Yahoo! が提供しているブログパーツ「Yahoo!ログール」というものを当ブログにも装着してみました。
正直なところ、昨日までこのサービスのことを全く知りませんでした。己の情報弱者っぷりを思い知らされましたね。
そもそも、Yahoo!を天気予報とスポーツニュース程度でしか利用していなかったのですが……これでもかってくらいにGoogleを頼っていたもので。
アクセス解析もYahoo!のサービスを利用し始めましたが、競合するGoogleのサービス「Google Analytics」と比べても、検索キーワード関連の情報が充実していたので、個人的に見ていてより楽しめるサービスだと感じます。

さて、この「ログール」というサービスなんですが、正直なところ内容がよく掴めていません。でも面白そうなので、見切り発車で取り付けました。

このサービスを知ったのは、とあるSEO関係のサイト(発見したのは仕事中なんですけどね)で紹介されていたからでした。なので、当然SEOの側面からも注目すべきサービスのようです。
ただし気になるのは、SEOとしては必ずしもプラスにはならないかもしれないこと。
このログールというサービスは、Googleが発行しているPageRank(インターネットサイトの重要度を10段階で評価し公開しているランキング)で5〜7のランクを持っていて、しかも“nofollow”(リンク先を評価しない)にされていないため、ログールに参加すると自動的にログールに登録したブログへリンクが張られ、その“リンクジュース”(リンクの栄養素とでも思ってください)が登録したブログに流れ込み、評価が上がり、結果的に検索でも上位に表示されやすい「重要度が高いサイト」になることができるっていうんです。
まあもちろん、そんな甘言は信じちゃいけませんけど。
当然のことながら、いくら相手が重要度の高いサイトであっても、そのリンク数が多ければ分散して、ひとつ当たりの取り分が減ります。例えれば、そのサイトが1000点を持っていたとしても、リンク相手が10なら100点もらえるけれど、500なら2点しかもらえないという、そういうことですね。
それはSEOの基本中の基本なので、SEOを意識したことのある人なら誰もが知っているでしょう。ワタクシも個人サイト運営時代の、相互リンクを持っていた頃から知ってました。

それどころか、このログールというサービスが行っている方式だと、足跡スパムというグレーな業者の温床になるだとか、アフィリエイターの巣窟になっているとか、PageRankをアップさせるどころかサーチエンジンが規定する上での“不正行為”と見なされてペナルティ対象になって逆にダウンしちゃうこともあるとか、いろいろ問題が起こる場合もあるようです。

そういうのをひっくりめて、面白そうなので採用してみた次第です。
このブログをやっている上でのワタクシ本来の目的は、いろいろ試して遊んで楽しんじゃおう、ってことなので。アクセスアップはそんな目的のための一要素でしかありません。どちらかといえば、アクセスがアップした場合にどんなキーワードで訪れる人がいるのか、そのバラエティが増えるのが楽しみなんです。
まあ、サイト運営側としての活動期間が10年超にもなると、そんなスタンスにもなりますよ。もちろん、サイト運営を営利目的としない場合に限りますけどね。
営利目的なのは、いろいろ骨が折れるのでやりません。ただでさえ現在は、仕事でそんな立場にいるんですからねぇ。

さて、SEOとしての観点で見なかった場合、つまり閲覧者側から見たときにこのログールというサービスの面白いところは、全くの第三者でも特別なツールや技術を用いなくても、そのブログのアクセス状況や、管理者の動向が垣間見えちゃうことです。ワタクシの場合も、ブログに表示されているログールのパーツ上に表示されたワタクシの名前をクリックするだけで見られちゃいます。恥ずかしー
まあこの「最近おでかけしたサイト」の項目は、ログインしている間に訪れたサイトしか表示されないみたいですけど。なので、訪れたことを他人に見られたくないサイトに行くときにはログアウトしておけば良かったりします。キッズgoo並に安心ですね。

それと、ユーザー同士がつながるSNS的要素もこのサービスにはあります。これがアフィリエイターの巣窟になっている理由のひとつではありますが、まあそれはそれで。
どこかのサイトにも書いてありましたが、ワタクシはこのサービスで「ファン」になってくれた人には「お気に入り」登録をします。こちらが「お気に入り」登録をすれば、相手の「ファン」になります。つまり、対等な関係になるって事ですね。
ワタクシは有形無形問わず、貸し借りが嫌いな性格なので、相手から貸しが来たら可能な範囲で即座に返します。このサービスについては無料で苦も無く即座にできるので、サックリと返してあげます。相手がアフィリエイターだろうが何だろうが構いません。ファンになってあげますとも。そこにはこれっぽっちもファンとしての要素はこもっていませんけどね。(相手も同じでしょうから一向に構わないでしょう)


それでは、今日もしこしこブログを弄びましょうか。