みんな待ってたケツがやってきた! ようこそケツ!(失礼極まりない挨拶)

ええきましたよケツフィギュアが。
帰宅したら配送品の不在通知が入っていて、依頼主が「ホビージャパン」になってて、ホビージャパンの通販はコレしか頼んでなかったワタクシとしては「え? 今日なのコレ。マジで?」と思った次第です。この前のメガホビでは無彩色展示でしたし、このシリーズはもとよりアルターは発売品がずんずん延期する悪循環にハマっているようですし、こちらの作品もずいずいと遅れるとばかり思い込んでいたのです。
なにより、その日は4月1日ですし……

しかし企業がそんなお茶目な、仕掛けられた方はイラッとしかしないエイプリルフールネタを投下するはずはございません。
そう固く信じながら、郵便局(ゆうパックなので)へ自転車を走らせた次第です。時間は既に23時を過ぎておりました。
開いたばかりの桜が吹き飛ばされそうになるほどの暴風を切り裂いて。

ブツを無事受け取り、帰宅途中。巻き上げられた砂塵に目眩ましを喰らい、自転車の操縦を誤って横転しそうになりましたが、大事な大事なケツは既に我が手にあるため、拝み倒す前にコケて壊してしまうなんてこと、絶対にあってはなりません。自然の妨害にどうにか耐え、ケツを守りぬいて帰還を果たしました。

――とまあ、端的に見ると妙な誤解を抱かれそうな文ではございますが、ワタクシが変態であることに違いはないので良しとします。

それではイッちゃいましょう。みんな待ってた正義のケツです。

水着十兵衛自由02

みんな待ってたっていってもコレ、通販限定販売ですし、さらには個数限定の抽選販売だったりもするワケなので、残念ながら抽選に外れてしまった人や、そもそも最初からこの作品の通販があることに気付かないまま申し込み期限が過ぎていたなんて人もいるかと思います。
ですので当然、ここでレビューをやったところで、見てくれた人が「じゃあ買ってみよう」と思えども正規の方法ではもはや購入することは出来ないのです。
なんて嫌がらせなレビューなのでしょう。
もしもこのレビューを見て、おあずけを喰らった気分に浸らせてしまったのならごめんなさい。悪いのはワタクシではございません。

悪いのは、このとってもけしからんケツなのです。
まったく罪な奴だなぁと。

すいません、とっとと次の写真に行きます。


メーカー(販売元)アルター
原型制作 乙山法純
スケール1/8


いつもながらにパッケージから。

水着十兵衛パッケージ正面

水着十兵衛パッケージ側背面

通販限定ということもあってか、赤の単色により刷られています。店頭で目を引かせ、印象を良くする必要はありませんので最小限の体裁として作られたような感じですね。それでもきっちりデザインしてますけども。

続いて、4方向――と思わせて9方向を。個人的に角度ごと随所に見どころたっぷりだったので、細かく刻んでみましたよっと。

水着十兵衛回転1

水着十兵衛回転2

水着十兵衛回転3

水着十兵衛回転4

水着十兵衛回転5

水着十兵衛回転6

水着十兵衛回転7

水着十兵衛回転8

水着十兵衛回転9

もうね、いろいろと武器を持ちすぎですよね。
鋭角的な得物を2つに、女の肉体的な諸々が……

以下に、個人的にツボったアングルを撮影したものを。
20枚以上あるとか、ツボが何個あるんだよと言われそうですが。
いやいや、これだけフェティズムを刺激する部位が満載では仕方が無いだろとしか。

水着十兵衛自由01

どう見てもパイ○リです、本当にありがとうございました。
――っていきなりそれかい、と言われそうですが、いやいやこの位置に棒が挿入されているとしたらもうそうとしか。
まったく、けしからんばかりの乳ボリュームですな。
男勝りに見える勝気の色に染まった瞳と、女性らしい優しさをたたえたやわらかく微笑む口元が良い組み合わせとなっている表情ですね。とってもよろしい。適度に散らされた髪はふわりと軽そうな印象になっていて、刀の柄は見事な意匠再現度。もうこのあたりはアルターさすがですと言いたくなるお仕事っぷりですね。すごいのが普通、というのがすごいアルター作品の真髄を見せ付けられます。

水着十兵衛自由03

どう見てもハ○イズリです。大事なことなので二度言いました。

水着十兵衛自由04

大口径単焦点レンズの優位点を活かして、絞りを開放付近にして思いっきり前後ボケを。
サンプル時より懸念していた胸の谷間の処理ですが、やはり刀がはめられているところのパイ肉がごっそりと削がれているような仕上がりとなっているので、ややエグいです。数少ない残念な点がここでした。
しかしながら、隙間はほぼ埋められているので、強い違和感こそありませんでしたので無難に処理をしてくれたな、とは思います。
できることなら、刀を押し戻さんばかりにパイ肉が盛り上がってくれていると素晴らしかったのですが、まあそれは高望みなのかもしれませんね。

水着十兵衛自由05

けしからんばかりのパイを横から。
わずかに先端が形成されているのを見て取れます。
このさりげなさは素晴らしい。このリアルさが、ソレが天然モノであることを想像させてくれます。

水着十兵衛自由06

さらにアップ。絶景かな絶景かな。

水着十兵衛自由07

そして股間に吸い込まれるように突き刺さる棒状のモノ。
しかも、わざわざヒモの間を通しているとか、十兵衛嬢の棒好きっぷりが窺えます。すっかり扱い慣れているんでしょうね。

