日曜は主に散歩をしていました。
午前中はちょっとだけ杉並にお邪魔してましたが、午後はずっと練馬。
大泉学園あたりと平和台あたりと江古田あたりを。
かれこれ6駅分くらい歩いているじゃないですか。

大泉ではインクが出なくなったプリンターをハードオフに捨ててきて、そこから平和台へ行ったのは、PCデポに行きたいと言っていた同行者の意向に沿うもの。連日、アキバのパーツ屋を見ていると、逆に郊外の電器店が新鮮に感じます。
そして、平和台に隣接する早宮地区をうろうろしていたら「早宮公園」を見付け、そしてヘンナモノを見付けました。

早宮公園の馬1

不覚にもワロタ。
正直、これだけ見たら「なんじゃこりゃ」ですよね。
何かしらエクスタシーを感じている様子ではありますけど。

何なのか分かりやすいように、横から見てみることにしましょう。

早宮公園の馬2

これならわかりますよね。違和感はあるでしょうが。

初めて見ました、練馬区内で馬のオブジェ。
練馬区に在住する馬好きとしては、感動の邂逅です。
こんな奇天烈なポーズを決めてはいますけども。

このままだと変態にしか見えないので、カッコイイ感じのものも撮りましたよ。

早宮公園の馬3

まあ、カッコイイと感じるには、尻が突き出されて玉袋が垂れ下がっている所を注目しないことがポイントですけど。

ちなみにこのオブジェは、練馬区のオフィシャルサイトにも載っていますが。

練馬区 野外彫刻事業

見事なくらいに女性のヌードばかりのラインナップに、発情しているとしか思えない変態馬が混じっているのが面白すぎるでしょーが。
こんなんが選ばれちゃっているのを、早宮の住人がどう思っているのか聞きたい気がします。

そしてこの早宮という地名は「鉄腕バーディー」の報われない系ヒロイン・早宮夏美の名前の由来らしいですが、由来になった地域の公園にいる馬のオブジェが「じゃじゃ馬グルーミン」な感じならまだしも「アテ馬フルーチン」では報われないにもほどがあります。
あと、早宮地区は千川通りとそれなりに近いですが、接してはいません。それなのに、中杉通りと千川通りは、中村橋南口でクロスしています。
つまりはそういうことですね。早宮さんは可哀相な娘。


江古田には気紛れに行ってみたんですが、まだ「煉瓦社」の看板がありました。もう移転して2年くらい経つはずなんですけどね。
場所が空いているんなら、話題の「こくまろみるく」2号店をここに出店しちゃえばいいんじゃないかな?
フロアスタッフは元「江古田シスターズ」が担当するとか――まあ、アレな声を聞く分には最高なんじゃないかな?

うん、自重するべきだよね。


そして、アキバでは。

まんだらけコンプレックス鍵特集

まんだらけコンプレックスのショーウィンドウが鍵特集になってました。
10年前の鍵っ子として、ちょっと興奮。そして、棗鈴の視線とセリフがこちらに向けられているのは気のせいか。
ワタクシとしては、最近のいたる絵には個性を感じないため、このあたりのグッズにはほとんど魅力を感じません。
やっぱり高槻の醜悪な笑顔を描いている頃がベストだったよね……
ベルギーワッフルを見ると、ピンクの傘をさしてでこちらを睨んでる女の子の事を思い浮かべる人はもうあんまりいないんだろうね……
あははーっ