魔法少女リリカルなのはA's」TBSにて放映開始記念だから、と自分に言い訳をして、アルターのヴィータを買ってきたでござるの巻。

一年の時を経て、TBSでの放映開始直前のタイミングを待っていたかのように再販が始まった当作品。一時期、中野ブロードウェイのまんだらけで18,900という鬼プライスを弾き出した、秀作のひとつです。
原型師の魂をそのまま形にしたかのような完成度、感性度共にハイクラスな造形と、妥協を許さない緻密な彩色で、量産型のPVC完成品ながら原型師の個性を活かし、目的を遂行させ、一般的な売れ筋記号に媚びへつらうことなく邁進し続ける【アルターイズム】は、万人受けや原作の再現性などからは一歩距離を置くことになりがちなため、販売される絶対数は比較的少なくなるものの、そのクオリティとバリューの高さに販売後しばらく経ってから気付いた人たちが購入を希望する率が高いため、中古の価格が高騰し、再販されることも多くなっています。
特に、同じく「なのはA's」のフェイト・テスタロッサは2度も再販されたにも関わらず、未だに中古市場では元値の倍を付けるような状況です。

今回のヴィータについて、ワタクシが再販分を買うことになったのには、大きく2つの理由があります。
ひとつは、新作販売時は上で言ったような「原型師の個性」によるアウトプットが、ワタクシのイメージと合わなかったこと。特に目元。
あと、その少し前の期間にYujinから出ていた、カプセルトイのヴィータもそこそこの再現性だったので、それで満足したつもりになっていたのもありました。

まあ、今となっては「危うくこの素敵な作品を所有しないままになってしまうところだった」と思う次第なのですが。再販されずに15,000超とかだったらさすがに買えませんでしたし。

そんな複雑な心境を下地にして、今回のレビューを進めていこうと思います。
メーカー(販売元) アルター
原型制作田中冬志
スケール1/7


ではパッケージから。

ヴィータ_パッケージ

新作時との違いなどは解りません。アルターのなのは系は統一されたデザインですが、ダイナミックなポーズの作品が多いため、総じて箱が大きいです。それでも先述のフェイトや、八神はやて、スバル・ナガシマ辺りに比べれば小さい方でしょうが。

で、真っ当なレビューだと最低でも正対してから回転して、4方向からの写真を掲載するのですが、やっぱりワタクシはいきなり本題に入ります。いろんな角度からまんべんなくチェックしたい人はごめんなさい。過去作だからいくらでも情報が出てくると思うので、いろんなレビューサイトさんのところに行ってチェックしてきてくださいね。今回も投げさせていただきます。
その代わり、ちょっと他では見られないような仕上がりになっていると思いますので。期待に応えられるかは解りませんが、ガッカリはさせないつもりです。

と、引っ張ったところでこの一枚から。

ヴィータ01

とっても楽しそうに見える角度からの一枚です。
このイメージを活かす写真にするには絶対照度が足りず、少し暗くなってしまったのが残念ですが、相変わらず照明と背景を合わせても3000円以下という貧相な環境のため、どうかお許しください。そして脳内補完を大盛りでお願いします。
わずか4枚しか持っていない和紙背景の中から今回は黄色をチョイスしました。なんとなく月のように見える背景です。
ヴィータのアクセサリーがウサギだから。それだけの選択理由です。

二枚目は左側面へ。

ヴィータ02

短くはないスカートからちらりと覗く、白くて小振りな膝が可愛らしい。こういうチラリズムがそそります。短ければいいってもんじゃないですから。
これだけ横に回り込むと、ボリュームのある前髪で表情が隠れてしまうのが少し残念です。

ヴィータ03

三枚目は後ろから。
今回は3個ある付け替え可能なデバイスから「ラケーテンフォルム」を選択しました。ハンマーだと味気ないし、ツェアシュテールングスだと大きすぎるので。
背後から注目したいのは、三つ編みの後ろ髪と、腰に巻かれた特徴的なリボンのなびいた形。これが、ダイナミックなポーズのテイストを底上げし、まさに「動作の途中を切り取った」ような印象に仕上げています。
こういった細やかな味付けが、とてもアルター作品らしいところですね。

ヴィータ05

改めて反対方向から、デバイスをご覧ください。
こんなので殴られたら、間違いなく痛いですね。痛い、で済めばまだいいんですけど。

ヴィータ04

ここで一枚、お気に入りのアングルを。
ちらりと見える鋭い眼光が、ヴィータの心に宿った強い意志を感じさせてくれます。

ヴィータ06

こんな重そうなものを持っているのに、白くてぷにぷにした腕がたまりません。

ヴィータ07

その腕で、こんなものを持っちゃうんだから、ヴィータは恐ろしい子。

ヴィータ08

こんなにも大きなブツを振り回してもなお、実に楽しそうな可愛いモンスター少女。
これがゴルフクラブだったらお似合いなのにね、とか言われると、パンヤのパッチ当てMADを幾度となく見たくなるので、ほどほどにしてくださいね。

ヴィータ09

それにしても、少しは自重しなさい。まだこんなに小さいのに、こんなにも大きいモノを(ry

それでは、他では見られないような一枚をここで投入。

ヴィータ10

こういうのがサマになる造形のフィギュアって、なかなか無いですから。
広角撮り(35mm換算焦点距離27mm)をやってみました。
状況としては、コソーリとパンツを覗き見ようとして、気付かれて、今まさにフルボッコされそうなところ、とでもしておきましょうか。
笑ったような口元が見えないので、切れ長の瞳がマジ怖いです。

ヴィータ11

ここで、このフィギュアを飾る上での大きなポイントをひとつご紹介。
このように右足が、台座と固定される形になっているのですが、他に支える部分はありません。あれだけの大きさの身体とデバイスを、素材が軽いとはいえ、この横向きの右足だけで固定することになります。
台座と右足の間の白い接合パーツは、右足とはかなり長いバーで取り付けることになるので、意図して抜かない限り外れることはないでしょうが、問題は台座と接合パーツの間です。
これが、結構短いバーなので、ちょっと動かしただけで外れそうになります。全重量が前屈みに掛かっているので、ちょっとした拍子で前に倒れてしまうことでしょう。
もしも長期間飾るのであったり、仕舞い直す予定がないのであれば、台座と接合パーツの間に接着剤を塗布して固定するのが望ましいでしょう。そうしないと、いつのまにかヴィータが転がって、汚れたり壊れたりしてしまうかもしれません。大きな事故に発展する前に、小さな犠牲は払って老いたほうがいいかもしれません。

ヴィータ12

ヴィータが転んでしまうと、こんなところがさらけ出されて、思わず穢してしまうかもしれませんので。くれぐれもご注意を。

といったところで、背景とライティングを変えて、お気に入りショットを並べてみることにします。ほぼ同じアングルなんですけども。

ヴィータ13

ヴィータ14

ヴィータ15

ヴィータ16

カッコヨス。
暗闇背景と、シャドー部を深く落とした写真が大好物なので、またこんなんばかり撮ってました。
一枚目はさりげなく、デバイスの部分に別の白色LEDを当てて光らせたりしてます。この一枚だけで30分くらい掛けた気がします。
完全に自己満足の世界ですけれどね。


以上、とってもカッコイイ仕上がりのヴィータでした。購入するつもりが無かったぐらいだったのに、いざ撮影を始めてみるとこんなにも盛り上がることになるとは、さすがにアルター作品の魔力は凄まじいです。