水着十兵衛自由08

特筆すべきポイントのひとつが、この膝造形。
ここまで膝の皿がガッツリと形成されているフィギュアは初めて見ました。素晴らしいです。こういう随所にリアリティを詰め込んでいるので、肉体も生き生きとして感じられます。

水着十兵衛自由09

そして、このフィギュア最大のポイントは間違いなくここでしょう。
そうです、このフィギュアはケツなのです。間違いありません。あってはなりません。
実に、実にけしからんケツです。実に、実に、実に最高です。
そして、膝の造形が素晴らしければこちらも当然といったように、膝裏がまた素晴らしい。これもサンプルを見て期待していた点ですが、いやもうバッチリと期待に応えてくれました。そりゃもう嬉しいのなんのって。
パイの谷間造形が懸念でしたが、サンプルを見て「この後姿ならそれだけで8000円を払う価値がある」と確信して通販を申し込んだので、その確信を裏切らないアルターの仕事には本当に感謝です。

水着十兵衛自由10

なんということでしょう。このケツの突き出し方ったら。
そしてこの、見事なムチムチぷりんっぷりは。
いやはや、もうなんつーか……最高です。
ボキャブラリーが貧困だとかそんなのどうでもいいです。もう、ここまでされちゃったら最高としか言えませんので。もうそれしか言葉が残っているとしか思えませんので。Most of Topですから。

水着十兵衛自由11

それになんですかこの腰のくぼみ。
程良く鍛えられた腰から尻にかけての筋肉が、背を反らせることによってキュッと盛り上がった形状。まさにそれですね。いやぁ、セクシー極まりますな。いやもう最高です。最高なんです。
肉体フェチとしてはもう言葉が他に見つかりません。至高です。

水着十兵衛自由12

け  し  か  ら  ん
だが、それがいい! すごくいい!!

水着十兵衛自由13

長くて太くて黒い棒を跨ぐとか、十兵衛嬢は淫乱娘としか思えないシチュですね。
い  い  で  す  と  も
淫乱かわいいよ淫乱。 <日本語として間違っているヨカン
そして、精巧に作られた指先。きちんと爪も成形されて、うっすらとピンクに塗られているとかいやほんとさすがですねアルター。
肘の関節表現とかも特筆ものです。それをごく当たり前のように作っていて、他に見所がまだたくさんあるために目立っていないあたりがすごい。
野球で守備の職人が、ファインプレーをファインプレーに見せないのが職人たる所以てなことが言われますが、これはそういった類の職人技ですね。

水着十兵衛自由14

だからなんなんでしょうかこの腰の辺りの肉体表現。想像を上回るエロスに、深夜でも息子が寝付いてくれないこと必至でしたよ。

水着十兵衛自由15

そりゃ指の腹でついーと、くぼみに這わせたくなるのは致し方ないことでしょうよ。

水着十兵衛自由16

こりゃもう初詣よりも気合入れて参拝する他ありませんでしたし。
ここぞとばかりに、古の礼儀作法である「ムッシュムラムラ」を放つのでありました。
何度拝んでも拝みきれないほどの御神体っぷりを見せ付けられて、股間のムッシュが高らかに天を仰ぐのでした。

水着十兵衛自由17

いますぐこの棒を自分のムッシュと取り替えたい……そう強く思い馳せるのであります。

水着十兵衛自由18

今すぐにでも棒をムッシュに(ry

水着十兵衛自由19

にしても本当にエロ過ぎるだろコレは!!
棒にモザイクを掛けたくて仕方ありませんでしたが、どうにか自重する理性が残ってくれました。もう道を踏み外す一歩手前だったことは間違いありません。
道を踏み外すとどうなるのか、は敢えて聞かないでください。恐らく、聞いた側も聞かれた側もお互いに後悔することでしょう。

水着十兵衛自由20

そして膝裏の弩アップ。
いやあもう、大きさが同じなら頬摺りするか舐めるかの二者択一しか思い浮かばないほどの蠱惑的な美しさ。
こんなん見せられたら、どこまでも変態思考に突き進んでしまいます。
仕方ありませんよね……にんげんだもの。 [み○を]

水着十兵衛自由21

髪飾りとして使われているらしい、刀の鍔っぽいモノ。モチーフが十兵衛ですから、眼帯ですか。これまた高精度の造りでございます。いやあお見事ですあっぱれです。

水着十兵衛自由22

首周り。胸の谷間がマイナス点とは言っても、これだけのクオリティを見せ付けられたらもう文句は言えませんね。
すいません、最高です。

水着十兵衛自由足元

足元。やっぱり爪にまで彩色が施されています。やっぱり、なのがアルターです。まったく恐れ入ります。

水着十兵衛自由台座

台座のデザインは、赤一色のクリアパーツにエンボス加工を行ったもの。特徴もインパクトも少なく、見所満載のフィギュア本体とは対照的とも言えますが、むしろあくまで台座として脇役に徹し、さりげなく彫り込まれた意匠で雰囲気の底上げをするというチョイスが、なるほどちょうど良かったのかもしれません。


以上、変態極まるレビューになりましたが仕方がないですよねこんなの見せつけられちゃったら。
こんなにも素晴らしいものを入手できて、本当に嬉しく思います。感謝、感謝でございます。
こちらは枕元に鎮座してもらって、毎夜拝んでから就寝、毎朝拝んでから起床を行う所存です。きっと素晴らしい一日になるでしょう。

今日も一日、妄想日和♪