。
基本的には先程のドール写真と同じく、強い光が使えないのを逆手に取り、暗めのグラデーションを背景にしました。

諏訪子@善福寺公園2

そのままでは座りポーズを維持出来ない諏訪子様のために、ゆっくり霊夢が働いていたりします。
こんな表情をしていても、そのベースは巫女さん。神様に対してはヨイショする気満々なんですよ――きっと。

諏訪子「あーうー。ちゃんと支えるのよ霊夢」
霊夢「ゆっくり自立していってね!!!」

――やはり本意ではないらしく(ぉ


そして、シャッターチャンスがやってきたり。

善福寺公園の猫1

すーぱーぬっこぬこたいむ。
夏の日差しも陰り、安穏とした夕刻前。そりゃ猫じゃなくても気持ちよく眠っちゃいそうなものですよ。
それを証明するかのように、一方その頃、参加者の「弾次朗」さんはしばし夢の中だったようです。

善福寺公園の猫2

と、猫が起き上がりました。

善福寺公園の猫3

「こっち見んな」

まあ、猫からしたらこっち撮んな、ですから、そんな事考えるのは筋違いでしょうね。


と、ここで今回の写真はネタ切れです。猫の写真で〆とか、流れがおかしいですよね。

そんなワケで、使用しているカメラ「K-x」(ペンタックス)に内蔵されている機能の一つ「デジタルフィルター」を使って、ちょっと違う印象に仕上げた写真を掲載します。使用するフィルタの種類は2つ。

まずは「ソフト」。写真を淡い印象に仕上げるものです。以前も使った写真を掲載しましたが、特に春の花の写真にはうってつけの印象に仕上がると思います。

ソフトフォーカス作例2

ソフトフォーカス作例3

ソフトフォーカス作例4


続いては「トイカメラ」。こちらはトイカメラ特有の、周辺光量と解像力それぞれの低下を「味わい」として利用するための機能。周辺まできっちりと写せるよう設計された一眼レフのレンズからすると、せっかくの性能をわざと低下させることになるのでもったいない気もしますが、そこは味付けをわざと加えるのだと割りきって使いましょう。独特の雰囲気がある写真を作るために。

トイカメラ作例1

トイカメラ作例2

トイカメラ作例3

トイカメラ作例4

こういったデジタルフィルターで遊ぶのは楽しいです。見る側としては謎印象かもしれませんが、撮影をもう一段階楽しめる面白い機能ですので、これらの機能が搭載されたペンタ機ユーザ他、同様の機能が使える場合には積極的に試してみてください。


ではここで今回のオフ会のレポートを終了いたします。
改めまして、参加者の皆様はお疲れさまでした。提案しましたオフ会にご参加いただき、大変嬉しく思います。


〜〜〜 参加者一覧 〜〜〜
◆ ledmb4da さん 【AZURE Toy-Box
◆ 弾次朗 さん 【Dollfan.jp
◆ 葉月佑 さん 【ふはフィギュアのふ
◆ 優希 さん 【今日も明日も願い事
◆ @りえす さん
◆ らいそん さん【Raison D'etre
◆ Garo さん
◆ 自分

今回の行程(徒歩)