今回は無謀にも二日連続でフィギュア撮影&レビューを敢行したので、時間も気力も足りてません。なので、簡単なコメントだけ書いていきます。
いつもレビューとして必要のないことばかり書きすぎているので、たまにはこういうのもいいでしょう。
撮影時にそれなりにイメージは込めているつもりなので、言葉にしてわざわざ提示する事もないでしょうし。ワタクシの意図と、見た人の感性から弾き出された印象は異なるでしょうから、変に印象を固定化させない方が楽しめるかもしれませんし。

それでは以下にサクッと掲載していきますよ。
まずはお気に入りの一枚をピックアップ。

椎名さん06
メーカー(販売元)オーキッドシード
原型制作 新居興介(新居興業)
スケール1/7


続いてパッケージ。

椎名さんパッケージ1

椎名さんパッケージ2

ジオラマ風味なので大きいだろうと予想していたら、意外なほどコンパクトにまとまってました。ただ、台座が後ろに入っている分の奥行きはあります。

それでは、一枚ずつ補足コメント程度に。

椎名さん01
フトモモさいこーです。

椎名さん02
ふわりと浮き上がったツインテールからいい香りが漂ってくる幻想が。

椎名さん03
やっぱり良い雰囲気のフィギュアです。デコマスと比べると首の角度に違和感有りですが。

椎名さん05
台座に施されたヒビの表現がなかなかにリアルでステキな雰囲気を増しています。

椎名さん07
可愛らしくも凛々しい横顔もステキ。剣の柄も意匠が凝っています。

椎名さん08
そして何と言っても縞ぱむです。素晴らしいの一言です。

と、さりげなく縞ぱむのチラ見せを主題に撮影した写真が多めでしたがいかがでしたでしょうか。ワタクシがデコマスを見たときから熱狂して、発売を心待ちにしていた理由が少しでも伝わったでしょうか。

椎名さん足蹴

そして今回も広角レンズにてお遊び。ワタクシのキカンボウを気の赴くままに踏みつけていただきたいものですよ。


おまけ。

椎名さんの縞ぱむ比べ

コトブキヤのシーナと合わせて。
表裏一体の両者。どちらの姿が本当の彼女なのでしょうか。
いずれにしても、縞ぱむが似合うステキな娘であることには代わり有りませんが。それだけで良し。

ついでにそれぞれのパッケージを重ねてみたり。

椎名さんとシーナさんのパッケージ比較

コンパクトなコトブキヤのパッケージと比べても遜色ないコンパクトさ。やや奥行きがあることを除けば、よくもここまでコンパクトに収まったものだと唸ってしまうほど。押し入れのスペース的な意味でこれは大変に嬉しい誤算でした。

このフィギュアについては、他のレビュアーさん達もおっしゃっているとおりデコマスからのデザイン調整が裏目に出ている気がしましたが、個人的にはそれぐらいでは色褪せない魅力に溢れるフィギュアになっていると感じました。
本当に今年のオーキッドシードは良くやってくれたと思います。今年を締めくくる集大成の作品として、確かな結果を出してくれたことに喜びを感じるとともに、来年のさらなる飛躍への期待も高まりました。

シャイニング・ウィンド 椎名夏音 (1/7スケールPVC塗装済み完成品)
シャイニング・ウィンド 椎名夏音 (1/7スケールPVC塗装済み完成品)
オーキッドシード 2009-12-17
売り上げランキング : 370

おすすめ平均 star
star台座を含め完璧なフィギュア
starこれは。。。凄い。
star作品を知らない方でも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools