【アニメ考察】 「ハイスクール・フリート」の視聴者を横須賀市に誘致する策とは?

ここにはない。


出オチというか、たった一行で終了する記事なんかえって画期的で注目を集められるかもしれませんが、そんなことをしたら一発芸人とのレッテルを貼られて見捨てられるのが関の山なので、ハッタリでしかないとしても、表題に見合った内容を書いていこうと思います。

さて、同じTVアニメ作品に関する記事を2連続、しかも第1話が放映された後に1つ目の記事を掲載し、第2話がまだ放映されてもいないタイミングで2つ目を掲載するとか、ステマの一端を担っているのではと疑われても仕方ありませんが、そんな事をするほどのコネを持っていないのでむしろコネください。

では、以下おさらいです。コピペとも言いますが。
「はいふり」改め「ハイスクール・フリート」とは、放映直前まで日常系の皮を被っていたため日常系作品ファンからの熱い期待を集めていたら、いざ始まってみると艦隊戦闘モノでした、って流れで賛否両論が巻き起こり、結果として盛り上がったから成功じゃないのって流れになりつつある、2016年春の新アニメです。
その後、番組表の作品名も変更されるとのことで、録画機などで番組予約をしている場合に、方式によっては録画が失敗してしまうため予約のし直しを推奨されるなど、珍しい形での話題を攫っているのが目立っていますが、作品のジャンルがまだ不明瞭なため視聴者が困惑しているのが現状でしょう。

そんな中、4月14日に第2話の予告動画が公開されました。
▼ 続きを読む

【アニメ考察】 「ハイスクール・フリート」はどこに向かうのか?

ごきげんよう。
艦これおじさん兼ガルパンおじさんです。

今回も話題の新作に乗っかってみるだけの記事ですよ。

「はいふり」改め「ハイスクール・フリート」とは、放映直前まで日常系の皮を被っていたため日常系作品ファンからの熱い期待を集めていたら、いざ始まってみると艦隊戦闘モノでした、って流れで賛否両論が巻き起こり、結果として盛り上がったから成功じゃないのって流れになりつつある、2016年春の新アニメです。
キャラクター原案に日常系作品の「のんのんびより」の作者である「あっと」氏を迎え、タイトルも「はいふり」と逸りどころの平仮名四文字にすることで、狙い澄ました日常系作品っぷりを演出していましたが、それ「魔法少女まどか☆マギカ」のキャラ原案・蒼樹うめてんてーで学んだよねみんな、って事で意外と冷静に事の成り行きを見守っている人も多かったように思います。直近では同様に第一話の放映開始で表立っていた作風が豹変した「がっこうぐらし!」とかもありましたし。だから耐性は付いていたのでしょう。
いや、そんなの「喰霊-零-」の時にもう耐性MAX値に行ってますし。

識者の皆様は、制作スタッフに「鈴木貴昭」氏がいる時点で察していたようですね。美少女と軍事ネタの融合作品として高い人気を得て、今なお続く「ストライクウィッチーズ」シリーズの仕掛け人であり、昨今の「萌えミリ」ブームを牽引する人気作品のほとんどに関わっているガチでミリタリーな畑の人です。
この人が関わっていて、単なる日常系になるはずがない! はい、正解でした。

そんなわけで、ミリタリーの素養は全く無いのに、艦これおじさんとガルパンおじさんを兼任している、単なる萌豚なワタクシが、ハイスクール・フリートなる作品について見当違い上等の考察をするのがこの記事になります。
今回もお付き合いいただきありがとうございます。
▼ 続きを読む

ウマ娘は騎乗位する夢を見るか?

最近はグラブルとかいうガチャゲーで話題沸騰のCygamesさんがナニやら面白そうなゲームを出すとのことなので、乗っかってみることにします。
乗っかりたいような気がしつつも、どちらかと言えば乗っかられたいようなキャラクターの出てくるゲームのようですが。

ウマ娘 プリティーダービー←公式サイト

サイゲームスの新作『ウマ娘』が発表。性別関係なく競走馬を女性擬人化 - 電撃App

「プリティーダービー」って何だよ。女ばかりなら「プリティーオークス」だろ。ダービー卿の顔が引き攣ってるぞ。
いや、それよか「プリテイキャスト」のが合ってないか? (※イは大文字)

▼ 続きを読む

【考察&レビュー】 「Miitomo」〜任天堂のスマホアプリとして歴史の一歩を踏み出した記念碑の実態とは

余計なお世話と承知で、任天堂にとって初のスマホアプリがリリースされたこの歴史的な足跡を祝う流れに乗っかる形で、レビューをしたためてみようと思った次第です。

Miitomo (←公式ページ)

どのようなものか説明するとなれば、インターネットでつながった他人とのコミュニケーションを行うアプリで、広義のジャンルとしてはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に該当するのではないでしょうか。

▼ 続きを読む

【聖地巡礼】 とぉぉ↑おう↓とうみの熊野

南紀地方のお洒落な社殿といえば、熊野三山ですね。
参詣道である熊野古道が世界遺産のひとつとなり、近年ではパワースポットとして人気 となるなど、古来より深く信仰を集める神社です。
三山の名の通り「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」「熊野那智大社」の3つの神社によって構成されており、いずれも神社本庁が特に重要な神社として扱っている別表神社に列する格式の高いスポットとなっています。
日本サッカー協会のシンボルマークとしても著名な八咫烏が、熊野のシンボルでもあります。

そんなわけで、榛名に続き某艦娘っぽい記事タイトルからの神社ネタです。
聖地巡礼とも書いてありますが、神社は間違いなく聖地ですので嘘はついていません。本来の意味で使っていますから何ら違和感はありません。
提督たちからは、榛名と熊野に関係する聖地巡礼なら川崎重工業へ行けと言われてしまうかもしれませんが、今のところ業務上の縁はないので訪問する機会がありません。あいにく二輪車免許も持っていませんので、バイクを買って擬似騎乗プレイをするわけにもいきません。そもそもカワサキのバイクを買って名付けるとしたら秋津洲が一番似合うと思うかも。

本題からどんどん遠ざかっていますが、今回は熊野三山と言っても和歌山県ではなく、静岡県の遠州地方にある熊野三山を訪れたお話です。なぜそこなのかと言えば、帰省したらご近所にあったからお手軽にネタができると思ったからです。和歌山に遠征したら日帰りは厳しいので今回は断念しました。いずれ行くとしたら那智勝浦温泉のホテルを予約したいと考えています。 

ということで、記事タイトルの「遠江の熊野」を紹介します。 その後に加えて、富士山本宮浅間大社も紹介しますので、サクヤ姫ファンのみなさまもどうぞお楽しみに。

151231 遠州熊野三山 01
 
▼ 続きを読む
フィギュア:レビュー
月別アーカイブ
記事検索
リンク
(アルファベット、50音順 敬称略)
Twitter Timeline
熱いパトゥス(問合せ)はこちらへ
harukamichiなるとgmail.com
なると => @
  • ライブドアブログ