Tweet

【イベントレポート】 メガホビ EXPO 2014 SPRING [2014.5.31]

2014年5月31日、秋葉原UDX2階のイベントスペース「アキバ・スクエア」にて開催されたフィギュア新作展示イベント「メガホビ EXPO 2014 SPRING」の写真レポートです。

ワンフェスよりも出展メーカー数がずっと少なく撮影を繰り返す余裕があり、それでいて撮影の条件はワンフェスよりも厳しいため、新しく導入したカメラの機材を試したり、思いついたアプローチを実戦投入する試金石として当業界内では有名なイベントですが、そんなことはレポを見に来てもらっている人にはどうでもいい事なので、一般にはメガハウスアルターAMAKUNIコトブキヤ等の新作が無料で見て回れる展示会との認識で正解です。
開催地である秋葉原に直営の店舗があり、ショーケース展示も充実しているコトブキヤはともかくとして、他のメーカーは新作展示を一般で見られる機会がワンフェスの他はこの展示イベントぐらいに限られますので、ワンフェスで企業ブースを回らないワタクシのような人にとっては大変貴重な機会です。はい、今回初めてお目に掛かる作品ばかりでした。

今回は、前回に比べると少し展示品が少なかったように思います。同じ会場でしたが、通路がかなり大きく開かれている印象でした。
そして主となる、メガハウス、アルターの2社は女性向けの男性キャラクターフィギュア比率が高まってきており、Twitter上ではファッションホモとして知られているワタクシとしては全く食指が動かない作品が多かったです。女性キャラクターのデフォルメ系フィギュアも多く展示されていましたが、フィギュアにはエロい要素しか求めていない性欲だけで動くモンスター(虚弱)であるワタクシにはやはり縁遠い作品であり、撮影点数は大きく減ってしまいました。
スケールフィギュアは軒並み1万円の大台を超えてしまう近頃の状況ですから、同一カテゴリでの点数を減らし、ターゲット層を広くするのはメーカーの取るべき方針としては当然の傾向と言えるでしょう。
そう、デフォルメキャラでしかヌけないハイレベルの紳士たちも取り込まなければならない状況なのです。
ええ、そんなことはないですね。

ここ一年ほどは撮影の設定を大きく変え、自然な見え方をする写真になるよう推し進めてまいりましたが、今回は撮影の設定はそのままに、現像の段階で大きく方針を変更してみました。
自然な見え方ではないかもしれませんが、デジタル画像を目にする機会が多い時代にマッチングするかもしれない、カリッとしたコントラストとハイキーな明瞭さをテーマに、かなりパラメータを持ち上げています。
見やすさと、パッと見の印象が向上していると思いますが、ハイライト側の色や輪郭が飛んでしまっていたりするので、レポート用の写真としては必ずしもベストではありませんが、自分自身がデジタル画像を見慣れているのでこの指向の画像のがしっくりします。前回の見た目、今回の見た目でどちらがレポとして参考にしやすい画像であったか、ご意見を頂けると嬉しいです。
アンケートのご回答をお礼しての粗品はご用意できませんが、ワタクシが画面の向こうでお粗末なモノを露出している惨めな様を想像して笑ってやってください。

それでは「メガホビ EXPO 2014 SPRING」の写真レポート、はじまります。

メガホビEXPO2014S 看板夜
▼ 続きを読む

【イベントレポート】 トレジャーフェスタ in 有明11 Bブロック [2014.05.05]

「トレジャーフェスタ in 有明11」のフォトレポートです。

AブロックとBブロックで記事を分けて掲載しています。
こちらの記事はBブロックのものです。
Aブロックの記事をご覧になる場合は > こちらをクリック < で移動してください。

トレフェス有明11カタログ

▼ 続きを読む

【イベントレポート】 トレジャーフェスタ in 有明11 Aブロック [2014.05.05]

「トレジャーフェスタ in 有明11」のフォトレポートです。
前回、自分の感覚に合致するカメラの設定が見つかったので、今回も設定はそちらにしています。具体的に言えば、ISO800でF8.0です。8が並ぶので覚えやすくていいです。
で、前回は焦点距離が短すぎた(40mm)ので、今回はちょっと長いですが100mm(換算150mm)のレンズを使いました。このくらいの昇天距離の方が被写体からの距離も取れるため、ストロボ光の拡散があるぶん自然な仕上がりになり、影も鋭角に落ちなくなって写りとしては好結果になるのですが、アングルが限られることや、被写体からだいぶ離れるため立ち位置が難しくなるなど欠点もあります。トレフェスではワンフェスほどは混まないため許容範囲内かと思いますが、それでも頻繁に通路に掛かってしまいそうになるので撮影中も周りの人の動きがいつも以上に気になりました。
やはり会場の条件ごとにベターな構成は導き出せても、ベストな構成には到達できそうにないですね。

