Tweet

【オーディオ雑学】バランス駆動ヘッドホン(イヤホン)の選び方

2014年10月中旬に開催された(この記事を書いている日が最終日)の「オーディオ・ホームシアター展(音展) 2014」に参加して、ひとつ悩ましく感じる点がありました。

バランス駆動ヘッドホン端子の規格乱立が国内メーカーにも及んでいる、と。

規格乱立はAV機器の歴史を紐解くと、幾らでも例が挙げられます。目立ったところでは映像記録媒体の『VHS 対 ベータマックス』とか『Blu-ray 対 HD DVD』ですね。各陣営に属するメーカーの思惑が反映されているため、それぞれ引くに引けない様相を呈し、購買する側のユーザーにとっては混乱を招くばかりの迷惑な【大人の事情】と捉えられやすいものです。
しかし、お互いの陣営が相手より一歩でも抜き出ようと技術を磨き、コストダウンに励むため、結果としてユーザーにとって【より良い物が低価格に】入手できる可能性が高くなるのも事実です。独禁法が存在する理由のひとつでもあるように、寡占状態よりも競合が並び立つ状況の方が結果として適正な関係性を産むことになります。

しかし、ユーザーの利便性が損なわれる可能性は捨て切れません。

今回取り上げる「ヘッドホンのバランス駆動」については、導入を検討するユーザーの絶対数がそれほど多くはなさそうなので大きな問題として話題にはならないかもしれませんが、いよいよ日本のメーカー製品かつ比較的手が届きやすい普及帯にもその方式が備わりつつあるので、ここで微力ながら問題提起するとともに、乱立している状況を整理してみようと思います。
▼ 続きを読む

【オーディオ雑学】「キャノンコネクタ」と「バランス接続」と「ノイズキャンセリング」の密接すぎる関係

もしもこのブログをご覧頂いている方に「キャノンって?」と質問をしたら、カメラのメーカーだと答える人が多いでしょう。
長らく写真関係を扱ってきただけに当然でしょうが、そうでなくても、日本人の多くは、カメラ事業を主とするCanon社を思い浮かべると思います。

しかし残念ながら、カメラメーカーの会社名は「キヤノン」です。ヤは大文字です。残念でした。

なんて揚げ足を取るような話はどうでもいいのですが、こちらで取り上げる「キャノンコネクタ」のキャノンは、やはり会社名ではありますが、キヤノン社とは異なるアメリカのメーカーで、綴りはCannonです。カノン砲のカノンと同じ綴りですね。
たいやきうぐぅ少女の出てくるカノン(Kanon)とは違う綴りです。そっちはドイツ語の音楽用語です。

キャノンコネクタは、端子名としてはXLRコネクタと記載されていることが多いようです。記述は異なっても同じ端子を指します。音声用の端子として主にプロフェッショナル向けの機材では標準的に使われていて、マイクロフォン、ミキサー、高級オーディオ機器などの接続用として普及しています。

一方、音声用の端子としてより広く普及しているのは、RCAピンジャックや、フォンプラグ、ステレオミニプラグなどです。XLRは見たことがないという人も少なくないでしょうが、オーディオ機器をはじめAV機器全般(テレビやDVDデッキなど)の接続を行ったことがある人は、特にRCAピンジャックとステレオミニプラグはおなじみでしょう。

キャノンコネクタ3


▼ 続きを読む

【オーディオ雑学】無料で使える音の調味料? 「アジオ」(ASIO)と「ワサピ」(WASAPI)

アジシオとワサビは便利な調味料として、台所に常備しておきたいものですね。

ではなく。

PCでオーディオを扱う際に利用すると、音を良くしてくれるかもしれない「ASIO」と「WASAPI」についてのお話です。

ASIOロゴ

▼ 続きを読む

【オーディオ雑学】「ノイズ」と「ジッター」の違いをダヨーさんの体で教え込まれる

わかりやすいのかどうかはダヨーさんとのにらめっこに耐えられるかどうか次第という、人を選びまくってしまった気がしないでもない、オーディオ雑学記事第一弾「ハイレゾ」学習記事が、予想以上に反響を頂いたので、調子に乗って第2弾をご用意いたします。

初音ミクさんと言えば、説明するまでもなく【デジタル】世界の住人で、そこから派生したミクダヨーさんは、デジタルの初音ミクさんを【アナログ】に変換して3次元の現実世界へ出力したら、なにかが違うような見た目になってしまい、それはそれで独特のキャラクター性があるからと、ややコアな層から人気を集めるキャラクターです。

似ているようで似ていない少し違うミクさん。
これ、実は「ジッター」そのものなんですよね。


▼ 続きを読む

【オーディオ機器レビュー】 ORB製DAC「JADE casa DSD」×ヘッドホンアンプ「JADE casa」

視覚情報以上に聴覚情報は曖昧で、個人差があって、プラセボ効果に揺り動かされやすく、体調や気分によって印象がブレやすく、そのような聴覚情報に頼って上質を目指すオーディオ機器の良し悪しを測るのは個人で楽しむだけならともかくとして、好みも違う他人に伝えるため評価を行いレビューをするのは危険極まりない行為だと、今この時でもそう思っています。
高級帯になるほどオカルト扱いされる分野でもありますし。
視覚情報だからある程度は信じられるし、何よりも写真というほぼ現物そのものをモニタを通じて掲示できる、フィギュアやカメラ機材のレビューなら、感覚のズレがあっても閲覧者が実際に画像を見ることで差異を吸収できるからセーフ。でもオーディオ関連は個人の感覚で得たものを文字情報に置き換えることしか出来ないから差異を野放図にするだけで限りなくアウトになりかねない。だから個人的に趣味にしていたとしてもレビュー記事は書くまい。今、この時までそう躊躇していました。

でも先日の記事で、これからはオーディオ記事を書かないとブログの更新ネタが無いから後には引けないって書いてしまったので致し方ありません。

などと自分を納得させるようでいて、その実は閲覧者に責任をなすりつけるような、いともたやすく行われるえげつない行為を明示しながら始まりました、始まってしまいましたオーディオ機器のレビュー第一弾。
いえ、ワタクシ自身に高級オーディオ機器を買い求める経済的体力はそれほどございません故、2桁を数えるほど続く可能性は薄いですが、ここに記載させて頂きます。先人たちの遺した至言を号砲にして。

――買わずに後悔するぐらいなら、買って後悔すべし。

そんな決意と共に先日買い揃えたオーディオ機器を、紹介がてらレビューしてまいります。

jade casaレビュー1
▼ 続きを読む
月別アーカイブ
記事検索
リンク
(アルファベット、50音順 敬称略)
Twitter Timeline
熱いパトゥス(問合せ)はこちらへ
harukamichiなるとgmail.com
なると => @
  • ライブドアブログ