アキバ勤めも1ヶ月を超え、昼食を食べる店もローテーション化してきました。
よっぽど好みが合うのではない限り、固定の店に通うことはしない主義なので、なるべくいろんなタイプの店に行きたいと考えています。

そうなると、中には「昼食にするにはちょっとヘビーな感じがするメニュー」がある店もラインナップに挙がってきます。

今回は、そんなお店のひとつに行ってきました。

そのお店は、東京メトロ千代田線の「湯島」駅の最寄りで、菅原道真公を祀り学問の神様として著名な「湯島天神」がすぐ近いことから「天神下」となっている交差点のすぐ脇にあるお店です。

ぽっぽっ屋@湯島 外観

「ぽっぽっ屋」湯島店です。
道の向かいには、同じラーメン店として古参であり有名な「大喜」がありますが、ワタクシにはあまり好みに合いませんでしたので、2度行った後はもう行かないだろうな、と思っています。
そして、ぽっぽっ屋は今回で4回目となりました。
1回目は本店である水道橋で。それ以降は全てこの湯島店で食べています。
このぽっぽっ屋の売り文句は「3回食べたらこの美味しさが分かります」なんですが、ワタクシもその回数を過ぎて、分かった気がします。まあ、4回も来ているんですから分かっていないはずもありませんね。
その全てで食べているのは「油めん」だけなので、いわゆる“二郎インスパイア”と呼ばれているこのお店の“らしさ”はまだ味わい切れていないかもしれませんが、二郎はむしろ苦手にしているワタクシがこのお店に来るのは、この油めんのコンセプトが二郎とズレが大きいからだと思います。

まずはその「油めん」の写真を。
この前、朝っぱらにコッテリした写真を載せちゃおうって時にも掲載したので、再掲になります。

ぽっぽっ屋@湯島 油そば(野菜増し)

ごらんの有様だよ。
一応断っておきますと、これは「野菜増し」の状態です。通常はここまでもやしやタマネギは多くないです。
でも、その上にたっぷりとコーティングされている背脂の量はデフォです。
昼食としては素直にオススメできない、コッテリさに特化したお店と言えるでしょう。

でも、これがすごいんですよ。
背脂のくせに、もたれたり、しつこく感じたりはほとんどしないんですよ。
ただ旨みだけを引き立てる、非常に上質な脂なんです。
これが、この店最大の売りでしょう。
そして、ここをほじると出てくるのが、極太ちぢれでコシも風味も高い「浅草開花楼」の麺。これがまた旨い。
見た目は、巨漢の投手が全体重を乗せて放つ、重すぎるストレートといった様子。打ってもホームランには出来そうにない様子です。
でも、食べてみたら心にホームランです。びっくりです。

二郎とは似て非なる個性があり、物量よりも質に比重を置いたコンセプトのお店なので、ジロリアンには“アンチ”的な存在と見なされるかもしれません。けれども、ワタクシのように二郎には向かなくても、好みに合うと感じることもありそうな、そんな“二郎パラレル”とも呼ぶべき存在だと思います。出発点は同じだけれど、現在は違う立ち位置にいるような、そんなお店。

アキバ通いとは言え、末広町駅の付近に勤めているので、湯島駅まで5分強で着きます。なので、充分に定番の昼食スポットとして加えられるお店になります。また、この味が恋しくなったら行ってみようと思います。週1は食べたい、って類ではないので、月1になるかもしれませんけど。

ちなみに前日は「すた丼」を食べてました。重い昼食が続いています。
会社の人も、ワタクシから立ち上る臭いに何かを感じ取っているかもしれません。ごめんあそばせ。

ここまで来ると、カレーの名店「デリー」も圏内になるので、訪問してみようか考えてみます。月曜日には、こちらも名店になりつつある「ジャイヒンド」(ヨドバシAkibaのそれなりに近くの店)に3年ぶりくらいに行って、ナンとカレーの旨さにしばらくぶりの感動を覚えたので、今週はカレーに始まってカレーで終わるというのもいいかもしれませんね。
会社から一番近くにあって、昼食時にはいつも店の外にまで待っている人がいる「シャリマール」にはまだ行ってないけどもね。(4年くらい前に1度行ってますが)

ラーメンと並び、B級グルメの定番と言われるカレーですが、実はそれほど外食で食べる機会のないワタクシです。昔は友人と“バイキング前提”で巡った時期もありましたけれど、最近はめっきりですね。
そんなにカレーばっかり食べるつもり無いですし。

最近は、量より質にシフトしてきた食事情。でも、やっぱり第一はリーズナブルさなんですけどね。