内部事情はこのくらいにしておいて、写真を掲載していきます。
今回は枚数が100を超えるため、AブロックとBブロックで記事を分けて掲載となります。
こちらの記事はAブロックのものです。
Bブロックの記事をご覧になる場合は > こちらをクリック < で移動してください。

トレフェス有明11カタログ

▼ 続きを読む

【フィギュアレビュー】 谷川 柑菜 〔アルター〕

あの夏以来、待ちわびたフィギュアが発売しました。待っていたら季節が巡りまくっていました。
そしてついに、待っていたあの夏が到来しました。
その夏とは2012年7月29日に開催された「Wonder Festival 2012[Summer]」でした。一般ディーラーで参加されていた原型師・田中冬志氏の新作として発表されたのが、この作品の初出でした。[ 5-06-06「B.M.W」
田中氏はアルターのメイン原型師としても活躍されているので、この作品がアルターからPVC完成品で発売されたら最高だなぁと思っていたら、次の「Wonder Festival 2013[Winter]」で希望通りアルターからの発売が発表され原型が展示され、「メガホビEXPO 2013 SPLING」でデコマスが展示される順調な展開。
その素晴らしい完成度に期待が高まると間もなくして案内も開始され、当然即座に予約をキメたのですが、当初の予定が約半年後の2014年1月頃だったのが定例どおり延期して、この4月に発売となりました。
延期は購入意欲の減衰を招くため、商品の売れ行きも減衰させる事にもなりかねず、マイナスに働くのが常ですが、狙ったかのようにタイミング良く、前月に新作アニメーションが製作されることが発表されて作品への注目度が再び高まった頃合いでの発売となりました。

まあ、そんな諸々の事情はわりとどうでもよくて。
柑菜ちゃんは最高に可愛いという事実がここにあるのが重要なのです。
時を経て、記憶が風化していっても、その可愛さが失われることはないのですから。

柑菜ちゃん! この春まで待ってたよ!

アルター 谷川柑菜 00
▼ 続きを読む

【イベントレポート】 ワンダーフェスティバル 2014[冬]レポート 4ホール [2014.2.9]

2014年2月9日に開催された「Wonder Festival 2014[Winter]」(ワンフェス2014冬)のフォトレポートです。
この記事は「4ホール」のレポートになります。

今回は前日(2014年2月8日)の昼過ぎから記録的な降雪量となり、会場の幕張メッセの周りにも多くの雪が降り積もり、開催日にも辺り一面が雪景色という物珍しい体験が出来ました。
その体験は、おおよそ悪夢に近いものとなりましたが。
雪への対策が施されていない首都圏の交通網はほぼ完全に麻痺し、参加者の多くが予定した時間に会場へ到着できない状況となり、特にディーラー参加者の一部は肝心の展示品や販売品が送り届けられずに参加を直前にキャンセルせざるを得なくなる非常事態となりました。
多くの空席ブースが目立つ中ではありましたが、今回も魅力的な作品がたくさん見られました。

版権作品で目立ったのは「艦隊これくしょん」(艦これ)の関連でした。ディーラーでの申請数は圧倒的トップで、メーカーブースでも驚くほど多くの関連作品が一挙展示されていたようです。
そのため、ウチのレポートも必然的に艦これ関連作品の掲載が多くなります。決してハルカミチ(遙路)提督が司令部レベル3桁に至るほどにやり込んでいるからつい贔屓してしまったせいではないハズです。
はい、遙路は大丈夫です!

ちょっと偏りはあるかもしれませんが、以下フォトレポートをどうぞ。

WF2014w 看板1
▼ 続きを読む
月別アーカイブ
記事検索
リンク
(アルファベット、50音順 敬称略)
Twitter Timeline
熱いパトゥス(問合せ)はこちらへ
harukamichiなるとgmail.com
なると => @
  • ライブドアブログ